世界の課題に挑む

ワールド・アジェンダ・カウンシル(WAC)第2回会議報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2588.jpg

 言論NPOは9月12日、世界が直面するグローバルな課題の解決に向けた日本国内の議論形成、およびその解決策を東京から国際社会に発信するための有識者会議「ワールド・アジェンダ・カウンシル(WAC)」の第2回会議を開催し、WACの委員及び専門委員10名が出席しました。


IMG_2574.jpg 会議ではまず、司会を務めた言論NPO代表の工藤泰志から、「第2回東京会議」に向けた準備状況についての報告がなされました。

 そして、世界が直面するグローバルイシューや喫緊の課題について、自由や民主主義の価値を共有する主要10カ国の知識層と議論し、日本政府及びG7サミットなどに提案するという「東京会議」のミッションを改めて確認した上で、「東京会議」において議論すべき主要アジェンダや、WACとして議論し、発信すべきグローバルイシューは何か、などについて約1時間にわたって意見交換がなされました。

IMG_2600.jpg そこでは、グローバリゼーションの現状やトランプ政権とアメリカのリーダーシップ、自由貿易、多国間国際協調の行方、自由民主主義が直面している試練、既存の国際機関とグローバルガバナンスの現状、気候変動問題など様々なテーマについて問題提起がなされるなど、「東京会議」に向けて機運の高まりを感じさせる活発な議論が展開されました。

 議論を受けて最後に工藤は、「これからしっかりアジェンダを固めていきたい。2018年のG7サミット議長国であるカナダとも話をしていく」と語り、会議を締めくくりました。

 言論NPOでは、世界的な課題について今後も定期的に議論を行っていきます。


第2回WAC会議参加者


【委員】
赤阪清隆氏(公益財団法人フォーリン・プレスセンター理事長)
岡野進氏(株式会社大和総研顧問)
工藤泰志(言論NPO代表)
古城佳子氏(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授)
近藤誠一氏(近藤文化・外交研究所代表)
滝澤三郎氏(特定非営利活動法人国連UNHCR協会理事長)
藤崎一郎氏(上智大学国際関係研究所代表)

【専門委員】
内野逸勢氏(大和総研金融調査部主席研究員)
押谷仁氏(東北大学大学院医学系研究科微生物分野教授)
藤野純一氏(地球環境戦略研究機関プログラム・マネジメント・オフィス上席研究員)

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. アジアも民主主義のあり方が問われる局面に直面している~日本、インドネシア、インド、韓国等5カ国のアジアの民主主義に関する世論調査結果を公表~
  2. 民主主義は信頼を取り戻せるか ―ハッサン・ウィラユダ元外相(インドネシア)は語る
  3. 不完全なものだからこそ、民主主義を強くするための不断の努力が必要 ~「第3回アジア言論人会議」第1セッション報告~
  4. 民主主義を機能させるため、絶え間なく点検を行う仕組みづくりを ~「第3回アジア言論人会議」第2セッション報告~
  5. 「第13回 東京-北京フォーラム」の開催に向けて着々と準備が進む

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る