メールマガジン

いよいよ明日開幕!「第6回 東京-北京フォーラム」の見所をお知らせ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 言論NPO ニュースメールマガジン
■■■■ 号外 (2010年8月29日号)
     〈〈 http://www.genron-npo.net/ 〉〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
言論NPOメールマガジン号外をお届けいたします。

本メルマガでは、議論の見所についての情報をお送りします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「第6回 東京‐北京フォーラム」明日開幕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「東京-北京フォーラム」は、明日8月30日午前の全体会議を皮切りに、
午後には5つの分科会、そして31日午前に行われる総括の全体会議という2
日間の予定で議論が行われます。今回は、今まで以上に「会場参加型」を意識
し、パネリストと会場との双方向の活発な議論を行う予定です。

 明日午前の全体会議では、日本側は、福田康夫氏(元内閣総理大臣、ボアオ・
アジア・フォーラム理事長)ら4氏、中国側は程永華氏(中華人民共和国駐日
本国特命全権大使)ら4氏による挨拶に引き続き「政治対話」前半が行われま
す。本年は、中国からの李肇星氏(全国人民代表大会外事委員会 主任委員)、
趙啓正氏(中国人民政治協商会議全国委員会外事委員会主任)、魏建国氏(中
国国際経済交流センター秘書長)という閣僚級の要人3氏が参加し、日本の政
治家である加藤紘一氏(衆議院議員)、枝野幸男氏(民主党幹事長、衆議院議
員)、福山哲郎氏(内閣官房副長官、参議院議員)の3氏と「アジア、太平洋
の未来と政治の責任~グローバリズムと国家の役割、アジアアイデンティティ
ーとは何か~」をテーマに議論を行います。「政治対話」後半は分科会に舞台
を移し、日本の大学生ら約180人と双方向の議論を展開します。

 明日午後はこの「政治対話」に「メディア対話」「経済対話」「外交・安全
保障対話」「地方対話」を加えた5つの分科会に分かれて議論を繰り広げます。

▼詳細はこちら
 http://www.genron-npo.net/world/genre/tokyobeijing/post-153.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 日本側参加者インタビュー
    -「民間対話の意義」「フォーラムに臨む姿勢」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「東京-北京フォーラム」開幕を目前に、

武藤敏郎氏(株式会社大和総研理事長、前日本銀行副総裁)、
小島明氏(公益社団法人日本経済研究センター研究顧問)、
高原明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)、
白石隆氏(内閣府総合科学技術会議議員)、
添谷芳秀氏(慶應義塾大学法学部教授、東アジア研究所所長)、

の5名の日本側の参加者に「現在の日中関係において、この民間対話の意義を
貴方はどう考えるか」、そして「今回のフォーラムに貴方自身はどのような姿
勢で臨むのか」ということを尋ねました。

▼詳細はこちら
 http://www.genron-npo.net/world/genre/tokyobeijing/post-154.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】 分科会別事前打ち合わせの様子を公開いたします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「東京‐北京フォーラム」を目前に、工藤がその意気込みを語ります。

田中: 工藤さん、こんばんは。いよいよ8月29,30,31日と東京-北京フォーラ
ムが、ザ・プリンスパークタワー東京(芝公園)で行われますが、すでに延べ
2000人を超える方達が参加されると伺いました。まず、東京-北京フォーラム
とはどういうフォーラムなのでしょうか。

工藤:2005年に中国で反日デモが起こったということをご存知の方もいらっし
ゃると思います。ちょうど日中の政府関係が厳しい時期に、民間レベルで本当
の議論をして、新しい環境を作るために「議論」で何かの力になろう、という
ためのプラットフォームを作り上げました。
 この受け皿が、日本側は言論NPOで、中国側は中国日報社(チャイナ・デイリ
ー)というメディアでした。このフォーラムが普通のフォーラムと少し違うのは、
「本当の議論」だということです。僕たちは友好のためというよりも、本当の
議論をすることによって、その結果、相互信頼を得ることができるような形の
対話のチャネルを作りたかった。それが今回6回目となるこのフォーラムです。

▼詳細はこちら
 http://www.genron-npo.net/kudo/podcasting/post_15.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】 フォーラムにおける情報発信ポリシーについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「第6回 東京-北京フォーラム」では、ほぼリアルタイムで情報発信をして、
多くの皆様に白熱した議論をお届けいたします。

本フォーラムでは、ウェブサイト、Twitter、ニコニコ動画など、
ありとあらゆる媒体を活用して情報発信を致します。

-----【情報発信を行うメディアツール一覧】-------------------

■ウェブサイト
言論NPO:http://www.genron-npo.net/
東京-北京フォーラム公式サイト:http://tokyo-beijingforum.net/


■Twitter
アカウント:http://twitter.com/genronnpo
ハッシュタグ:#tbf2010


■メールマガジン
定期的に情報発信を行なっております。
http://www.genron-npo.net/join/mailmagazine.html


■YouTube
言論チャンネル:http://www.youtube.com/user/genron


■ニコニコ動画
以下の会議に限り、生中継を行ないます。
コメントの入力はできませんので予めご了承下さい。

30日
全体会議:http://live.nicovideo.jp/gate/lv25232697
分科会(メディア対話):http://live.nicovideo.jp/gate/lv25232932
分科会(政治対話):http://live.nicovideo.jp/gate/lv25232852

31日
全体会議:http://live.nicovideo.jp/gate/lv25233136
記者会見:http://live.nicovideo.jp/gate/lv25233136

------------------------------------------------------------


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


───────────────────────────────────

言論NPOでは、今後もメールマガジンを通じて、強い民主主義をつくってい
くための様々な議論や、皆さまからのご意見などを配信していきます。

言論NPOへのメッセージはこちらから
 http://www.genron-npo.net/contact.html

───────────────────────────────────
【ご寄付・ご協力のお願い】

言論NPOの活動は皆さまからのサポートで成り立っています。
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

▼会員募集中!詳細はこちらから。
 http://www.genron-npo.net/join/member.html

▼寄付・協賛などのご協力をお待ちしております。
 http://www.genron-npo.net/join/donation.html

▼現在、編集ボランティアも募集中です。
 http://www.genron-npo.net/join/volunteer.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者 (認定)特定非営利活動法人 言論NPO 代表 工藤泰志
URL http://www.genron-npo.net
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-20-7 電話: 03-3548-0511
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る