言論外交の挑戦

2008.4.22開催 アジア戦略会議 / テーマ「グローバリズムの中で日本がいかに生き残るか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

080422アジア戦略会議
 4月22日のアジア戦略会議は、岡本行夫氏(国際問題アドバイザー、岡本アソシエイツ代表)をゲストスピーカーとして開催されました。2030年頃を展望しつつ、アジアにおいて日本がどのような存在を形成していくのか、そのための選択肢は何かという、この会議の課題設定に応じる形で、岡本氏から、グローバルな潮流の中で日本に残された選択肢についての問題提起があり、その後、出席者の間で意見交換が行われました。

岡本行夫氏スピーカー:岡本行夫氏(国際問題アドバイザー・岡本アソシエイツ代表)

 まず岡本氏は、ご自身の国際会議への参加経験などを踏まえたうえで、日本が様々な面で世界のダイナミックな動きから取り残されている現状を指摘しました。いまや、日本以外のどの国の人もが英語を用い、国と国との関係が従来の枠組みを超え、国籍も民族も関係なく優れた個人が競い合い、あるいは集っているという状況の中で、日本だけが未だに平穏無事な異なる世界に閉じこもっているという指摘です。

 その原因として、日本という国の規模が中途半端に大きく、例えば、国内マーケットがある程度の規模を保っているために、携帯電話などにみられるように、国際戦略が欠如したまま国際標準からズレていってしまうといったことが挙げられます。こうした世界とのズレは、日本のオーディエンスを消滅させ、今ではいわゆる「ジャパン・パッシング」が世界規模で起こっていると、岡本氏は述べました。

 成田空港に帰国すると妙に安堵感のある、この閉じられた世界の中で、日本は外の世界の動きに実感を持てず、そのような日本から世界の目はだんだんと離れていきます。世界が多様化し、開放系へと進み、最も優れた個人が競い合う時代に入っている中で、そこに行けないと日本は置き去りになるだろう。日本はもはや、国という枠組みを脱し、ミクロのレベルで個人や企業がそれぞれに輝いていくしかないのではないか。それが、岡本氏からなされた問題提起でした。

 しかし、マスコミは報道の優先順位を取り違えており、政治は世界に乗り遅れている日本をさらに引っ張り下していて、やろうと思えばできる当たり前のこともせず、世界の中でも奇怪な光景を示しているのが日本の現状です。そのような中で、アジアでは中国がますます関心の的となる一方で、欧米の知的コミュニティーの関心の対象からも日本ははずれてしまっています。そのような日本に問われているのは、レトリックではなく現実で勝負することであり、世界の潮流と位相がズレてしまった日本として、今後何を世界に主張し、どのような独自の居場所を探すのかを考え直すことであると、岡本氏は述べました。

会議風景


 その後、出席者の間で活発な意見交換が行われました。その中で、特に、岡本氏の提起した、個人と企業がそれぞれ輝いていくしかないとの見方に対しては、やはり、日本が国として力を発揮するにはどうすべきか、もう一度、日本の強さを見直しながら、日本のパワーを再構築すべきであるという論点が提示されました。具体的には、モノづくりの力、金融力の活用、強い財政の基盤の再構築なども挙げられました。いずれにしても、危機感があればこそパワーを発揮するはずの日本人に、危機感があまりに不足しているという点では、概ね、意見の一致がみられました。


 アジア戦略会議では今後も引き続き、アジアや世界の潮流を論じながら、その中で日本に問われる課題について、議論を発展させていきたいと考えています。

文責:インターン 高田玲子

議事録を読む(会員限定ページ)

※会員制度についてはこちらをご覧ください。


今回の出席者は以下の方々でした。(敬称略)

安斎 隆
(あんざい たかし)

セブン銀行代表取締役社長
元日本銀行理事

小島 明
(こじま あきら)

日本経済研究センター会長
日本経済新聞社顧問

篠沢 恭助
(しのざわ きょうすけ)

財団法人資本市場研究会理事長

進 和久
(しん かずひさ)

前ANA総合研究所顧問
 

千野 忠男
(ちの ただお)

野村総研顧問、元財務官

松田 学
(まつだ まなぶ)

財務省(東京医科歯科大学教授)
言論NPO理事

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 言論フォーラム「北朝鮮問題と日米の世論-国民の声で戦争を食い止めることができるか」報告
  2. 北朝鮮問題の解決を日米の両国民はどう考えているのか ー言論NPOと米・メリーランド大学の第一回日米共同世論調査
  3. 言論スタジオ「世界の自由貿易はどこに向かおうとしているのか」
  4. 言論スタジオ「COPから考える脱炭素社会」
  5. 言論スタジオ「難民問題を考える」

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る