言論スタジオ

安倍政権の経済政策を評価する ~骨太の方針、成長戦略の評価とは~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年6月27日(金)
出演者:
佐々木融(JPモルガン・チェース銀行債券為替調査部長)
鈴木準(大和総研調査提言室長)
湯元健治(日本総合研究所副理事長)

司会者:
工藤泰志(言論NPO代表)


※議論内容は後日アップ予定です。
議論で使用したアンケートはこちらからご覧下さい


このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論スタジオ」とは

言論NPOでは日本が直面する様々な課題について、有権者に判断材料を提供したり、様々な情報を共有する目的で、週に1回「言論スタジオ」と題したインターネット中継による議論を行っています。
その時々の重要テーマに関する有識者を複数名お招きし、アンケートの結果を踏まえながら、課題の本質に切り込む議論を行います。動画に加え、議論の内容はテキストでも公開されメールにより約7,000人の有識者に直接届けられています。

アクセスランキング

  1. 【座談会】「トランプ政権と北朝鮮問題」もはや核開発阻止は無理、米国が目標を変えたとき何が起こる?
  2. 【言論スタジオ】自由貿易体制の行方(上)やはりトランプ氏は自由貿易体制の脅威
  3. 【言論スタジオ】自由貿易体制の行方(下)日本がリーダーシップを発揮する好機
  4. 【言論スタジオ】イタリアG7の評価とは(上)逆説!トランプ登場で活性化した問題意識
  5. 【言論スタジオ】イタリアG7の評価とは(下)市民目線で課題を把握し始めた

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る