フォーラム・イベント

「モーニング・フォーラム/ゲストスピーカー 世耕弘成氏(経済産業大臣)」報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

08.jpg

 言論NPOは23日、都内のホテルで世耕弘成・経済産業大臣をゲストスピ―カ―にお迎えし、「自由貿易の現状と日本の果たす役割」をテーマにモーニング・フォーラムを開催しました。

seko.jpg まず、世耕氏は、米国が抜けたTPPを日本がリードし、悲観的だったベトナムやマレーシアなど他国を説得してTPP11をまとめたこと、日EUのEPAも合意に至ったことから、RCEPの年内合意に向けた勢いは高まっていると、RCEP合意に向けた意気込みを語りました。


孤立させてはいけない米国

 また、世耕氏は、米国を中心にした保護主義に対抗するように、マルチの自由貿易の枠組みを伸ばしていく一方、日本のもう一つの使命は、米国を孤立させないために「米国を説得すること」だと世耕氏は語ります。

 さらに世耕氏は、インターネット上の電子商取引きやデジタルデータのフローでも深刻な問題が発生している、と指摘します。例えば、中国では、デジタルの自由なルールが通じず、アリババなど特定の企業に個人情報を自由に扱わせ、独占的なビジネスの展開を認めているため、顔認証、AI解析、自動運転などの技術が上がり、余ったお金を米国のシリコンバレーに投入し、日米欧の技術を買い取っていくとの見解を示します。そして、こうした事態に日米で連携して対処しなければ、本質的に米国の赤字は解消しないだろう、と米国に迫っていると語ります。

 最後に、昨年12月、日米欧三極貿易大臣会合の枠組みを立ち上げて、対中問題を話し合ったのはこうした危機感の現われで、「一部、効果が出ている」と語る世耕氏。米国を巻き込んで問題の本質はなんであるか、米国に分からせる努力が重要、との認識を示しました。「安倍首相の言うことなら聞くトランプ大統領」で、米国の態度は変わるのかどうか。「今後の山場は、9月の日米首脳会談」と語り、9月の攻防戦を予測していました。

 その後、参加者との間で質疑応答が行われるなど、活発な意見交換があり、盛況のうちにフォーラムは終了しました。

IMG_6487.jpg

※モーニング・フォーラムは、言論NPOメンバーを中心にした限定イベントです。各界からゲストスピーカーをお招きして開催します。

言論NPOの会員制度については、こちらをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 言論NPO17周年記念フォーラム「危機に直面する民主主義をどう立て直すのか―世界とアジアの政治リーダー、識者と民主主義の未来を考える―」(11月21~22日)のご案内
  2. 緊急フォーラム「中間選挙結果と世論動向から読み解くトランプ政権とアメリカの民主主義の行方」報告
  3. 日本の政治・民主主義に関する世論調査結果を公表
  4. 座談会「日本の民主主義は大丈夫か」
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

コンテンツ

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る