11/21開催 言論NPO設立17周年記念フォーラム・東京会議プレフォーラム
「代表制民主主義は信頼を回復できるのか」開催概要

このエントリーをはてなブックマークに追加

mainimg_181108_670px.jpg

 言論NPOはこの3年間、日本国内や世界の民主主義の状況を世界のシンクタンクとも連携して調査し、議論を行ってきました。そこで分かってきたのは、日本を含め、世界の先進民主主義国でも政党、国会などの代表制民主主義が市民の信頼を失い始めており、市民は政治から退出し、漂流し、ナショナリズムの傾向を強めていることです。
 では、私たちは何をすべきなのか。いま私たちが共に議論すべきは、代表制民主主義の信頼をどう取り戻すのか、そして民主統治の新しい生命力をどのようにつくりだすのか、なのです。
 言論NPOは創業記念日の11月21日、ヨーロッパ、アジア、日本の各国を代表する政治家や論客と共に、民主主義が直面する危機の解決に挑む議論を行います。

11/21開催 言論NPO設立17周年記念フォーラム・東京会議プレフォーラム
「代表制民主主義は信頼を回復できるのか」 開催概要

◆日時:2018年11月21日(水)14:00-18:20
◆会場:ホテルニューオータニ ガーデンタワー宴会場階 「翠鳳の間」
(住所:東京都千代田区紀尾井町4‐1)
◆言語:日英同時通訳
◆プログラム:
 14:00-14:30 オープニングフォーラム
 14:30-15:30 日本、欧米、アジア-世論調査からみる民主主義への信頼
   工藤泰志(言論NPO代表)
   ドミニック・レニエ (仏政治刷新研究基金代表、パリ政治学院教授)
   石破茂(衆議院議員)
 15:30-15:40 休憩
 15:40-17:20 第1セッション「代議制民主主義の危機をどう見るか」
 17:20-18:20 第2セッション「民主主義への信頼をどう取り戻すのか」
   デニス・マクシェーン(元イギリス欧州担当大臣、元下院議員)
   サンドロ・ゴジ(イタリア下院議員、元欧州担当相)
   ドミニック・レニエ (仏政治刷新研究基金代表、パリ政治学院教授)
   ギデオン・ラックマン(フィナンシャル・タイムズ・チーフ・フォーリン・コメンテーター)
   バム・アキノ(フィリピン上院議員)
   ハッサン・ウィラユダ(元インドネシア外務大臣)
   イェニー・ワヒド(インドネシア・ワヒド研究所所長)
   藤崎 一郎(言論NPOアドバイザリーボードメンバー、日米協会会長)
   小倉 和夫(言論NPOアドバイザリーボードメンバー、国際交流基金顧問)
   大橋 光夫(言論NPOアドバイザリーボードメンバー、昭和電工株式会社最高顧問)
   司会:工藤泰志(言論NPO代表)

パネリスト一覧

1.jpgサンドロ・ゴジ/Sandro Gozi
イタリア下院議員、元欧州担当相。
2014年から2018年5月末まで欧州担当大臣を務める。2006年より下院議員。2018年6月からはイタリア議会での民主党EU問題のシニアアドバイザー。2013年には欧州評議会議員会議(PACE)の副議長及びイタリア議会代表団団長を務める。欧州連邦運動に関わり、欧州評議会議員会議内のヨーロッパを一つの連邦国家にすることを主張するグループの共同議長やEUとの関係に関する委員会の議長などを歴任。下院議員以前は、外交官として欧州議会との関係・交渉を担当。(1995-96)欧州評議会にも10年間勤務。イタリア国内外で様々な賞を受賞。EU・欧州問題に関しての著書も多数。

2.jpgデニス・マクシェーン/ Denis MacShane
元イギリス欧州担当大臣、元下院議員。
ブレア政権時代に外務・英連邦省の大臣として、欧州、日本、中国及び韓国を担当。ブレア首相の欧州特使、欧州評議会の英国代表も務める。欧州政策・政治の専門家。ミッテラン仏大統領の自伝、ポーランド労働組合「Solidarity」、バルカン半島、グローバル反ユダヤ主義について執筆。2012年に英国のEU離脱について、「ブレクジット"Brexit"」と命名し、2015年「ブレクジット:どのように英国はヨーロッパを去るのか」、ブレクジットに関する2冊の本を発行。オックスフォード大学、ロンドン大学にて学ぶ。政府や民間企業に対し助言を行う。

3.jpgギデオン・ラックマン/Gideon Rachman
フィナンシャル・タイムズ外交問題チーフコラムニスト。特に、EU、アメリカ外交政策、アジアにおける地政学的対立について執筆。2016年にはオーウェル賞、またヨーロッパ・プレス・アワードを受賞。2016年8月には、『Easternisation - War and Peace in the Asian Century』を出版。前作『Zero-Sum World』は2011年に出版され、これまで8つの言語に翻訳されている。2006年までの15年間、雑誌「The Economist」に在籍し、ブリュッセル、バンコク、ワシントンにて海外特派員を歴任。

