by Google 運営者 お問い合わせ

« 2006年1月 | メイン | 2006年5月 »

2006年3月27日

遅くなりましたが・・・「ただいま」 その2

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 遅くなりましたが・・・「ただいま」  その2

工藤泰志

3月の北京は途中、大雪になったり青空が見えたりで、気候は不安定でしたが、相変わらず道路には車があふれ、その列は深夜まで途切れることはありません。
ちょうど全人代開催中であり、市内のあちこちに公安の車を見かけます。


余談ですが、
ある日、私たちが乗った車が公安に呼び止められる騒ぎがありました。
ナンバープレートの不備で注意を受けたということですが、公安という文字に
私もびっくりしました。

でも
中国の警察官もてきぱきと
まるで日本の警官が反則切符を切るように作業としている。
それを見て少し驚きました。

「中国の公安もかなり変わった。今では市民から苦情がでると、首になってしまう」
中国人の友人はそう解説してくれます。
そんな初体験をしながらも、 私たちはいろいろなところを回り、議論を重ねました。

私たちが8月の開催にこだわったのは、
まず民間の新しいコミュニケーションチャネルとして定着するには、その時々の政治に左右されるのではなく、同じ時期に開催をすることが重要だということです。

第一回目の北京ー東京フォーラムも8月に開催されました。
仮に政治の状況に振り回されて、開催時期をいつも神経質に考えるようでは、民間の挑戦が政治を変えるということは不可能だと思いましたし、それに負けるようではこのフォーラムの意義も半減してしまうと真剣に考えました。

それと、8月は日本では太平洋戦争を意識した終戦を考える時期として定着していますが、この8月をアジアの過去と未来を考える季節にもしていきたいとも考えました。
そのためにも私たちのフォーラムを8月にこれからも開催し続けることは、アジアの未来を考える意味でもとても重要なことだと判断したのです。

私たちは何度も語り合いました。こうした議論に中国の多くの友人も理解を示していただき、そして議論の結果、「北京ー東京フォーラム」はこれからも8月に実施することで合意したのです。

帰国後、私たちは8月のフォーラム開催に向けて準備を開始しています。

もう4ヶ月余りしか時間はありませんが、5月にはパネリストやテーマを決定し、共同の世論調査を日本と中国で同時に実施します。またアジアの議論についての新しいブログの準備も始めています。

私たちは、表面的な友好ではなく、むしろ考えなどに違いがあってもお互いを尊重し、本音で議論ができる関係、仲がいいからけんかもできる関係を作り上げたいと思っています。

将来的には、そうした議論の輪を日中だけではなく、ほかのアジアにも広げ、またアメリカの有識者なども議論に参加できる、アジアの議論の舞台に発展させられないかと考えているのです。

そのためにもまず今年の東京大会を成功させたいと思います。

投稿者 genron-npo : 21:04

2006年3月23日

遅くなりましたが・・・「ただいま」 その1

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 遅くなりましたが・・・「ただいま」  その1

早いもので、前回、中国の北京に向かう直前にブログを初めて書いてから、10日以上も経ってしまいました。

北京での話をなかなか皆さんに報告できず、またまた反省をしていますが、
実はこの北京滞在中に懸案の「北京ー東京フォーラム」の東京大会の日程が決まりました。

今にして思えば、この北京訪問で日程が決まらなければ、「北京ー東京フォーラム」は第二回目にして暗礁に乗り上げる可能性もありました。その意味では
いわばぎりぎりセーフ。これですべての準備を始めることができます。

3月23日の言論NPOのメンバーフォーラム朝食会では、私のほうから日程を今年の8月3,4日の二日間とすることを初めて会場で説明させていただきましたが、
その際にはちょうど3月のゲスト・スピーカーとしてお迎えしていた中国の王毅大使からも「協力をしたい」旨の発言があり、とても励まされました。
8月の東京大会まであと4ヶ月余り。まさにカウントダウンが始まったのです。

私たちが「北京ー東京フォーラム」を立ち上げたのは、日中の深刻な対立を民間側の挑戦と議論の力で乗り越えられないかと考えたからです。

私たちがもっとも心配したのはアジアの成長を軸に世界がダイナミックな動きを始めているときに、両国のナショナリズムが加速し、緊張が高まることです。
ナショナリズムはアジアの将来に対して思考停止をもたらし、アジアに潜在的に存在する巨大なチャンスを奪いかねません。

