by Google 運営者 お問い合わせ

メイン | 2005年10月 »

2005年6月14日

工藤ブログに関して

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 工藤ブログに関して

言論NPOで取り上げるテーマに対し、代表の工藤自らが論点整理を行い、問題提起、見解を発表していきます。

工藤泰志プロフィール

言論NPO代表・工藤泰志
1958年生まれ。横浜市立大学大学院経済学博士課程中退。東洋経済新報社で、『週刊東洋経済』記者、『金融ビジネス』編集長、『論争 東洋経済』編集長を歴任。2001年10月、特定非営利活動法人言論NPOを立ち上げ、代表に就任。


投稿者 genron-npo : 15:31

定款

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 定款

特定非営利活動法人言論NPO 定款

第1章 総則
 (名称)
第1条 この法人は、特定非営利活動法人言論NPOという。ただし、登記上はこれを特定非営利活動法人言論エヌピーオーと表示する。
 (事務所)
第2条 この法人は、事務所を東京都中央区に置く。


第2章 目的及び事業
 (目的)
第3条 この法人は、社員あるいは会員であるか否かを問わず、広く社会一般に対して、自由で質の高い言論の場を提供する事業を行い、社会教育の推進に寄与することを目的とする。
 (特定非営利活動の種類)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(1)社会教育の推進を図る活動
(2)特定非営利活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
 (事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として次の事業を行う。
(1)インターネット上に、自由で質の高い言論の場を開設しこれを公開する事業
(2)自由で質の高い言論の場を提供する出版事業
(3)自由で質の高い言論の場の提供のための調査研究事業
(4)自由で質の高い言論の場の確保のための啓蒙・普及事業
(5)政策提言活動
(6)言論活動を通じた国際交流推進事業
(7)その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員
 (種別)
第6条 この法人の会員は、次の2種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。
(1)正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体
(2)その他の会員 別に規則において定めた会員
 (入会)
第7条 この法人の正会員になろうとする者は、理事長が別に定める入会申込書を理事長に提出しなければならない。
2 理事会は、前項の入会申込があったとき、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
 (会費)
第8条 会員は、理事会において別に定める会費を納入しなければならない。
 (会員の資格の喪失)
第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1)退会届の提出をしたとき。
(2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
(3)継続して2年以上会費を滞納したとき。
(4)除名されたとき。
 (退会)
第10条 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。
 (除名)
第11条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、理事会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)この定款に違反したとき。
(2)この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
 (拠出金品の不返還)
第12条 既納の会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

第4章 役員及び職員
 (種別及び定数)
第13条 この法人に次の役員を置く。役員は正会員から選出する。
(1)理事 3人以上15人以下
(2)監事 1人以上3人以下
2 理事のうち、1人を理事長とする。
 (選任等)
第14条 理事は理事会において選任し総会に報告する。
2 理事長は、理事の互選とする。
3 役員のうちには、それぞれの役員について、その配偶者若しくは3親等以内の親族が1人を超えて含まれ、又は当該役員並びにその配偶者及び3親等以内の親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。
4 監事は、総会において選任する。
5 監事は、理事又はこの法人の職員を兼ねることができない。
 (職務)
第15条 理事長は、この法人を代表し、その業務を総理する。
2 理事は、理事会を構成し、この定款の定め及び理事会の議決に基づき、この法人の業務を執行する。
3 監事は、次に掲げる職務を行う。
(1)理事の業務執行の状況を監査すること。
(2)この法人の財産の状況を監査すること。
(3)前2号の規定による監査の結果、この法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があることを発見した場合には、これを総会又は所轄庁に報告すること。
(4) 前号の報告をするため必要がある場合には、総会を招集すること。
(5) 理事の業務執行の状況又はこの法人の財産の状況について、理事に意見を述べ、若しくは理事会の招集を請求すること。
 (任期等)
第16条 役員の任期は、選任の日又は選任の決議に伴い定められた日から2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠のため、又は増員によって就任した役員の任期は、それぞれの前任者又は現任者の任期の残存期間とする。
3 役員は、辞任又は任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。
 (欠員補充)
第17条 理事又は監事のうち、その定数の3分の1を超える者が欠けたときは、遅滞なくこれを補充しなければならない。
 (解任)
第18条 理事が次の各号の一に該当するに至ったときは、理事会の議決により、これを解任することができる。この場合、その理事に対し、議決する前に弁明の機会を与えなければならない。
(1) 心身の故障のため、職務の遂行に堪えないと認められるとき。
(2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。
2  監事が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを解任することができる。この場合、その理事に対し、議決する前に弁明の機会を与えなければならない。
(1) 心身の故障のため、職務の遂行に堪えないと認められるとき。
(2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。
 (報酬等)
第19条 役員は、その総数の3分の1以下の範囲内で報酬を受けることができる。
2 役員には、その職務を執行するために要した費用を弁償することができる。
3 前2項に関し必要な事項は、理事会の議決を経て、理事長が別に定める。
 (職員)
第20条 この法人に、事務局長その他の職員を置く。
2 職員は、理事長が任免する。

