世界の課題に挑む

ジャーナリスト会議について

世界のジャーナリストは米大統領選とアジア、日本をどう見ているのか

『世界秩序』や『強い民主主義』への取り組みで、世界の主要なジャーナリストとの議論や連携がスタート

 アメリカ、イギリス、カナダの第一線で活躍するジャーナリストを招聘して開催された緊急討論会。議論では、アメリカの大統領選について政策論議がないまま進んでいることに懸念が示されました。また、二大政党制の限界も示されるなど活発な議論がなされた。
⇒ 第一線の海外ジャーナリストが見たアメリカ大統領選とは
〜第一セッション報告〜
 
⇒ アメリカ大統領選を踏まえ、北東アジアの平和的な発展をどう構築するか〜第二セッション報告〜

【世界のジャーナリストは「民主主義」と「言論の役割」をどう考えているのか】
デビッド・ナカムラ (米「ワシントン・ポスト」ホワイトハウス担当記者)   ⇒ こちら
デビッド・フェイス (米「ウォールストリートジャーナルアジア版」論説委員) ⇒ こちら
オレン・ドレル (米「USAトゥデイ」国際情勢担当記者)           ⇒ こちら
マイケル・デン・タント (カナダ「ポストメディアグループ」コラムニスト)  ⇒ こちら
デビッド・ムンク (英「ガーディアン」アジア太平洋地域国際ニュース編集者)  ⇒ こちら


日本と世界のジャーナリスト○人が見た「世界の中の日本」とは

日本人ジャーナリストアンケート結果分析 

  ⇒ 結果はこちら


[ジャーナリスト会議]カテゴリーの最新記事

2016/03/16 [ ジャーナリスト会議アメリカ大統領選の行方とアジアの将来(2016) ]

第一線の海外ジャーナリストが見たアメリカ大統領選とは〜第一セッション報告〜

⇒ アメリカ大統領選を踏まえ、北東アジアの平和的な発展をどう構築するか〜第二セッ...


2016/03/16 [ ジャーナリスト会議アメリカ大統領選の行方とアジアの将来(2016) ]

「アメリカ大統領選の行方とアジアの将来」レセプション報告

 3月16日、言論NPOはアメリカ、カナダ、イギリスのジャーナリスト5名を招聘し...


ジャーナリスト会議に関する記事をテーマ別に見る

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 「第14回日中共同世論調査」結果を公表しました
  2. 【座談会】「第14回日中共同世論調査をどう読み解くか」~4人の専門家と議論しながら、調査結果の背景に迫ります~
  3. 【論考】第14回日中共同世論調査の読み解き方/工藤泰志(言論NPO代表)
  4. 各分科会の内容、パネリストが決定!日中両国から徐麟国務院新聞弁公室新主任や中国の最先端のIT,ネット企業等約90氏が来日
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る