4.jpgドミニック・レニエ/Dominique Reynié
パリ政治学院教授、フランスのシンクタンク「ファンデーション・フォー・ポリティカル・イノベーション」エグゼクティブディレクター。パリ政治学院にて政治学准教授、BEPA's (Bureau of European Policy Advisers) の客員プログラムメンバー、ヨーロッパ委員会代表を歴任。パリ政治学院にて政治学博士取得。これまで『Le triomphe de l'opinion publique』、『 Le vertige social-nationaliste - La Gauche du Non au traité Constitutionnel européen』など数多くの本を執筆し、『Populismes : la pente fatale』では「アワード・フォー・ポリティカル・ブック」などの賞を受賞。最近では2013年に『Les nouveaux populismes』、2017年に『Où va la Démocratie? (英語版:What next for democracy?)』や『Fondation pour l'innovation politique』を出版。

5.jpgハッサン・ウィラユダ/Hassan Wirajuda
元インドネシア外務大臣。外交官として、国連大使、エジプト大使、政策事務総長などを歴任し、2001‐09年にインドネシア外務大臣、および2010‐14年に大統領顧問を務める。ASEAN、アジア太平洋地域における民主主義および人権の促進、東アジア地域における安全保障協力促進を推し進めた。バリ民主主義フォーラムおよび平和民主主義研究所を設立。


6.jpgイェニー・ワヒッド/Yenny Wahid
ワヒド研究所所長。ワヒド元大統領が設立したワヒド研究所所長。オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」や「ジ・エイジ」の記者を経て、2006年にユドヨノ政権下で特別委員を務める。2009年にはダボス会議を主催する世界経済フォーラムが発表するヤング・グローバル・リーダーの一人に選出される。インドネシアにおけるイスラムと寛容性について講演や執筆を行う。ワヒド元大統領次女。

7.jpgバム・アキノ/Bam Aquino
フィリピン上院議員。フィリピンの中小・零細企業を支援する社会起業家を経て、2013年に上院議員に。上院議員としては、起業家支援、雇用、IT、教育問題に取り組む。マルコス独裁体制を批判し暗殺された、ベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員は叔父、2010年~16年に大統領を務めたベニグノ・アキノ3世は従兄。


8.jpg石破 茂/Shigeru Ishiba
衆議院議員、元国務大臣 地方創生・国家戦略特別区域担当

9.jpg大橋 光夫/Mitsuo Ohashi
昭和電工株式会社最高顧問。1936年生まれ。1959年三井銀行入行、1961年昭和電工株式会社入社後、総合企画部長、取締役総合企画部長、常務取締役(石油化学担当)、専務取締役、代表取締役社長、代表取締役会長、相談役を歴任。2014年より同社最高顧問を務める。現在、公益財団法人交流協会会長、一般財団法人国民政治協会代表理事・会長を兼任。

10.jpg小倉 和夫/Kazuo Ogoura
国際交流基金顧問、元駐韓国大使。1938年生まれ。東京大学法学学士、ケンブリッジ大学経済学学士。外務省スポーツ外交強化有識者懇談会座長、日本財団パラリンピック研究会代表。外務省経済局長、駐ベトナム大使、外務審議官、駐韓国大使、駐フランス大使、国際改革に関する有識者懇談会メンバー、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会事務総長、立命館大学国際関係学部客員教授、青山学院大学特別招聘教授を歴任。

11.jpg藤崎一郎 /Ichiro Fujisaki
日米協会会長、元駐米大使。1969年4月外務省入省。アジア局参事官、在米大使館公使、北米局長、外務審議官を経て、2005年在ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使、2008年駐米特命全権大使。2012年11月退官。慶応大学、米ブラウン大学、スタンフォード大学院にて学ぶ。

12.jpg工藤 泰志/ Yasushi Kudo
認定NPO法人言論NPO代表。横浜市立大学大学院経済学修士課程修了。東洋経済新報社『金融ビジネス』、『論争東洋経済』の編集長を務めた後、2001年に言論NPOを立ち上げる。日本国内では、選挙時のマニフェスト評価や政権の実績評価の公表などの様々な政策議論やフォーラム開催。また国外では国際的な課題解決に挑む対話を実施している。2005年に中国と「東京‐北京フォーラム」を創設。2012年にアメリカ外交問題評議会が創設した世界20カ国のシンクタンクネットワーク、カウンシルオブカウンシルズ(CoC)に日本から唯一メンバーとして選出された。2013年に韓国と「日韓未来対話」、2016年に「ワールド・アジェンダ・カウンシル」、「アジア言論人会議」を創設。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

ページトップに戻る