11/22開催 第4回アジア言論人会議
「アジアや日本はどのような民主主義を目指すのか」開催概要

このエントリーをはてなブックマークに追加

mainimg_181108_4_700px.jpg

11/22開催 第4回アジア言論人会議
「アジアや日本はどのような民主主義を目指すのか」 開催概要

◆日時:2018年11月22日(木)14:00-18:00
◆会場:ホテルオークラ東京 別館2階「メイプル」
  (住所:東京都港区虎ノ門2丁目10−4)
◆助成:国際交流基金アジアセンター
◆言語:日英同時通訳
◆プログラム:
 14時00分~14時10分 挨拶、基調講演
 14時10分~16時00分 セッション①「アジアの民主主義は信頼を取り戻せるのか」
 16時15分~17時45分 セッション②「アジアの民主主義が目指すべき姿とは」
 17時45分~18時00分 総括、閉会の挨拶
◆登壇者:この会議にはインドネシア、フィリピン、マレーシアの東南アジアの民主主義国3か国から次世代の政治リーダーを含む論客6氏が出席します。

 ハッサン・ウィラユダ(インドネシア元外務大臣)
 イェニー・ワヒド(インドネシア・ワヒド研究所所長)
 ヌルル・イザー・アンワール(マレーシア下院議員)*イブラヒム・アンワール元副首相長女
 マリア・アブドゥラ・チェン(マレーシア下院議員)
 イブラヒム・スフィアン(マレーシア ムルデカセンター創設者)
 バム・アキノ(フィリピン上院議員)
 トム・ヴィラリン(フィリピン下院議員)
 明石康(国際文化会館理事長、元国連事務次長)
 小泉進次郎(自民党筆頭副幹事長)※
 玉木 雄一郎(国民民主党代表)
 工藤泰志(言論NPO代表)                      
※国会の状況により、欠席になる可能性がございます。あらかじめご了承ください


パネリスト一覧

インドネシア

1.jpgハッサン・ウィラユダ/元インドネシア外務大臣
外交官として、国連大使、エジプト大使、政策事務総長などを歴任し、インドネシア外務大臣(2001-2009)、および大統領顧問(2010-2014)を務める。ASEAN、アジア太平洋地域における民主主義および人権の促進、東アジア地域における安全保障協力促進を推し進めた。バリ民主主義フォーラムおよび平和民主主義研究所を設立。

2.jpgイェニー・ワヒッド/ワヒド研究所所長
ワヒド元大統領が設立したワヒド研究所所長。オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」や「ジ・エイジ」の記者を経て、2006年にユドヨノ政権下で特別委員を務める。2009年にはダボス会議を主催する世界経済フォーラムが発表するヤング・グローバル・リーダーの一人に選出される。インドネシアにおけるイスラムと寛容性について講演や執筆を行う。ワヒド元大統領次女。

マレーシア

7.jpgイブラヒム・スフィアン/ムルデカセンタープログラムディレクター兼共同創設者
マレーシア・ムルデカセンター・オピニオンリサーチプログラムディレクター兼共同創設者。同センターにおいて政党関係者、政府機関、そして地域や国際機関の高等教育における顧客のポートフォリオを管理。マレーシア投資銀行において金融プロジェクトスペシャリスト、そして国際開発協会においてマネージャーを務めた。

3.jpgヌルル・イザー・アンワール/下院議員
2008年より下院議員を務める。2018年4月までマレーシア最大野党(当時)であった「民主正義党」副党首を務める。
「ムスリムデモクラットの連帯強化」を長年をうったえてきた。
元副首相を務め、2018年10月連邦下院補欠選挙で政界復帰したアンワル・イブラヒム氏の長女。

4.jpgマリア・アブドゥラ・チェン/下院議員
女性の権利や弱者の社会的立場の向上を目指し、30年以上に渡り市民団体のリーダーとしてアドボカシー活動を続ける。クリーンで公平な選挙を求める全国規模の活動・ベルシ運動(Bersih)のリーダーとしても活躍。2018年5月に実施された総選挙で立候補し下院議員に。

フィリピン

5.jpgバム・アキノ/上院議員
フィリピンの中小・零細企業を支援する社会起業家を経て、2013年に上院議員に。上院議員としては、起業家支援、雇用、IT、教育問題に取り組む。マルコス独裁体制を批判し暗殺された、ベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員は叔父、2010年~16年に大統領を務めたベニグノ・アキノ3世は従兄。

6.jpgトム・ヴィラリン/下院議員、アカバヤン党党首
野党・アカバヤン党代表(党首)を務める。長年、様々なアドボカシー活動に従事し、現在下院議員として1期目。ミンダナオ島出身として、人権、労働者の権利、地域の安定、持続可能な発展、ガバナンスへの参加、公正の回復を促進するため活動してきた。フィリピン人口・開発議員連盟PLCPD事務総長、アセアン人権議連メンバーも務める。労働者の権利向上、教育、医療などにおいて重要な政策を促進した法案の策定を行った。

日本

8.jpg明石康(あかし・やすし)/ 公益財団法人国際文化会館理事長、元国連事務次長
東京大学教養学部卒業後、同大学院を経て、ヴァージニア大学、フレッチャースクールなどに留学。1957年国連入り。カンボジアや旧ユーゴスラビアPKO担当の国連事務総長特別代表、広報、軍縮、人道問題担当の事務次長などを歴任し、現職。


小泉進次郎小泉進次郎(こいずみ・しんじろう)/ 自民党筆頭副幹事長
※国会の状況により、欠席になる可能性がございます。あらかじめご了承ください



玉木.JPG玉木雄一郎(たまき・ゆういちろう)/ 国民民主党代表
※国会の状況により、欠席になる可能性がございます。あらかじめご了承ください


9.jpg工藤泰志(くどう・やすし)/言論NPO代表
横浜市立大学大学院経済学修士課程修了。東洋経済新報社『金融ビジネス』、『論争東洋経済』の編集長を務めた後、2001年に言論NPOを立ち上げる。日本国内では、選挙時のマニフェスト評価や政権の実績評価の公表などの様々な政策議論やフォーラム開催。また国外では国際的な課題解決に挑む対話を実施している。2005年に中国と「東京‐北京フォーラム」を創設。2012年にアメリカ外交問題評議会が創設した世界20カ国のシンクタンクネットワーク、カウンシルオブカウンシルズ(CoC)に日本から唯一メンバーとして選出された。2013年に韓国と「日韓未来対話」、2016年に「ワールド・アジェンダ・カウンシル」、「アジア言論人会議」を創設。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

ページトップに戻る