この状況に正面から向かい合い、日中間の課題だけでなく、アジアの将来について本音で議論が行える新しいコミュニケーションチャネルを作り、その議論を
両国だけでなく世界に発信したい。それが私たちの提案です。

中国の四大紙のひとつのチャイナディリーと北京大学国際関係学院がこの提案を受け入れてくれ、
昨年夏、反日デモの余韻がくすぶり、日本の様々な民間交流が中断や延期に追い込まれる中、「北京ー東京フォーラム」が立ち上がったのです。
日本では総選挙目前のあわただしい時期でしたが、
新しい日中の議論のプラットフォームを実現するため、
30人近い日本の有識者が北京に向かったのです。

この時の議論はインターネットで世界に中継され、中国だけでなくCNN,BBCといった世界のメディアが報道しました。

問題は今年です。
日中関係が厳しさを増す中で、今度は中国の有識者に東京で行われる議論に参加してもらわなくてはなりません。
しかし、8月と言えば、日本では靖国参拝の可能性もあり、さらに9月の自民党総裁選を目前に、政局の動きが始まっています。
そんな時に
東京で開催が可能なのか、それが最大の不安材料でした。
一部では秋への延期説も出始めましたが、
私はどうしても
この8月に開催することにこだわったのです。

私が仲間と北京に向かったのはその考えを説明し、日程を確定するためでした。

(続く)

投稿者 genron-npo : 20:58

2006年3月11日

運営者 言論NPO

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 運営者 言論NPO

 日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。

 私たちはこの国でしっかりとした議論、そしてそのための舞台を作ろうと思っています。しっかりとした議論がしっかりとした民主主義を作り出すからです。
有権者を私たちの活動のユーザー(顧客)と捉え、質の高い建設的な議論を提供・促進していきます。

 代表は「論争 東洋経済」の元編集長の工藤泰志で、佐々木毅氏、北川正恭氏、小林陽太郎氏、宮内義彦氏らがアドバイザーとなり、そのほか各界で活躍する一線の論者、約500人がメンバーなどとして活動に参加しています。

言論NPOの詳細を見る

投稿者 genron-npo : 15:24

2006年3月 8日

お久しぶりです、工藤です

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お久しぶりです、工藤です

工藤ブログが始まってから、
なんだか躊躇して、なかなか書けませんでしたが、
映像だけではなく、文字でも言いたいことを書けという
お叱りを各方面からうけたこともあり、これから適宜、私は今進めている
言論の試みを書きたいと思います。


今年はすべてが夏に向けて動いています。
自民の総裁選があり、次の総理が事実上、決まる。
そして中国との対立を招いた靖国参拝の季節があり、
これが政局と絡み合って動こうとしている。
実はこの夏に向け、私たちもすでに議論作りのため準備を始めています。

3月8日はその意味で何とか間に合ったというのが、今日の私の心境です。
この3ヶ月間作業を続けてきた「マニフェスト評価ブログ」が何とか今日開業しました。
まだまだ第二弾、第三弾といろいろ準備は進めていますが、
これで政治を監視する仕組みが言論NPOのウエッブでもできることになりました。
党首選はイギリスでもそうですが、マニフェスト型政治サイクルのまさに始まりの部分であり、
選出された党首の公約が政党の公約となり、政権の公約となるものです。
その意味では、総裁選では、政策の対立軸をはっきり描き、
日本を結局、改革の結果、どんな社会にすることを目指すのか、それを各候補にはっきり示してもらわなければなりません。

実はまだ正式ではないし、日程も決まってはいませんが、今年、私たちは、昨年立ち上げた中国との民間版の新しいコミュニケーションチャネル
「北京―東京フォーラム」を東京で開催するための準備を行っています。

日中間やアジアの将来のために、本音の議論をしようという民間側の試みは昨年は大成功となりましたが、今年は、東京に舞台を移します。
中国から大勢の政府関係者や有識者が来日することになりますが、
昨年立ち上げたとき以上に、今年は困難が予想されています。

しかし、私は、これ以上中国と緊張と対立を続けることは、アジアに潜在的に存在する巨大な可能性、日本の将来にとっても、かなりまずいと考えています。また、中国と日本の間でくすぶる偏狭なナショナリズムを議論の力で抑え込むことも大切だと考えています。

実は明日、北京に向かう予定で、明日から中国側との協議が始まることになります。それにしても、マニフェスト評価ブログのアップが間に合ってよかった。

これで安心して旅立てます。
また報告します。

工藤 泰志

投稿者 genron-npo : 19:34