9月4日開催「第3回アジア言論人会議」お申込みフォーム(一般参加者)

このエントリーをはてなブックマークに追加

170816_s.png

 言論NPOは9月4日(月)に「第3回アジア言論人会議」公開フォーラムを開催します。
「アジア言論人会議」は ポピュリズムや排外主義の高まりなど民主主義が世界中で困難に直面する中、
アジアや世界の民主主義を巡る議論を開始し、民主主義が直面する試練に真剣に向かい合うため、
国境を越えてアジアのオピニオンリーダーと対話、協力を行うための言論プラットフォームとして、昨年立ち上げたものです。
第3回目の開催となる今回は、日本、インドネシア、インド、マレーシア、韓国の5ヵ国で共同実施した民主主義に関する
世論調査の結果を交えながら、各国のオピニオンリーダー7氏(予定)を招き、「アジアの民主主義が直面している課題は何か」、
「アジアの民主主義を発展させるために何を実現すべきなのか」について議論を行います。

 今回は、インドネシアから元外務大臣のハッサン・ウィラユダ氏、同国最大のシンクタンクである
インドネシア国際戦略研究所所長のフィリップ・ベルモンテ氏、マレーシアから同国を代表する世論調査シンクタンクの
ムルデカ・センター共同創設者、そしてインド・フィリピンからも識者を招き、日本の各分野の専門家6氏と徹底的に討論します。

 なお、本フォーラムへのご参加は無料です。但し、席に限りがありますので、お申込み受付は先着順とさせていただきます。
お早目にお申込みください。お申込み期限は【8月28日(月)】です。

=========================================================
~アジア共同世論調査結果を基に民主主義を議論する~
「第3回アジア言論人会議」公開フォーラム開催概要
  

【主催】 言論NPO
【協力団体】 インドネシア戦略国際研究所(CSIS)、オブザーバー研究財団(ORF)、ムルデカ・センター
【助成】 国際交流基金アジアセンター

日時 2017年9月4日(月)14:00~17:45 (開場13:30~)
会場 国際文化会館 地下1階「岩崎小彌太記念ホール」(東京都港区六本木5‐11‐16) 
プログラム 14時00分~14時15分 挨拶
     14時15分~15時45分  第一セッション
      「アジアの民主主義が直面している課題は何か(仮)」
     16時00分~17時45分  第二セッション
      「アジアの民主主義を発展させるために何を実現すべきなのか(仮)」
参加費 無料
※定員:150名/日英同時通訳

------------------------------------------------------------
パネリスト(予定)一覧 
◆日本
 逢沢一郎(衆議院議員)
 川村晃一(ジェトロ・アジア経済研究所・東南アジア研究グループ長代理)
 工藤泰志(言論NPO代表)
 小松浩(毎日新聞主筆)
 中谷元(衆議院議員、元防衛大臣)
 藤崎一郎(元駐米国大使、上智国際関係研究所代表)
 本名純(立命館大学国際関係学部教授)
 牧山弘恵(参議院議員、民進党国際局長)
 松本剛明(衆議院議員)
 宮本雄二(元駐中国大使、宮本アジア研究所代表)
◆インドネシア 
 ハッサン・ウィラユダ(インドネシア元外務大臣)
 フィリップ・ベルモンテ(インドネシア国際戦略研究所(CSIS)所長)
 アティ・ヌルバイティ・ハディマジャ(ジャカルタポスト論説委員)
◆マレーシア
 イブラヒム・スフィアン(ムルデカセンター共同創設者)
◆インド
 マヤ・ミルチャンダニ(オブザーバー研究財団シニアフェロー)
◆フィリピン 
 調整中

=========================================================

≪お申込期限≫ 【8月28日(月)】

なお、お申込み後キャンセルされる場合も、お手数ですが事務局(forum@genron-npo.net)
までご連絡いただきますようお願いいたします。
※8月29日頃に「参加確認」のメールをご送信申し上げます。当日受付にて、ご提示いただきますのでよろしくお願い申し上げます。

「第3回アジア言論人会議」お申込みフォーム(一般参加者)
「第3回アジア言論人会議」ご出欠必須

9月4日(月)14:00~17:45(開場13:30)

(半角英数文字)

言論NPOからのお知らせを受け取る必須

これはA-Form評価版です

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

ページトップに戻る