プレスリリース

今回の選挙は「有権者主体の政治」を実現するためのスタートに! ―言論NPOは、有権者が投票判断するための政党や政治家の政策評価を選挙中に公開します

このエントリーをはてなブックマークに追加

 言論NPOは、「私たちは政治家に白紙委任はしない」キャンペーンに加え、  マニフェスト評価など、いよいよ第2弾の取り組みを開始します。


 認定NPO法人 言論NPO(東京都中央区日本橋、代表:工藤泰志)は、有権者が変わらなければ日本の政治は変わらないと考え、先の9月より、第1弾として「私たちは政治家に白紙委任はしない」というキャンペーン・メッセージを広く有権者に提案してきました。このたび、次の働きかけとして、今回の衆院総選挙を「有権者主体の政治」実現へのスタートにすべく、今後約1か月の間に、以下の取り組みを行っていきます。

 今回の衆院選は、政党が乱立し、課題解決に向けての政策論争が見込めず、まさに、有権者側に賢い判断と選択が問われています。どの党に、また誰に投票するか判断基準に迷う有権者が、自ら考え、選んで投票する際の判断材料となるよう、言論NPOは有権者側に立った政策評価結果などを積極的に発信していきます。

有権者が投票判断するための「政党や政治家の政策評価」への取り組み

  • 言論NPOは、民主党政権の実績評価と最新の各党マニフェスト評価を行い、今回の選挙の争点を明らかにしたのち、言論NPOホームページ上で評価結果を公開します。
  • 言論NPOは、公開された各党マニフェスト評価結果について、専門家や有識者を招き「言論スタジオ」で徹底討論します。
  • 言論NPOは、政策課題ごとに、マニフェスト評価にかかわった専門家を招き「言論スタジオ」で詳細にわたり解説します。
  • 政党政治が機能しない中、言論NPOは、政治家に政策課題についての見解を政治家に直接問いただし、その回答結果を言論NPOホームページ上で選挙区ごとに公開します。

 「私たちは政治家に白紙委任はしない」キャンペーン・メッセージには、本日までに1,070名を超える賛同が集まっています。今後も、言論NPOは、日本の民主主義を立て直すために、「有権者の覚悟と参加」を求める取り組みとして、「政治家にお任せしたり、安易に期待したりしない」という有権者の強い覚悟を、選挙立候補者に示すためにも、衆院選挙投票日までに、このメッセージへの賛同者を100万人集めることをめざしています。賛同方法は、キャンペーン特別サイトのほか、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアからも可能です。(#ノーモア白紙委任でツイートをお願いします。)

 なお、言論NPOは、来る11月29日(木)に設立11周年パーティーである「言論NPOと次の日本を語る会」を開催するなど、本会参加者をはじめ言論NPOへの活動参加者を募集しています。概要および参加申込み方法は下記をご参照ください。

言論NPO設立11周年パーティー

 「言論NPOと次の日本を語る会」   お申込み詳細は こちら をご参照ください

■日 時: 2012年11月29日(木) 18:00~20:30(開場:17:30~)
■会 場: 霞山会館 「霞山の間」
      (東京都千代田区霞が関3-2-1霞が関コモンゲート西館37 階 TEL:03-3581-0401)
■参加費: 10,000円
■定 員: 200名
■内 容: 【第一部】18:00~18:30 オープンディスカッション「私たちは政治家に白紙委任はしない」
       発言者 : 増田寛也 (野村総合研究所顧問)
            宮本雄二 (宮本アジア研究所代表)
            武藤敏郎 (大和総研理事長)   他
       司 会 : 工藤泰志 (言論NPO代表)
      【第二部】18:30~20:30 言論NPOと次の日本を語る会 (立食パーティー)


【言論NPOとは】

 言論NPOは、2001年に設立された、有権者側に立つ、独立、中立、非営利のシンクタンクです。言論NPOは、議論の力で、「強い民主主義」と「強い市民社会」をつくり出すことをめざしています。それは、有権者が主体となる民主主義であり、多くの有権者が当事者意識を持って社会に参加する強い市民社会です。

 そのために、言論NPOは、有権者が政治や政策を判断し、民主政治を機能させるために質の高い議論づくりや政策評価に取り組んでいます。また、民間外交を担うトラック2として、アジアや世界に議論や対話の舞台を広げています。そして、国際的なネットワークで世界につながり、日本の考えを世界に発信するために、500人を超すオピニオンリーダーが参加し、健全な議論づくりに取り組んでいます。

【ご取材について】

 本件および取材に関しては、言論NPO(吉崎・高橋)までお問い合わせください。代表工藤のインタビューや取材のご要請がございましたら、積極的に対応させていただきます。

【お問合せ先】

認定NPO法人言論NPO事務局(担当:吉崎・高橋)
MAIL:info@genron-npo.net  TEL:03-6262-8772  FAX:03-6262-8773 

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 「第7回日韓共同世論調査」結果公表 ~日韓両国民は現在の日韓関係をどう見たか~
  2. 【座談会】「第7回日韓共同世論調査」の結果をどう読み解くか
  3. 【主要各紙】「第7回日韓共同世論調査結果」関連記事
  4. 「第7回日韓共同世論調査」記者会見 報告
  5. 「グローバルイシューに対する国際協調進展」言論NPOの評価を公表

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る