日本の将来を提言する

安倍政権4年実績評価 専門家コメント【経済再生】

このエントリーをはてなブックマークに追加

私も評価に協力しました

菅原淳一
みずほ総合研究所株式会社

「三本の矢」によって10年間の平均で名目3%、実質2%程度の経済成長を達成し、雇用、所得の拡大を目指す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

物価安定目標2%の早期達成に向け、大胆な金融政策を引き続き推進する


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

より弾力的かつ効果的な経済財政の運営を推進し、機動的な政策対応を行い、経済再生に向けて万全を期す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

経済再生と財政再建を両立させながら、雇用や所得の増加を伴う経済好循環のさらなる拡大を目指す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

同一労働・同一賃金の実現により、正規・非正規の格差を是正する


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

働き方改革実行計画を今年度内にまとめる


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の早期発効


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
当初見込みより遅れたものの、2016年内に国会承認まで実現したことは高く評価。早期発効は困難とみられるが、米国への働きかけ、他のメガFTA交渉推進等により、発効への努力継続が期待される。

国家戦略特区のさらなる制度拡充を図る


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

2015年度から、より広く負担を分かち合う構造に改革することにより恒久財源を確保したうえで法人実効税率の引き下げに着手し、数年で20%台まで引き下げることを目指す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

第5期科学技術基本計画に基づき、「超スマート社会」の実現に向けた科学技術革新を推進するとともに、その裏付けとなる政府研究開発投資の抜本的拡充(5年間総額26兆円)の実現を目指す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

訪日外国人2020年4000万人、旅行消費額8兆円を目指す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

2020年までにあらゆる分野で女性が指導的地位に占める割合を30%以上にする目標を実現する


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

日中韓自由貿易協定(FTA)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などのアジア太平洋における広域経済連携の取り組みや、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)などを通じた自由貿易を促進する


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
いずれの交渉も、当初期待された合意期限よりも大幅に遅れている。特に、日EU・EPA交渉が年内に合意できなかったのは、日本でのTPP国会承認が遅れたことが大きく影響している。日EU・EPA交渉の2017年早期の大筋(大枠)合意、RCEP交渉の2017年中の可能な限り早期の合意が期待される。
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む

国内総生産(GDP)600兆円の実現を目指す


点数
5点満点

評価理由に関するコメント
菅原淳一氏
-
 -
≫≫この項目に対する言論NPOの評価結果を読む




評価コメントは以下の基準で執筆いただきました

・すでに断念したが、国民に理由を説明している
1点
・目標達成は困難な状況
2点
・目標を達成できるか現時点では判断できない
3点
・実現はしていないが、目標達成の方向
4点
・4年間で実現した
5点

※ただし、国民への説明がなされていない場合は-1点となる

新しい課題について

3点

新しい課題に対する政策を打ち出し、その新しい政策が日本が直面する課題に見合っているものであり、かつ、目的や目標、政策手段が整理されているもの。または、政策体系が揃っていなくても今後、政策体系を確定するためのプロセスが描かれているもの。これらについて説明がなされているもの
(目標も政策体系が全くないものは-1点)
(現在の課題として適切でなく、政策を打ち出した理由を説明していない-2点)

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「日本の将来を提言する」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 民主主義という問題に真剣に向かい合うきっかけに ~トランプタワー前からの報告~
  2. 不安定化する北東アジアでの民間外交の重要性 ~代表の工藤が笹川平和財団米国で講演~
  3. リベラルな国際秩序と民主主義を守るため日本が主導的役割を~米新政府関係者、有識者との協議~
  4. 専門家23名は安倍政権の4年をどう見たのか ー6分野の評価コメントを公開します
  5. 有識者208人が見た安倍政権4年の評価-~「首相としての資質」は5点満点で2.9点、「主要政策課題39項目の実績」は5点満点で平均2.59点~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る