民主主義を強くする

戦後民主主義など、日独間の対話に手応え ~ドイツ訪問報告~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルリン日独センターでの講演の後、工藤はベルリン市内にて、政党や財団関係者、学者、ジャーナリストと意見交換を行いました。

 まず、ベルリン自由大学を訪問し、大学院の授業内で「東アジア情勢と民間外交の役割」に関して講義を行いました。参加した学生からは、言論NPOが中国、韓国にて行う民間対話の重要性について共感と支持の意見が寄せられ、これまでの対話の経緯や成果、日中、日韓の共同世論調査結果に関して活発な質問が投げられました。このほかにも日本の国内政治に詳しい学生から日本経済の展望やアベノミクスの行方についても質問が出されるなど盛況の中で終了しました。

 翌日は、ドイツ最大のシンクタンクSWP(ドイツ安全保障研究所)やドイツの社会民主党(SPD)の国際部を訪問、ここでも「東京-北京フォーラム」や「日韓未来対話」での例を中心に東アジアの領土をめぐる対立と、ナショナリズムに起因した二国間関係の現状と関係改善にむけた言論NPOの活動について説明を行いました。また、工藤は東アジアにおいて安全保障の枠組みが存在していないことから、平和と安定を保つ秩序づくりに向けて民間側からも取り組んでいきたいと語りました。

 次に、ドイツの主要財団の一つであるフリードリヒ・エーベルト財団を訪れ、財団の中で中国、韓国をはじめとしたアジア太平洋の国々との事業を担当するステッテン氏と面会を行い、同じ東アジアにおいて対話を展開する団体同士として、今後の連携も念頭に置いた意見交換を行いました。ステッテン氏は、言論NPOが中韓と行う二国間対話や世論調査の重要性を強調し、日本に戦後70年という節目の年にアジアの平和に向けて政府だけではなく民間が積極的に発信していく意義を伝えました。

 この他、ドイツ外務省や元駐日大使など外交関係者をはじめ、東アジアを専門とする学者やジャーナリストとも面会を行いました。面会や意見交換会を通して、戦後70年である本年、日本が適切に歴史に向かい合い、アジアの平和と安定に向けて様々な議論を世界に対して発信していく必要性を確認し、同時に様々な課題についてアジアの国々と丁寧に対話を継続していく覚悟を伝えました。また、戦後民主主義の在り方についてアジアを超え、日本とドイツの間の対話も強化していきたいと語り、一連の訪問を終えました。

 今後、民主主義や戦後70年をテーマにした議論を積極的にウェブサイトで発信していきますので、ぜひご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る