「第7回日韓未来対話」開催まであと一歩
   ~最後のご寄付のお願い~

このエントリーをはてなブックマークに追加
支援総額 4,850,000円
目標金額 8,000,000円
支援者数 173人+4社
達成率 60.6%
2019年5月23日現在

 現在、言論NPOは6月22日に7回目となる「日韓未来対話」を開催するために、多くの皆様からのご寄付を募っています。こうした取り組みが一部のメディアでも取り上げられ、連休中も多くの方からご寄付の連絡をいただき、現時点で5月23日時点で173人、280万円を超え、企業等の寄付を合わせると今日現在、485万円になりました。
 ご寄付頂いた皆さまには、この場をお借りして御礼申し上げます。
 その後、韓国側とも協議を行い6月22日に予定通り対話を開催すること、また7回目の日韓共同世論調査の設問でも合意し、日韓両国共に急ピッチで準備を進めています。

 私たち言論NPOは創設以来、アジアの将来と平和のために、どんなに政府間が厳しい時でも一度も中断せずに、対話を行ってきました。なぜなら、困難な状況下だからこそ、民間が現状の問題点を話し合い、その解決に向けて対話をまず始めるべきだと考えています。

 言論NPOが目指す民間外交に、ぜひともお力添えを、何卒よろしくお願い申し上げます。

【言論NPOは免税団体です】
 ※言論NPOに対するご寄付は寄付金控除の対象となり、個人所得税の算定において、
  寄付金合計額から2千円を差し引いた額が所得控除、または税額控除の対象となります。
【寄付特典】
 ※ご寄付いただいた皆さまには、終了後作成する報告書をご送付いたします。

銀行振り込みをご希望の場合は、こちらの口座にお願いいたします

■銀行振込 で寄付をする
銀行名 支店名 口座種別 口座番号 口座名
三井住友銀行 赤坂支店 普通預金 7978550 言論エヌピーオー

【重要】銀行振り込みを希望の方へ
 寄付金の免税措置を受けるためには、確定申告時に言論NPOが発行するご住所の記載された領収書が必要となります。お手数ですが、銀行振り込みの手続きを終了後、氏名、メールアドレス、ご自宅住所をご記載の上、info@genron-npo.net宛にメールを頂きますよう、お願いいたします。



日韓未来対話とは

132.jpg

 日韓未来対話」とは、日韓両国間に横たわる様々な課題に取り組み、日韓関係の発展と課題解決に取り組む日韓間で唯一の、課題解決型・公開型の民間対話。未来志向でオープンな議論を行い、メディアを通じて両国民に発信することによって、世論を動かすことにより状況を変えることを目的に開催している。
 本対話は、日韓関係が悪化した2013年に、言論NPOと韓国の東アジア研究院によって創設され、以来、毎年日本と韓国で交互に開催されている。世論調査によって日韓両国の世論動向を把握しながら、両国間の課題や、両国が直面する課題に対する国民の認識を基に対話を行っている。多くの市民が見守る中、政治家、外交関係者、安全保障専門家、メディア幹部、経済人、研究者など、両国を代表する有識者約40名が一堂に会し、日韓関係の未来に向けた率直な議論を行い、その議論を両国や世界に向けて幅広く発信している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

ページトップに戻る