メールマガジン

「第6回日韓未来対話」は全てのプログラムを終了し、閉幕しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 言論NPO メールマガジン
■■■■ 2018年6月24日
■■■■ 発行:認定NPO法人言論NPO<http://www.genron-npo.net/>


【Topics】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「第6回日韓未来対話」は全てのプログラムを終了し、閉幕しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素より言論NPOの活動に格別のご理解を賜り、厚くお礼申
し上 げます。

さて、6月22日にソウルで開幕した「第6回日韓未来対話」は、
23日の3つのセッションからなる非公開対話を終え、閉幕しま
した。

2日目の23日は、午前10時から非公開で3セッションの対話が
行われ、日韓間での信頼醸成の構築に向けた方法、朝鮮半島の
将来、そして民主主義や自由といった規範が不安定化する中、
日韓両国はどのような協力ができるのか、本音ベースの活発な
議論が行われました。

2日間にわたって行われた対話を振り返った工藤は、今回の対
話を通じて、北東アジアで共存しながら、新しい秩序を作ると
いう新しいチャレンジが始まっている。今後、日韓が協力して、
この日韓未来対話という舞台を世界を代表する対話の場にした
い」と、参加者の前で将来への抱負と意欲を述べ、2日間にわ
たって行われたソウルでの「第6回日韓未来対話」は幕を閉じ
ました。

その後、今回の対話を振り返り、日本側参加者4名の座談会を
行い、今回の対話を振り返ると同時に、今後の未来対話にかけ
るエールを語ってもらいました。


▼非公対話第1セッション:日韓間の信頼をどう構築するか
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6951.html

▼非公開対話第2セッション:朝鮮半島の未来と日韓協力
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6952.html

▼非公開対話第3セッション:リベラル秩序や民主主義の促進に日韓は協力できるか
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6953.html
 
▼座談会「アジアの新しい姿、そして平和で安定的な姿に向けて日韓両国は何ができるか」
 ~「第6回日韓未来対話を終えて」~
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6954.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     「第6回日韓未来対話」開幕
?北東アジアの平和構築と日韓関係の行方にむけて、
        日韓両国の識者20人は何を語ったか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の対話は、歴史的な米朝首脳会談終了後、日韓両国で初め
て行われる民間のハイレベルな対話で、外交、安全保障の専門
家や、政治家、メディア関係者ら20氏が参加し、100人を超える
聴衆が議論に耳を傾けました。

日韓未来対話の特徴である公開対話や世論調査の動向にこだわ
る理由として、代表の工藤は「多くの市民が当者として自らそ
の改善に取り組まない限り、日韓両国の未来は描けないからだ」
と語ります。
そして、南北首脳会談、米朝首脳会談を経て、歴史的な局面で
開催される今回の対話について、「北東アジアに平和な未来を
作り出すためにも民間にいる私たちも議論を開始したい。その
議論を通じて、皆さんも日韓関係の未来を考えてもらう契機に
してほしい」と抱負を語り、6回目の「日韓未来対話」は幕を
開けました


▼第1セッション:
 2018年日韓共同世論調査結果に基づく日韓国民の外交政策に関する意識の動向
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6947.html

▼第2セッション:米朝会談の評価と朝鮮半島の今後を考える
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6948.html

▼レセプション報告
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6949.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   「第6回日韓共同世論調査結果」公表
 ~日韓両国民は北東アジアの平和や朝鮮半島の未来、
   日韓関係の行方をどのように考えているのか~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

て、言論NPOは6月18日、6回目となる「日
韓共同世論調査結果」をソウルで記者会見を行い
公表しました。
調査結果から、韓国人では、非核化や北朝鮮との
関係改善が進むと考えており、朝鮮半島の「統一」
を希望する人が多い一方、日本人は非核化の実現
や朝鮮半島の安定に懐疑的で、朝鮮半島の将来に
関しても大きな変化を想像できていないなど、北
朝鮮の核問題解決や朝鮮半島の未来で日韓両国民
の認識に大きな差があることが明らかになりました。

また、日韓関係に関しては、韓国人の日本に対す
る印象は引き続き改善しているものの、日本人に
は堅調な改善傾向が見られません。
これに対して、現状の日韓関係を「悪い」と見る
人は日韓両国で減少しています。ただし、「良い」
と見る人は1割にも満たず、好転したわけではあ
りません。


▼詳細な調査結果はこちらからご覧ください
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6941.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【座談会】
 「第6回日韓共同世論調査結果をどう読み解くか」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言論NPOは6月22日の「第6回日韓未来対話」を前に、
5月に実施した「第6回日韓共同世論調査」の結果を公
表しました。
南北、米朝の対話が進む中、北朝鮮の非核化の成否と朝
鮮半島の将来、さらにはその中で日韓関係が持つ意味を、
両国の国民はどう考えているのか。
調査結果からは、様々な興味深い傾向が明らかになりま
した。今回の結果をどう読み解けばいいのか、3人の専
門家を招いて議論しました。


【座談会概要】
テーマ:第6回日韓共同世論調査の結果をどう読み解くか
参加者:奥薗秀樹(静岡県立大学国際関係学研究科准教授)
    澤田克己(毎日新聞外信部長)
    西野純也(慶應義塾大学法学部政治学科教授)
司会者:工藤泰志(言論NPO代表)


▼議論の内容はこちらからご覧ください
 http://www.genron-npo.net/studio/2018/06/post_75.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  言論NPOは、FacebookやTwitterでも情報を発信しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言論NPOではFacebookやTwitterを使った情報発信を積極的に行っています。
また代表工藤も発信しております。お気軽に『コメント』などお寄せ下さい。
また、『いいね!』『フォロー』『シェア』『リツイート』大歓迎です!

▼代表・工藤のFacebookページはこちら
 http://www.facebook.com/kudo.yasushi
▼代表・工藤のTwitterはこちら
 https://twitter.com/yasushi_kudo
▼言論NPOのFacebookページはこちら
 http://www.facebook.com/GenronNPO
▼言論NPOのTwitterはこちら
 https://twitter.com/GenronNPO

────────────────────────────────
 + 特定非営利活動法人 言論NPO 事務局
 + Tel/Fax  03-6262-8772/03-6262-8773
 + URL  http://www.genron-npo.net/
 + Email info@genron-npo.net
 + Address 東京都中央区湊1丁目1-12 HSB鐵砲洲4階
────────────────────────────────

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る