日本の民主主義を立て直す

日本、インドネシア、インド3カ国による公開フォーラム レセプション報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
⇒ 8月20日非公開会議 報告
⇒ 「世界の民主主義はどのような試練に直面しているのか ~グローバリズムと民主主義の試練~」
⇒ 「アジアの民主主義は後退したのか~世論調査にみるアジアの民主主義の課題と挑戦~」報告
⇒ 日尼印3カ国の民主主義に関する世論調査結果公表 記者会見報告
⇒ 民主主義の危機を乗り越えるべく、率直な意見交換が行われた非公開対話
⇒ 「世界のデモクラシーは後退したのか?」日本・インドネシア・インド3か国共同世論調査結果


030A0845.jpg 8月19日、言論NPOは日本、インドネシア、インド3カ国による公開フォーラム「世界のデモクラシーは後退したのか?~アジアの民主主義国はこの試練にどう立ち向かうのか~」を開催しました。フォーラム終了後、海外・日本のパネリストを中心に40名が集まりレセプションが開催されました。

YKAA1046.jpg 冒頭、あいさつに立った代表の工藤泰志は、午前の非公式会議に始まり、夕方のフォーラム終了まで、9時間にわたってご参加いただいたパネリストの方々に感謝を伝えました。その上で、2年前、インドネシアを訪れた際、「デモクラシーの対話をやりたい」と話をすると、皆さん非常に喜んで相談に乗ってくれたこと、ハッサン・ウィラユダ元外相との出会いを紹介。こうした輪が広がり、「インドネシアとインドに加え、東南アジアのシンガポール、フィリピン、マレーシアも参加して、『アジア言論人会議』を立ち上げるところまできた」と現状を報告。そして、「民主主義をベースにした様々な地域や社会の課題に関して率直に意見を言い合う、そして、世界に発信をしていくような民間レベルでの対話の舞台が、今日、間違いなく動き出した」と語り、今日という日を、駆けつけた参加者と共に喜びました。

YKAA1051.jpg 続いて、フォーラムの冒頭にあいさつに立った杉山事務次官が、レセプションにも駆けつけ、あいさつを行いました。その中で杉山氏は、「民主主義に関する議論が、わが国、インドネシア、インドの有識者の中で行われたことは非常に有意義だった」と振り返りながら、「アジアにおける民主主義の真の意味は押し付けられたものではなく、我々の中から大きく発展する形で、オーナーシップを持ち、多様性を尊重し、アジアの民主主義の形に合った形態が発展していくことを日本としても、他のアジア諸国の皆さんとも協力をしていきたい」と語り、政府としても協力していくことを約束しました。

YKAA1061.jpg 来賓あいさつに立った駐日インドネシア大使のユスロン・イザ・マヘンドラ氏は、「デモクラシーは人間社会の生活の中に存在しており、非常に重要なテーマだ」と指摘する一方で、「デモクラシーは完全な体制ではないために、改善が必要である」と語り、デモクラシーを題材にした今回のフォーラムが来年以降も継続して開催されることを望みました。

YKAA1062.jpg その後、乾杯のあいさつに立った言論NPOのアドバイザリーボードの藤崎一郎氏(上智大学国際関係研究所代表、前駐米大使)は、「本日の会議は大成功だった」と述べ、フォーラムの成功のために運営に携わった人たちに拍手を送りました。その後、会議に参加した人たちの発展を願い、乾杯の発声を行いました。

YKAA1079.jpg その後、インドネシア側のパネリストを代表してあいさつに登壇したジムリー・アシディキ氏(インドネシア初代憲法裁判所長官)は、「フォーラムが成功したということで、アジア全体、人類のために民主主義の原則ということを広めていってもらいたい、そのためのフォーラムであってほしい」と、今回のフォーラムの継続と、今後の発展に期待を示しました。同時に、今回参加したパネリストを始めとして、「これからもインドネシアと日本の絆を深めていきたい」と語りました。

 その後も、レセプションは和やかに進み、お開きを迎えました。

⇒ 8月20日非公開会議 報告
⇒ 「世界の民主主義はどのような試練に直面しているのか ~グローバリズムと民主主義の試練~」
⇒ 「アジアの民主主義は後退したのか~世論調査にみるアジアの民主主義の課題と挑戦~」報告
⇒ 日尼印3カ国の民主主義に関する世論調査結果公表 記者会見報告
⇒ 民主主義の危機を乗り越えるべく、率直な意見交換が行われた非公開対話
⇒ 「世界のデモクラシーは後退したのか?」日本・インドネシア・インド3か国共同世論調査結果
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「日本の民主主義を立て直す」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 訪米を終えて ~アメリカで実感した民主主義の力~(工藤ブログ)
  2. 【座談会】アメリカ、ドイツ、中国、インドネシア4カ国、有識者約100氏との対話を振り返って―言論NPOのミッションへの共感と対話の基盤ができた1カ月間の旅-
  3. 【座談会】「トランプ政権と北朝鮮問題」~もはや核開発阻止は無理、米国が目標を変えたとき何が起こる?~
  4. 【座談会】「トランプ政権100日の評価」~行動が予測できない"危険な"大統領~
  5. 世界25ヵ国の頭脳が評価した「国際協調進展の通信簿」最優先課題はテロとの戦いと国際的な武力衝突の防止~CoCレポートカード総論~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る