日本の民主主義を立て直す

第2回アジア言論人会議[ アジアの民主主義国との議論 ]について

アジアの民主主義と自国の課題 多様性はどのように民主主義に影響したか
                     ~第2回アジア言論人会議報告~

 第2回アジア言論人会議の第2セッションのテーマは、「アジアの民主主義と自国の課題」。最初に、フィリピンとシンガポールの代表が基調報告を行いました。具体的な事例だけに議論は白熱。浮かび上がってきたのは、民主化の歴史、民族構成、経済の発展段階の違いなどによる多様性でした。多様性が各国の民主主義にどのような影響を与えているのか。議論はその実相に迫ります。
  続いて行われた第3セッションでは、各パネリストがアジアにおける民主主義発展に向けた熱い思いを語っています。

テーマ[第2回アジア言論人会議]のこれまでの記事

初めての方へ

「日本の民主主義を立て直す」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. アジアも民主主義のあり方が問われる局面に直面している~日本、インドネシア、インド、韓国等5カ国のアジアの民主主義に関する世論調査結果を公表~
  2. 民主主義は信頼を取り戻せるか ―ハッサン・ウィラユダ元外相(インドネシア)は語る
  3. 不完全なものだからこそ、民主主義を強くするための不断の努力が必要 ~「第3回アジア言論人会議」第1セッション報告~
  4. 民主主義を機能させるため、絶え間なく点検を行う仕組みづくりを ~「第3回アジア言論人会議」第2セッション報告~
  5. 「第13回 東京-北京フォーラム」の開催に向けて着々と準備が進む

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る