第5章 総会
 (種別)
第21条 この法人の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。
 (構成)
第22条 総会は、正会員をもって構成する。
 (権能)
第23条 総会は、以下の事項について議決する。
(1) 定款の変更
(2) 解散
(3) 合併
(4) 事業報告及び収支決算の承認
(5) その他理事会が総会に付すべき事項として議決した事項
 (開催)
第24条 通常総会は、毎年1回開催する。
2 臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
(1)理事会が必要と認め招集の請求をしたとき。
(2)正会員総数の5分の2以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(3)第15条第3項第4号の規定により、監事から招集があったとき。
 (招集)
第25条 総会は、前条第2項第3号の場合を除き、理事長が招集する。
2 理事長は、前条第2項第1号及び第2号の規定による請求があったときは、速やかに臨時総会を招集しなければならない。
3 総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面又は電子メールをもって、少なくとも5日前までに通知を発信しなければならない。
 (議長)
第26条 総会の議長は、その総会において、出席した正会員の中から選出する。
 (定足数)
第27条 総会は、正会員総数の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
 (議決)
第28条 総会における議決事項は、第25条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。ただし、議事が緊急を要するもので、出席した正会員の4分の3以上の同意があった場合は、この限りではない。
2 総会の議事は、この定款に規定するもののほか、出席した正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
 (表決権等)
第29条 各正会員の表決権は、平等なるものとする。
2 やむを得ない理由のため総会に出席できない正会員は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決し、又は他の正会員を代理人として表決を委任することができる。
3 前項の規定により表決した正会員は、前2条、次条第1項及び第50条の適用については、総会に出席したものとみなす。
4 総会の議決について、特別の利害関係を有する正会員は、その議事の議決に加わることができない。
 (議事録)
第30条 総会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
(1)日時及び場所
(2)正会員総数及び出席者数(書面表決者又は表決委任者がある場合にあっては、その数を付記すること。)
(3)審議事項
(4)議事の経過の概要及び議決の結果
(5)議事録署名人の選任に関する事項
2 議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が記名押印又は署名しなければならない。

第6章 理事会
 (構成)
第31条 理事会は、理事をもって構成する。
 (権能)
第32条 理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を議決する。
(1)事業計画及び収支予算並びにその変更
(2)会費の額
(3)事務局の組織及び運営
(4)総会に付議すべき事項
(5)その他運営に関する重要事項
 (開催)
第33条 理事会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
(1)理事長が必要と認めたとき。
(2)理事総数の4分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(3)第15条第3項第5号の規定により、監事から招集の請求があったとき。
 (招集)
第34条 理事会は、理事長が招集する。
2 理事長は、前条第2号及び第3号の規定による請求があったときは、すみやかに理事会を招集しなければならない。
3 理事会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面又は電子メールをもって、少なくとも5日前までに通知を発信しなければならない。
 (議長)
第35条 理事会の議長は、理事長がこれに当たる。
 (議決)
第36条 理事会における議決事項は、第34条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。 ただし、議事が緊急を要するもので、出席した理事の5分の3以上の同意があった場合は、この限りではない。
2 理事会の議事は、理事総数の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
 (表決権等)
第37条 各理事の表決権は、平等なるものとする。
2 やむを得ない理由のため理事会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決し、または他の理事を代理人として表決を委任することができる。
3 前項の規定により表決した理事は、前条及び次条第1項の適用については、理事会に出席したものとみなす。
4 理事会の議決について、特別の利害関係を有する理事は、その議事の議決に加わることができない。
 (議事録)
第38条 理事会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
(1)日時及び場所
(2)理事総数、出席者数及び出席者氏名(書面表決者にあっては、その旨を付記すること。)
(3)審議事項
(4)議事の経過の概要及び議決の結果
(5)議事録署名人の選任に関する事項
2 議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が記名押印又は署名しなければならない。

