フォーラム・イベント

世界10カ国で民主主義と世界の今後を議論する「東京会議」を立ち上げます

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京会議_2.png

 言論NPOは3月、先進民主主義国10カ国の有力シンクタンクのトップが参加する「東京会議」を立ち上げます。トランプ米大統領の行動と欧米でのポピュリズムの影響力の高まりにより、世界では戦後の世界を支えてきた「自由」と「民主主義」という規範が大きく揺れ、保護主義と排外主義の傾向が強まっています。こうした状況下で、「責任ある自由」と「民主主義」という規範をどう守り、発展させていけばいいのか、こうした規範を再確認すると同時に、こうした変化にどう向かい合うべきかについて議論します。そして、議論の中で合意を得たものを、日本政府及び本年G7議長国を務めるイタリア政府に提案していきます。

 今回の「東京会議」立ち上げにあたり、3月3日(金)~5日(日)の3日間にわたって都内で議論を行いますが、3月4日(土)午後のセッションについては、公開型で議論を行いG7への提案を発表する予定です。欧米で民主主義が挑戦を受ける中、日本が音頭を取り世界に向けてメッセージを発信すべき局面だと考えています。言論NPOの新たな挑戦にご参加ください。

「東京会議」公開セッション概要

日 時:2016年3月4日(土)14:00~18:15 (開場13:30~)
会 場:国連大学3階 ウ・タント国際会議場
内 容:14:00~14:20 開会挨拶
    14:20~16:00 第一セッション「米国の新政権と国際システムの今後」
    16:15~18:00 第二セッション「ポピュリズムと民主主義の未来」
    18:00~18:15 宣言文発表・閉会挨拶
参加者:
【アメリカ】ジェームズ・リンゼイ(外交問題評議会(CFR) シニアバイスプレジデント)
【イタリア】エットーレ・グレコ(イタリア国際問題研究所(IAI)所長)
【インド】サンジョイ・ジョッシ(オブザーバー研究財団所長)
【カナダ】ロヒントン・メドーラ(国際ガバナンス・イノベーションセンター総裁)
【フランス】トマ・ゴマール(フランス国際関係研究所(IFRI)所長)
【ブラジル】カルロス・イヴァン・シモンセン・レアル(ジェトゥリオ・ヴァルガス財団 総裁)
【ドイツ】バーバラ・リパート(ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)調査ディレクター)
【イギリス】・【インドネシア】調整中
【日本】
 工藤泰志(言論NPO代表)
 浅川雅嗣(財務省 財務官) ※日本政府参加者
 杉山晋輔(外務省 事務次官) ※日本政府参加者
 田中明彦 (東京大学東洋文化研究所教授、前JICA理事長)※ワールドアジェンダカウンシル委員
 長谷川閑史(武田薬品工業株式会社取締役会長、前経済同友会代表幹事)※ワールドアジェンダカウンシル委員
 藤崎一郎(上智大学国際関係研究所代表、前駐米大使)※ワールドアジェンダカウンシル委員
 他、日本・海外より数名を予定

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 民主主義という問題に真剣に向かい合うきっかけに ~トランプタワー前からの報告~
  2. 不安定化する北東アジアでの民間外交の重要性 ~代表の工藤が笹川平和財団米国で講演~
  3. リベラルな国際秩序と民主主義を守るため日本が主導的役割を~米新政府関係者、有識者との協議~
  4. 専門家23名は安倍政権の4年をどう見たのか ー6分野の評価コメントを公開します
  5. 有識者208人が見た安倍政権4年の評価-~「首相としての資質」は5点満点で2.9点、「主要政策課題39項目の実績」は5点満点で平均2.59点~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

コンテンツ

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る