日本の課題を考える

9党政調会長にマニフェストを問う「結局、何を約束するのですか」
【民主党:城島光力政策調査会長代理】

このエントリーをはてなブックマークに追加
 言論NPOでは、今回の選挙で国民に対し説明するべき政策は何か、各党のマニフェストの真意に迫るため、代表工藤が民主党の政策調査会長代理の城島光力氏にインタビューを行ないました。
 その模様を原則未編集で公開いたします。参議院選挙まで残り1週間。投票の一つの判断材料としてご覧いただければ幸いです。

⇒ 文章版はこちら (動画を編集しています)

民主党 城島光力政策調査会長代理

(1)

衆院選で掲げた16.8兆円の公約は生きているのか

 政調の廃止と、復活した新しい政調に期待されていることとは何か。また、昨年の衆院選と参院選のマニフェストの相違いについて、工藤が迫ります。


(2)

衆院選マニフェストの路線は継続するのか

 衆院選マニフェストの実現、菅新政権で示された「強い財政、強い経済、強い社会保障」。これらを実現するための財源をどうするのか。民主党のマニフェストを問いただします。


(3)

社会保障の財源をどう捻出するのか

 社会保障の財源、特に基礎年金の2分の1の国庫負担の実現に向けた財源をどのように確保するのか。工藤が迫ります


(4)

若い世代への利益を守るつもりがあるか

 社会保障、特に年金政策において、25年度を目標にして年金の抜本改革を掲げるが、それまでの間、将来世代に付けがどんどん回るという構造をどうするのか。工藤が年金制度の問題の本質について、質問します。


(5)

マニフェストの変更には説明責任が伴う

 マニフェストから読み取れるアジェンダと、民主党が主張するアジェンダとの違いについて、工藤が国民への説明責任を求めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「日本の課題を考える」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る