第7章 顧問
 (顧問)
第39条 この法人に顧問を置くことができる。
2 顧問は、学識経験者又は本法人に功労のあった者のうちから理事会の推薦により、理事長が委嘱する。
3 顧問は、本法人の運営に関して理事長の諮問に答え、又は理事長に対して意見を述べる。
4 顧問の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

第8章 資産及び会計
 (資産の構成)
第40条 この法人の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
(1)設立当初の財産目録に記載された資産
(2)会費
(3)寄付金品
(4)財産から生じる収入
(5)事業に伴う収入
(6)その他の収入
 (資産の管理)
第41条 この法人の資産は、理事長が管理し、その方法は、理事会の議決を経て、理事長が別に定める。
 (会計の原則)
第42条 この法人の会計は、法第27条各号に掲げる原則に従って行うものとする。
 (事業計画及び予算)
第43条 この法人の事業計画及びこれに伴う収支予算は、理事長が作成し、理事会の議決を経なければならない。
 (暫定予算)
第44条 前条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、理事会の議決を経て、予算成立の日まで前事業年度の予算に準じ収入支出することができる。
2 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。
 (予備費の設定及び使用)
第45条 予算超過又は予算外の支出に充てるため、予算中に予備費を設けることができる。
2 予備費を使用するときは、理事会の議決を経なければならない。
 (予算の追加及び更正)
第46条 予算議決後にやむを得ない事由が生じたときは、理事会の議決を経て、既定予算の追加又は更正をすることができる。
 (事業報告及び決算)
第47条 この法人の事業報告書、収支計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、速やかに、理事長が作成し、理事会の議決及び監事の監査を受け、総会の承認を得なければならない。
2 決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。
 (事業年度)
第48条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 (臨機の措置)
第49条 予算をもって定めるもののほか、借入金の借入れその他新たな義務の負担をし、又は権利の放棄をしようとするときは、理事会の議決を経なければならない。

第9章 定款の変更、解散及び合併
 (定款の変更)
第50条 この法人が定款を変更しようとするときは、総会に出席した正会員の4分の3以上の多数による議決を経、かつ、法第25条第3項に規定する軽微な事項を除いて所轄庁の認証を得なければならない。
 (解散)
第51条 この法人は、次に掲げる事由により解散する。
(1) 総会の決議
(2) 目的とする特定非営利活動に係る事業の成功の不能
(3) 正会員の欠亡
(4) 合併
(5) 破産
(6) 所轄庁による設立の認証の取消し
2 前項第1号の事由によりこの法人が解散するときは、正会員総数の4分の3以上の承諾を得なければならない。
3 第1項第2号の事由により解散するときは、所轄庁の認定を得なければならない。
 (残余財産の帰属)
第52条 この法人が解散(合併又は破産による解散を除く。)したときに残存する財産は、法第11条第3項に掲げる者のうち、総会の議決を経て選定された特定非営利活動法人に譲渡するものとする。
 (合併)
第53条 この法人が合併しようとするときは、総会において正会員総数の4分の3以上の議決を経、かつ、所轄庁の認証を得なければならない。

第10章 公告の方法
 (公告の方法)
第54条 この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。

