世界の課題に挑む

世界の視点:新アメリカ大統領と国際協力

このエントリーをはてなブックマークに追加
 下記コメントは、世界23カ国のトップシンクタンクの代表者にアメリカ大統領選の結果についての意見として、アメリカ外交問題評議会(CFR)のホームページに掲載されたものです。原文はこちら

161116_kudo.jpg

世界の視点:新アメリカ大統領と国際協力

言論NPO代表 工藤泰志

 トランプ新大統領の下でも、アメリカは従来通り、自由と民主主義の理念を堅持し、世界の課題についてリーダーシップを持って取り組むべきである。今回の大統領選挙戦では、トランプ氏から内向きで排他的、保護主義的発言が散見された。こうしたスタンスを実際に進めるのであれば、国際秩序はさらに大きく不安定化するだろう。戦後、アメリカを中心として形成された世界の経済、安全保障のシステムは、アメリカ自身もその利益を享受してきたことを理解すべきだ。

 アメリカの指導力は、これまでもそして今後も、世界的課題の解決のために重要である。そしてその場合、日本や韓国といった同盟国との密接な協力関係が不可欠であり、新政権は過去築き上げた同盟関係に傷をつけてはならない。むしろ、共に経済、安全保障を中心としたイシューを解決するパートナーとして今後も強力なパートナーシップを維持するよう努めなければならない。

 私たちが実施した、日米中韓4カ国の共同世論調査(2015)でも、日本人の8割が米国を世界的規模の課題を解決するために責任ある行動をとると期待している。特に、北東アジア地域において、喫緊の課題の一つは北朝鮮の核問題である。アメリカは、日韓と協力し、対話の場に中国も巻き込みながら最後まで平和裏に進めることによって解決策を見出さないといけない。また、保護主義への誘惑を絶ち、国際貿易の自由化への展開を進めなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る