by Google 運営者 お問い合わせ

« 2013年10月 | メイン | 2014年1月 »

2013年11月28日

4日間の韓国訪問を終えて

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 4日間の韓国訪問を終えて

動画をみる


4日間の韓国訪問を終えて

⇒ 動画をみる

工藤:今、金浦空港にいます。4日間の日程を終えて、これから日本に戻ります。今回の韓国訪問でいろいろな人たちと話をすることができました。


民主主義にとって重要なのは有権者の力

元々は、「アジア・デモクラシー・リサーチ・ネットワーク(ADRN)」の会議に参加するためでしたが、その中で議論したアジアの国々は、「民主主義」ということに対して、大きく悩んでいて、課題を色々と抱えていました。例えば、投票における不正、汚職の問題など、様々な問題が指摘されたのですが、日本の民主主義の状況とは違うな、ということを感じると共に、「民主主義」にとって、有権者の力、市民の力が大事だということを実感しました。


日韓・日中間に問われている民間の対話の力

一方で、今年から始めた「日韓未来対話」の準備のため、政治家や外交官OB、様々な形で議論をしている財団の人たちなど、色々な人たちと意見交換をしてきました。日韓間の国民感情が悪化し、政府間関係が動かない中で、日韓関係を対話の力で克服したいという動きに対しては、非常に賛同してくれました。中には、白熱しすぎて、数時間も議論した会合もありました。

従軍慰安婦の問題や歴史認識の問題、特に後者について、韓国を始めとするアジア諸国が、日本に対して非常に神経質になっていることもわかりました。これは、私たちが北京で発表した「不戦の誓い(北京コンセンサス)」をつくっていた時にも、近隣国の日本に対する見方は、非常に厳しいものだな、ということを感じました。しかし、それを乗り越え、なるべく早い時期に関係を正常化するためにはどうすればいいのか、という思いは皆さん持っているわけです。日中関係も日韓関係も、政府とは違う形での、民間の外交、民間の対話の力が問われていることを実感しましたし、期待が寄せられていることも感じました。

来年開催予定の日韓対話も、日中対話も非常に厳しい状況なのは変わらないと思いますが、それを克服しようとする人たちがいるということが分かったことだけでも、収穫だと思います。言論NPOも志を同じくする人たちと連携しながら、もっと強いリーダーシップを発揮していかなければいけない、と思ったところです。これから日本に帰ります。
以上、金浦空港から工藤でした。

投稿者 genron-npo : 19:33 | コメント (0)

2013年11月25日

課題解決型の「新しい民主主義」とは

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 課題解決型の「新しい民主主義」とは

動画をみる


課題解決型の「新しい民主主義」とは

⇒ 動画をみる

アジアの民主主義を考えるためにソウルを訪問


工藤:ちょうど、北京で歴史的な「不戦宣言」を出してから、早くも1カ月が経ちましたが、私は今、韓国に来ています。昨日から韓国に入っていますが、韓国では激しい雨が降っていて、非常に寒いです。


さて、今、私がなぜ韓国を訪問しているのかというと、デモクラシー・リサーチ・ネットワークというアジアの民主主義を考えよう、という会議があるのですが、その会議へ参加してほしいという要請があり、韓国を訪問しています。

「民主主義」という問題に関して言えば、日本や韓国を始め、アジア各国は様々な課題を抱えています。そのような中で「民主主義」をアセスメントできるような新しいバロメーターをつくろうというのが、この会議の目的です。そして、昨日から議論が始まりました。


「民主主義」を機能させるためには、仕組みよりも有権者の当事者性

私は、「民主主義」という問題を考える際、仕組みだけをつくればいい、というものではないと考えています。それをどのように機能させるのか、ということのほうがはるかに大事だと考えます。しかし、昨日も議論をしていて、どのように仕組みをつくり出せばいいのか、というだけの議論に非常に違和感があります。やはり、「民主主義」の主役は有権者であり、有権者がどのように「民主主義」を成り立たせていくのか、ということが重要です。そのような観点でみれば、日本も多くの課題を抱えています。その課題を皆さんに伝えながら、アジア全体の中で「民」が主役になるような課題解決型の「新しい民主主義」という動きを始められないか、と考えています。

実を言うと、ソウルには初めて来ました。そこで感じたことは、やはり大都市だということと同時に、非常に貧富の格差があるのだなと、街並みを見て感じました。韓国も、時代や社会が大きく変わる一つのプロセスにあるのだと思います。

今日から本格的な議論が行われますが、その議論が終わった後も韓国の色々な要人と会って、私の考えをぶつけて帰りたいと思います。また、適宜報告したいと思っています。
ソウルから、工藤でした。

投稿者 genron-npo : 16:56 | コメント (0)