第11章 雑則
 (規則及び細則)
第55条 この定款の適正な施行を確保するために、理事会は必要な規則を議決することができる。
2 この定款及び前1項の規則の施行について必要な細則は、理事会の議決を経て、理事長がこれを定める。

附則
1 この定款は、この法人の成立の日から施行する。
2 この法人の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。
理事長 工藤泰志
理事 冨家友道
 同 日置雅晴
 同 松田学
 同 吉田健之
監事 西山都
3 この法人の設立当初の役員の任期は、第16条第1項の規定にかかわらず、成立の日から2003年5月31日までとする。
4 この法人の設立当初の事業計画及び収支予算は、第43条の規定にかかわらず、設立総会の定めるところによるものとする。
5 この法人の設立当初の事業年度は、第48条の規定にかかわらず、成立の日から2002年3月31日までとする。
6 この法人の設立当初の正会員の会費は、第8条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。
年会費 1口 100,000円を1口以上

投稿者 genron-npo : 15:30

サイト運営方針

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - サイト運営方針

当ウェブサイトは、言論NPOの活動をご理解いただくための情報提供を目的としたものです。当ウェブサイトをご利用の際には、下記の利用規定等を必ずお読みください。 当ウェブサイトに含まれるコンテンツや情報を閲覧・使用・ダウンロードされた場合には、以下の記載事項・条件に同意されたこととさせていただきます。なお、当ウェブサイトのコンテンツや情報、URLは、予告なしに変更又は廃止される場合があります。

1.著作権
当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、言論NPO及び情報提供者に帰属し、いかなる目的であれ無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止いたします。 当ウェブサイト及びそのコンテンツを使用できるのは、著作権法上「私的使用のための複製」及び「引用」などの場合に限られています。「私的使用のための複製」や「引用」といった範囲を超える場合には、言論NPOの使用許諾が必要になります。 これに違反して著作権者(言論NPO)の権利を侵害した場合には、3年以下の懲役または300万円以下の罰金等の刑罰が課せられます。また、侵害行為の差止請求や、損害賠償請求等の対象にもなります。 言論NPOへの使用許諾の申し込みは、文書によるもののみを受けております。お申し込みやお問い合わせの場合はお問い合わせページよりお問い合わせください。

2.リンク
当ウェブサイトは全ページリンクフリーです。

3.準拠法および管轄裁判所
当ウェブサイトおよび「サイト利用規程」の解釈および適用は、日本国法に準拠します。 また、当ウェブサイトに関わる全ての紛争については、他に別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

4.お問合せ
当ウェブサイト・当社についてご意見・ご質問などがある場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。

5.対応ブラウザ
当ウェブサイトを閲覧する際には、Microsoft InternetExplorer 5.0以上、Netscape Navigator 6.0以上のブラウザの使用を推奨いたします。 これら推奨ブラウザ以外でご覧いただく場合、画面の一部が正しく表示されないことがあります。ブラウザを替えていただくか、6.0以降のバージョンにアップグレードしてご利用ください。

6.プラグイン
当ウェブサイトに収録されているPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader4.0以上が必要です。当ウェブサイトではMacromedia Flash4.0のプラグインが必要となるコンテンツを表示しています。

7.ウェブサイト作成
このウェブサイトは、言論NPOウェブ編集部と多数のボランティアの方々により作成、運営されています。

投稿者 genron-npo : 15:29

免責事項

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 免責事項

当ウェブサイトに記載された言論NPOの事業に関する情報およびその関連情報(以下「本情報」といいます。)のご利用に際しては、以下に記載の内容を事前にご確認ください。

本情報またはこれに関連して言論NPOから提供されるいかなる情報も、本情報利用者の皆様に対してコンテンツの情報提供のみを目的とするものであり、本情報利用者の皆様に対して商品、サービスまたは権利の販売その他の取引の申込み、勧誘、あっ旋、媒介、推奨または助言等を目的として提供されるものではありません。言論NPOは、かかる取引の当事者もしくは代理人となることはなく、また、取引の申込み、勧誘、あっ旋、媒介、推奨または助言等の行為を行うことはありません。

