日本の将来を提言する

[経済・労働市場]カテゴリーの最新記事

2015/12/26 [ 経済・労働市場安倍政権3年(2015年) 政権実績評価 経済政策 ]

安倍政権3年の11政策分野の実績評価【経済再生】

TPP合意などを実現したが、「三本の矢」の目標は未達の公算大、 経済の好循環は不十分 【経済再生】評価の視点 2.8点(5点満点) 昨年:2.8点 ...


2015/12/15 [ 経済・労働市場経済政策 ]

アベノミクスで日本経済は再生したのか ―安倍政権3年の実績評価

小幡績(慶應義塾大学総合政策学部准教授) 内田和人(三菱東京UFJ銀行執行役員) 早川英男(富士通総研エグゼクティブ・フェロー) 湯元健治(日本総合研究所副理事長) 司会:工藤泰志(言論NPO代表)  12月26日、安倍政権が発足3年を迎えるにあたり、言論NP...


2015/10/18 [ 経済・労働市場経済・労働市場 経済政策 ]

今、アベノミクスに何が問われているのか

9月24日、自民党総裁に無投票再選された安倍首相は、記者会見で「アベノミクス、いよいよ第2ステージへ」と銘打った政策所見を発表しました。そこで、9月28日収録の言論スタジオでは、法政大学経済学部教授の小黒一正氏、慶応大学特任教授で、日本経済研究センター研究顧...


経済・労働市場に関する記事をテーマ別に見る

初めての方へ

「日本の将来を提言する」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 訪米を終えて ~アメリカで実感した民主主義の力~(工藤ブログ)
  2. 【座談会】アメリカ、ドイツ、中国、インドネシア4カ国、有識者約100氏との対話を振り返って―言論NPOのミッションへの共感と対話の基盤ができた1カ月間の旅-
  3. 【座談会】「トランプ政権と北朝鮮問題」~もはや核開発阻止は無理、米国が目標を変えたとき何が起こる?~
  4. 【座談会】「トランプ政権100日の評価」~行動が予測できない"危険な"大統領~
  5. 世界25ヵ国の頭脳が評価した「国際協調進展の通信簿」最優先課題はテロとの戦いと国際的な武力衝突の防止~CoCレポートカード総論~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る