民主主義を強くする

新年も、民主主義の試練とアジアの平和に全力で立ち向かいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  言論NPO代表 工藤泰志

 あけましておめでとうございます。
 言論NPOは、新しい年も歴史的な困難に強い覚悟で立ち向かうつもりです。平和と民主主義は、私たち言論NPOの創設時からのミッションです。
 新しい年、その困難がより大きく深刻なものとなっています。
 新しいスタートにあたって、皆さんにお伝えしたいのは、これらは困難ではありますが、私たちにとっては未来に向かうチャンスでもあるということです。ここでは無関心を装うこと自体が最大の罪、だと考えます。

 平和や自由、そして民主主義という、誰もが当たり前と信じてきた規範は、それを守ろうという私たちの主体的な取り組みがない限り、壊れてしまうことがあります。
 日本も例外ではありません。その亀裂が今、表面化しているのです。
 新しい年こそ、その危険性に多くの人が気付き、力を合わせる局面だと、私たちは考えています。
 北朝鮮の核保有で不安が高まる偶発戦争への懸念、そして民主主義自体の自滅、そして不安定化する自由な世界秩序、そのどれもが私たちに突き付けられた歴史的な課題です。
 そうした課題は多くの人が共有すべきです。
 それを乗り越えるために議論が始まり、政治を動かし、世界と共鳴し、課題に向かう大きな世論となった時、新しい動きが始まります。
 そうした舞台を作り出すことが、新年、私たち言論NPOに問われた役割なのです。

 言論NPOは新年、国内だけではなく、国境を越えた様々な議論を行い、その強い声を世界に届けます。
 私たちが目指しているのは、北朝鮮の核廃絶を平和的手段で実現することです。
 その連立方程式を解くシナリオを作り出すために、日米、日中、日韓や多国間対話を機能させ、北東アジアに平和を実現するための環境づくりを加速させます。民主主義自体の試練に立ち向かい、より民主主義を強いものとするために、様々な提案を行います。
 3月には、世界の自由で多国間主義に基づく安定的な世界秩序を維持し、世界の課題解決を日本から世界に発信する「東京会議」も開催します。
 そして、何よりも言論NPO自体をこうした歴史的な作業に本格的に立ち向かう、強いネットワークとして機能させなくてはなりません。
 そのための自己改革も私たちの大きな課題です。
 私たちにとってはこの新年こそ、未来に向かう新しいチャレンジの年なのです。
 是非とも、こうした私たちの強い覚悟にご理解いただき、この2018年も私たちの挑戦に力を貸していただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 「第14回日中共同世論調査」結果を公表しました
  2. 【座談会】「第14回日中共同世論調査をどう読み解くか」~4人の専門家と議論しながら、調査結果の背景に迫ります~
  3. 【論考】第14回日中共同世論調査の読み解き方/工藤泰志(言論NPO代表)
  4. 各分科会の内容、パネリストが決定!日中両国から徐麟国務院新聞弁公室新主任や中国の最先端のIT,ネット企業等約90氏が来日
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る