言論NPOは、自らの判断により、本情報利用者の皆様に事前の通知を行うことなく、本情報の内容の更新、追加、変更、削除、部分改廃等を行う場合があります。

言論NPOは、本情報の内容の更新、追加、変更、削除もしくは部分改廃、システムの保守点検、機器・回線等の故障もしくは停止、または停電、天災その他やむを得ない事由の発生等により、本情報利用者の皆様に事前の通知を行うことなく、本情報の提供を一時的に中断または停止する場合があります。

上記による本情報の内容の更新、追加、変更、削除もしくは部分改廃または本情報の提供の中断もしくは停止等により、本情報利用者の皆様が情報入手の遅延、情報の滅失または損壊その他の損害をこうむった場合であっても、言論NPOは一切の責任を負わないものとします。

本情報利用者の皆様には、本情報を利用するために必要なコンピュータ、通信機器、電話回線、ソフトウェアその他全ての機器設備につき、自己の責任と費用負担において、設置、接続、導入その他の準備および管理等を行っていただきます。

言論NPOは、本情報利用者の皆様に本情報中の特定の情報を閲覧していただくために、特定のソフトウェア(以下「特定ソフトウェア」といいます。)をダウンロードその他の方法により本情報利用者の皆様に配布し、その使用権を許諾する場合があります。この場合、本情報利用者の皆様は、言論NPOと別途締結する使用許諾契約に従って、特定ソフトウェアを使用するものとします。

上記の他、本情報の閲覧等にあたっては、サイト利用規定をご確認の上、本情報をご利用ください。

言論NPOは、本情報を通じて提供される情報、ソフトウェアもしくは検索結果、第三者のウェブ・サイトへのリンクまたは第三者の提供する商品、サービスもしくは権利(以下「コンテンツ等」と総称します。)等の一切について、その完全性、正確性、適時性、妥当性、速報性、信頼性、合目的性、有用性、商品性、知的財産権の不侵害または第三者による債務の履行もしくは瑕疵の有無その他につきいかなる保証も行わず、またこれらに関して担保責任を負いません。

本情報を通じて提供されるコンテンツ等を信頼するか否か、取引等を行うか否かは全て本情報利用者の皆様ご自身の責任の下で判断いただくものとし、言論NPOは、コンテンツ等を利用してまたは参考にして本情報利用者の皆様が行った一切の取引または事業等の結果につき一切責任を負いません。また、第三者の提供するコンテンツ等に関する苦情、クレームまたは紛争については、本情報利用者の皆様と当該第三者との間で解決していただくものとし、言論NPOは一切関与いたしません。

以上

投稿者 genron-npo : 15:28

プライバシーポリシー

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - プライバシーポリシー

言論NPOは、プライバシーを尊重すべき重要なものとして認識しており、当社のウェブサイト(以下、当ウェブサイトといいます)をご利用の際にご提供いただく利用者の個人情報を慎重に取り扱い、プライバシーの保護に努めております。個人情報の取り扱いに関して個人情報保護方針に従って行動しています。

【個人情報のご提供をお願いする場合について】

当ウェブサイトの下記のページをご利用いただく場合に限り、利用者はご自身の個人情報を入力していただくことが必要です。 『会員登録フォーム』、『ボランティア募集フォーム』、『ご意見・ご感想/お問合せ』の購読申込みオンラインアンケートへの回答 各種キャンペーン等にお申込みいただく場合 その他(上記以外の用途でお客様の個人情報を入力していただく場合には、その目的や内容を明確にご案内し、必要最小限の個人情報に限らせていただきます。)

【個人情報の使用について】

当ウェブサイトにおける利用者のご利用データは、当ウェブサイトの内容の評価や、今後のサービス向上するために収集されます。 当ウェブサイトをご利用中に、個人情報を入力していただく必要が生じた場合には、必ず収集の目的・方法を明示いたします。また、利用者に無断で個人情報を収集することはありません。 言論NPOは、オンラインで利用者より提供いただいた個人を特定できる情報を、以下のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも提供または開示いたしません。

