メディア掲載

【東京新聞】 政策実現「不十分」21世紀臨調 マニフェスト検証大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

2004/05/13 東京新聞

p040513_tokyo1.jpg

「経済・労働界の有志や学識者らで組織する「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)は12日午後、都内のホテルで、昨秋の衆院選で各党が掲げたマニフェスト(政権公約)の達成状況を評価する「政権公約検証大会」の第1回大会を開いた。各界の8団体が公表した独自基準による評価では、与党に対し「実現度は不十分」などと厳しい評価が相次いだ。

経済同友会は公約の進捗状況について「0-5までの評価で、自民3、公明2」と指摘。個別政策では、自民党の道路公団改革について「法案内容が民営化推進委員会の意見書に反する」」と評価ゼロとした。

一方、民間シンクタンクの「構想日本」は公約の実現率について「自民10%、公明17%」、言論NPOは全体評価として「100点満点で自民36.1点、公明31.9点」などと、辛口の採点をつけた。

その理由として、両団体は「『抜本的改革』など内容が抽象的」「将来に向けた数値目標が掲げられても、その過程でどこまで達成するかがあいまい」などと指摘。参院選に向け、マニフェストを作りなおすよう求める声が相次いだ。

大会には、自民、公明、民主3党の政調会長も招かれ、各団体は参院選に向け、マニフェスト配布の規制を緩和する公選法改正を求めた。

公明党の北側一雄、民主党の枝野幸男両氏は前向きな考えを示したが、自民党の額賀福志朗氏は「各党間で協議したい」と述べるにとどめた。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る