3/3(日)開催 世界10カ国で米中対立の行方と国際秩序の今後を議論する「東京会議」オープンフォーラム(一般)

このエントリーをはてなブックマークに追加

190303_02.jpg

 言論NPOは、現在深刻化する米中対立の行方とリベラルな国際秩序の今後を議論するため、G7加盟国の米国、日本、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダとブラジル、インド、シンガポールの10カ国から世界を代表する有力シンクタンクの代表者を迎え、「東京会議2019」を3月3日に開催します。      
 
 2018年より激化した米中対立は、貿易問題だけに留まらず世界の覇権をめぐる本格的な攻防の様相を強めており、リベラルな国際秩序に歴史的なチャレンジを受け、深刻な不透明感が高まっています。今回の「東京会議」は、米国による90日の対中追加関税猶予終了直後となる2019年3月初旬の重要なタイミングで開催し、深刻化する米中対立と自由貿易体制や多国間主義の未来を考察すると同時に、不安定化するリベラル国際秩序を私たちはどのように守り、発展させるべきか議論を行います。

 そしてこれらの議論で出された意見や提言を共同声明としてまとめ、本年G20を主催する日本政府、及びG7ホスト国のフランス政府に対し提案する予定です。

 「東京会議」は、言論NPOが2017年に東京で立ち上げた民間対話の舞台で、今回が3回目となります。国際社会が直面している様々なグローバルな課題について、世界を代表するシンクタンクのトップが毎年東京に集まり、日本発で議論を行い、主張や意見を世界に向けて発言し、G7議長国に提案することを目的としています。この目的に賛同する、米国の外交問題評議会(CFR)、英国のチャタムハウス、ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)、フランス国際関係研究所(IFRI)、イタリアの国際問題研究所(IAI)、カナダの国際ガバナンス・イノベーション(CIGI)、インドのオブザーバー研究財団(ORF)、ブラジルのジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)、シンガポールのS.ラジャラトナム国際研究院(RSIS)の、自由、民主主義や多国間主義などの価値観を共有する主要10カ国のシンクタンクのトップが参加をしています。

 本シンポジウムへのご参加はご招待させていただきます。

 お申込み期限は【2月25日(月)】となります。お申し込みは先着順とさせていただきますので、お早目にお申込みください。

世界10カ国で自由と民主主義と世界の今後を議論する
「東京会議2019」オープンフォーラム開催概要

メインテーマ:米中対立とリベラルな国際秩序の将来 
日時:2019年3月3日(日)13:30~18:00 (13:00開場)
会場:ホテルオークラ東京 地下2階「アスコットホール」
プログラム:
  13:30~13:45 開会挨拶、その他
  13:45~16:00 セッション1
         「深刻化する米中対立の行方と自由貿易や国際システムの今後」(仮)
  16:15~17:40 セッション2
         「リベラル秩序と多国間主義の未来とG7・G20に問われた役割」(仮)
  17:40~18:00 閉会挨拶、声明発表
参加料:ご招待させていただきます。
定員: 350名/日英同時通訳

「東京会議」オープンフォーラム パネリスト一覧 

◆シンクタンク参加者:
ジェームス・リンゼイ(アメリカ/外交問題評議会(CFR)バイスプレジデント)
レスリー・ヴィンジャムリ(イギリス/王立国際問題研究所(チャタムハウス)米州プログラム責任者)
アリス・イクマン(フランス/フランス国際関係研究所(IFRI)中国研究担当ディレクター)
エットーレ・グレコ(イタリア/国際問題研究所(IAI)副理事長)
サンジョイ・ジョッシ(インド/オブザーバー研究財団(ORF) 理事長)
フォルカー・ペルテス (ドイツ/ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)会長)
ロヒントン・メドーラ(カナダ/センター・フォー・インターナショナル・ガバナンス・イノベーション(CIGI) 総裁)
オン・ケンヨン(シンガポール/S.ラジャトナム国際研究院(RSIS)副理事長)
カルロス・イヴァン・シモンセン・レアル(ブラジル/ジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV) 総裁)
工藤泰志(言論NPO代表)

◆ゲストスピーカー:
<アメリカ>クライド・プレストウィッツ(米経済戦略研究所所長、元米国商務長官補佐)
<中国>は現在、WTO/改革開放政策専門家を調整中

<日本政府関係者・有識者>
   西村康稔 内閣副官房長官
   浅川雅嗣 財務省 財務官
   他調整中

<G7主催国代表>
ローラン・ピック(駐日フランス大使)

    
※都合によりパネリストは予告なく変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

=========================================================
≪お申込期限≫
2019年2月25日(月)
=========================================================

ご不明な点がございましたら、言論NPO事務局/担当:島部・櫻井
(TEL: 03-6262-8772)までお問い合せください。

【言論NPO本体支援寄付のお願い】

 現在、世界やアジアにおいて自由と民主主義が大きな歴史的な試練に直面しています。この中で、私たちは、不安定化する世界のリベラル秩序や民主主義の試練、そして北東アジアに平和を実現することに作業を集中しております。

 こうした言論NPOの活動を応援頂き、今後、言論NPOがさらなる責任を果たすため、言論NPO本体への寄付も併せてお願いしております。皆様のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 ご協力を頂ける場合は、参加申込フォームにご寄付金額をご記入頂き、お申し込みを頂きますようお願い致します。

3/3(日)開催 「東京会議2019」オープンフォーラムお申込みフォーム

(例:言論 太郎)

(例:ゲンロン タロウ)

(半角英数文字)

(例:03-6262-8772)

(例:●●株式会社)

(例:法務部)

※言論NPOがさらにより大きな責任を果たすため、ご参加費の他に本体事業寄付をお願いしております。ご協力を頂ける場合は、下記に金額をお書き下さいますようお願い致します。

記入例)10000円

寄付金領収書の必要有無

これはA-Form評価版です

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

ページトップに戻る