世界の課題に挑む

自由と民主主義を基調とする国際秩序は今後も変わらない / 田中明彦(東京大学東洋文化研究所教授)

このエントリーをはてなブックマークに追加

160210_tanaka.jpg田中明彦
(東京大学東洋文化研究所教授)


G7各国には国際秩序を望ましい方向に持っていく責務がある

 世界最大の国であるアメリカで、新しい政権が誕生し、これからアメリカが世界の中でどのような行動をとっていくのか、ということをアメリカ自身がこれから決める段階に入っている時期だと思います。そうした秩序が不安な中で、アメリカを含めた世界の先進国は、国際秩序を望ましい方向に持っていくという責務があると思います。その責務を果たすために、どういう方向性に持っていかなければいけないかという方向性を考え、示すことがG7のプロセスだと思います。

 ですから、アメリカの新政権ができて初めて行われる5月のG7に向けて、G7にブラジル、インド、インドネシアを加えた民主主義の10カ国のシンクタンクが集まり、望ましい秩序をつくるための議論を3月に行なうことは非常にタイムリーなことだと思います。


安定した政権の下、長期的な指針を強く主張できる日本に強み

 これまでの国際秩序の中で、G7が最も重視してきたのは「自由」と「民主主義」を基調とするカタカナで言えば、「リベラル・インターナショナル・オーダー(第二次大戦後の国際秩序)」というものです。この価値は今後も変わらない。ただ、いささかの調整が必要になるかもしれませんが、方向性としては、「自由」と「民主主義」という大きな方向から外れないようにするのが大事なわけです。そのための議論を進めていって、今年5月のG7に繋げていくことが大事だと思います。

 こうした議論が日本で行われることは、非常に重要だと思います。世界の先進国の中で言えば、日本は現在、比較的安定した政権の下で、短期的な政治的な利害を超えて、より長期的な指針を強く主張する立場にあるので、日本でこういう議論をすることは大変意義があると思います。

 そいういう意味で、3月4日に行われる「東京会議」には、非常に期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 座談会:中国側の意識も大きく「進化」しつつある ~日本側出席者が感じた変化とは~
  2. 「第13回 東京-北京フォーラム」の事前協議を開催~安全保障対話の常設化に向けて大きく前進~
  3. イタリアでのG7首脳会議に向けた緊急メッセージ
  4. 「東京会議」で岸田大臣が特別講演~外交政策のキーワードは「バランス」~
  5. 「ポピュリズムと民主主義の未来」~複合的な台頭の背景を徹底討論~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る