メールマガジン

言論スタジオ「COP17で問われる課題とは何か」報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 言論NPO メールマガジン
■■■■ 2011年11月24日
■■■■ 発行:認定NPO法人言論NPO<http://www.genron-npo.net/>

【Topics】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 言論スタジオ「COP17で問われる課題とは何か」報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いつも言論NPOの活動にご理解とご協力を賜わり、誠にありがとうございま
す。言論NPOの事務局です。


さて、昨日の11月23日(水)、南アフリカで開催されるCOP17に参加予定の
蟹江憲史氏(東京工業大学大学院社会理工学研究科准教授)、高村ゆかり氏
(名古屋大学大学院環境学研究科教授)と、評価でお世話になっている松下和
夫氏(京都大学大学院地球環境学堂教授)をゲストにお招きし、「COP17で
問われる課題とは何か」をテーマに議論を行いました。

今回は、議論の報告を掲載いたします。ご一読いただき、ご意見、ご感想をお
寄せいただければ幸いです。


※なお、今回の議論に先立ち事前アンケートを行いました。ご回答いただいた
皆さまありがとうございました。結果につきましては、下記からご覧いただけ
ます。
 http://www.genron-npo.net/future/genre/cat200/cop17-2.html


▼当日の動画全編は下記のURLからご覧いただけます
 http://www.ustream.tv/recorded/18694832


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 言論スタジオ「COP17で問われる課題とは何か」報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月23日の言論スタジオでは、蟹江憲史氏(東京工業大学大学院社会理工学研
究科准教授、高村ゆかり氏(名古屋大学大学院環境学研究科教授)、松下和夫
氏(京都大学大学院地球環境学堂教授)をゲストに招き、「COP17で問われ
る課題とは何か」をテーマに議論が行われました。


冒頭で代表工藤は、「11月28日から南アフリカのダーバンで気候変動枠組条約
の第17回締約国会議「COP17」」が開かれるが、言論NPOが事前に実施し
たアンケートでは、このCOP17自体をよく知らないという方が多い。改めて、
この会議の行方を踏まえて、京都議定書以後の新しい枠組みと地球温暖化対策
について話し合いたい」と述べ、①地球温暖化対策の現状とCOP17の位置づ
け、②温暖化対策の今後の課題について議論が進められました。

第一の点について、まず、松下氏は地球温暖化をめぐる国際交渉を振り返り、
「現在最大の問題は、京都議定書の第一約束期間が終了する2012年以降の国際
的枠組みをどうするかということ」であり、「本来は2009年のCOP15におい
て新しい枠組みが出来るはずだった」とその経緯を説明。「今回のCOP17で
その新しい枠組みを合意できないと、2013年以降に空白期間ができてしまう」
とし、また、高村氏も「今回のダーバンでの会議が京都議定書後の空白ができ
るかできないかの大きな分かれ目」と述べて、温暖化交渉においてCOP17が
非常に大きな意味を持っていることを指摘しました。また、開催を直前に控え
た各国の気運について、三氏は、京都議定書の延長や全ての主要国が入った新
しい一つの枠組みづくりに向けた交渉とそれまでの間の京都議定書の暫定的な
延長などの動きはあるものの、「新興国の台頭はもちろん、途上国の中でも意
見が分かれるなど、国際的な政治力学が変化している」(高村氏)、「欧州経
済危機や日本の震災復興に追われ、温暖化対策の政治的な位置づけが低下して
いる」(蟹江氏)といった理由で、合意に向けた情勢は極めて厳しいとの見方
を示しました。さらに、松下氏は環境政策についての日本のスタンスについて
触れ、「民主党政権は、マニフェストで「2020年までに温室効果ガス排出量90
年比25%減」という意欲的な目標を掲げたにも関わらず、それを裏付ける国内
政策が実施されていないために、それが国際交渉の場で生かされていないのが
現状」と問題点を指摘し、蟹江氏はさらに「外交交渉での政府の発言や対応も
政権交代以後も変化はなく,環境重視という政府の立場は本音と建て前なのか
国際交渉に連動していない」と語りました。

今後の課題については、蟹江氏は「近年注目を集める「グリーン・エコノミー」
もそうだが、温暖化対策は、エネルギー政策と表裏一体。二つをもっとリンク
させながら考えていくべき」と指摘、高村氏も「新興国の中ではエネルギー効
率を高めるための再生可能エネルギーの導入など、エネルギー問題に関心が高
まっており、そこをいかに捉えて新興国をこうした取り組みにいざなうかが課
題」としました。高村氏はまた、日本政府のエネルギー政策がたしかに原子力
発電による電力供給を前提としていたとしつつも、「需要側の対応はまだまだ
可能だ」と強調。「あたかもすべて一から考えなおそうというのではなく、再
生可能エネルギーの拡大や省エネなど、私たちができることを積極的に実施す
べき」と述べました。

最後に蟹江氏は、「温暖化はいま、私たちが直面している喫緊のアジェンダ。
今対応しなければ大変な結果になることを再認識し、そのために何をしなけれ
ばならないのかを改めて考えるべき」と述べ、3氏ともに、COP17の交渉に
おいて政府が合意のために巧みに落とし所を見つけることに期待感を示しまし
た。


▼事前アンケートの結果はこちらから
 http://www.genron-npo.net/future/genre/cat200/cop17-2.html

▼当日の動画全編は下記のURLからご覧いただけます
 http://www.ustream.tv/recorded/18694832


===================================
◆◇◆ フィードバック ◆◇◆
 今後の議論、情報発信の参考にさせていただきますので、下記のカッコ内に
"○"ご記入いただき、ご返信いただければと思います。

◆今回の内容は参考になりましたか。
・とても参考になった ( )
・まあ参考になった  ( )
・参考にならなかった ( )

◆この記事は...
・ぜひ読むべき  ( )
・読んだ方がよい ( )
・どちらでもよい ( )

◆ご発言もお待ちしております。
≪発言方法≫
Twitter(#GenronNPO)やメール(info@genron-npo.net)、あるいはウェブサ
イトのお問い合わせフォーム(http://www.genron-npo.net/contact.html)、
各記事の下にある、Facebookなどのコメント欄からご意見をお寄せ下さい。
いただいたご意見等は、言論NPOのホームページなどに掲載させていただき
ます。

※なお、メール、またはお問い合わせフォームでご意見をいただく場合、
お名前の公表の可否に○をご記入いただき、お名前の公開が可能な方は合わせ
てお名前もご記入ください。お名前の無い皆さまは、匿名とさせていただきます。

【本発言の公開の可否】 可能( )/不可( )
【お名前の公開が可能な場合ご記入ください】 お名前(         )


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者 (認定)特定非営利活動法人 言論NPO事務局
URL http://www.genron-npo.net
Mail info@genron-npo.net
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-20-7
電話 03-3548-0511  FAX 03-3548-0512
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る