利用者の同意がある場合
業務委託先などに対し、当社が委託したサービス以外に個人情報を利用することがないよう、あらかじめ契約を結んでいる場合
法令等にもとづき要請された場合

【セキュリティ】

『ご意見・ご感想/お問合せ』、『ボランティア募集フォーム』、購読申込み時、アンケート入力時、会員申込み時には、個人情報保護のためのセキュリティとしてSSL(Secure Sockets Layer)というデータ暗号化技術を使用しております。 SSLはウェブサイト上での通信の安全対策として用いられている一般的な技術であり、入力されたデータをインターネットへ送信する前に、暗号化を行うことで傍受を防止します。

投稿者 genron-npo : 15:27

個人情報の取り扱いに ついて

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 個人情報の取り扱いに ついて

特定非営利活動法人言論NPOは、個人情報の適切な取り扱いに関し、個人情報保護に関する法律の趣旨に則り、自主的なルール及び体制を確立し、以下のとおり個人情報保護方針を定め、これを実行し維持することといたします。


【個人情報の範囲】

当法人が事業活動やサービス提供の過程で、書面、電子媒体、ウェブ等を介 して収集した、氏名、住所、電話番号、e-mailアドレス、勤務先、生年月日その他の記述により当該個人を識別できるもの(当該情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより当該個人を識別できるものを含みます)を個人情報保護の対象範囲とします。


【個人情報の利用目的】

当法人の事業活動やサービス提供の過程で収集した個人情報を、フォーラム・シンポジウム等での名簿作成・配布及びダイレクトメール作成送付、アンケート作成送付、資料送付、雑誌及び会費の請求書・領収書送付など当法人の事業活動およびサービス提供とこれに付随する業務を行う目的の範囲内で利用させていただきます。当法人の事業活動・サービス内容は、ホームページ(http://www.genron-npo.net/)或いは東京都生活文化局都民生活部管理法人課NPO法人係でご覧下さい。


【個人情報の収集手段】

当法人が収集する個人情報は、会員申込フォーム、ボランティア申込フォーム、ご意見・ご感想/お問い合わせフォーム、雑誌購読のお申し込み、フォーラム・シンポジウム・セミナー・その他各種行事等へのお申し込み、資料等のご請求への対応など当法人の事業活動やサービス提供の過程で書面、電子媒体、ウェブ等を介して収集される氏名、連絡先、勤務先等の個人情報です。


【委託先の管理・監督】

利用目的の遂行のために業務を委託する場合、個人情報の取り扱いに関する委託先の適正な管理・監督をおこないます。


【第三者への提供】

個人情報は、ご本人の同意を得た場合または法令の定めがある場合を除き、第三者に提供することはいたしません。


【個人情報の管理】

収集させて頂いた個人情報については、不正アクセスや紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどに対する予防並びに是正に努め、合理的な安全対策を講じます。また、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守するとともに、この方針に基づく個人情報保護規程や体制を定め、その内容を継続的に見直し、改善に努めます。


【個人情報の訂正・削除・開示】

ご本人から、登録されている個人情報について訂正・削除・開示の請求があった場合は、迅速に対応いたします。当法人が保有する個人情報の取り扱い、および訂正・削除・開示等に関するお問い合わせ先は、以下の通りです。

-個人情報保護担当窓口-
特定非営利活動法人言論NPO 事務局
電話:03-6262-8772(平日9時から17時半迄受付)
E-Mail:お問い合わせページ


【更新】

本方針は随時更新されます。変更内容をご認識いただく上で、定期的に確認されることをお勧めいたします。


特定非営利活動法人 言論NPO
理事長 工藤 泰志
平成17年3月28日 制定

投稿者 genron-npo : 15:26

お問い合わせ

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お問い合わせ

言論NPOサイト本サイトよりお問い合わせください。

[言論NPO]はじめての方へ/ご意見

投稿者 genron-npo : 15:25