言論外交の挑戦

日独シンポジウム レセプションパーティー 報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日独シンポジウム「戦後70年―日独がめざす平和と民主主義の新しい展望」終了後、パネリストや言論NPOの関係者が集まり、レセプションパーティーが行われました。

 冒頭、挨拶に立った工藤は、パネリストの方々にお礼を述べると共に、「会場に詰めかけた多くの聴衆から、『ドイツのパネリストから多くの示唆を得た』と満足の声が聞かれた。今後も日本とドイツの間で、課題を共有し、それを乗り越えるような対話を継続していきたい」と述べ、来年以降の対話の展開に意欲を見せました。

 次に、パネリストを代表して挨拶に立った逢沢氏は、ロヒンギャ問題を例示しながら「アジアにおいても『平和と民主主義』が問われるテーマはあるが、EUのアフリカの難民問題に対する対応と比べると出足は遅い」と述べるとともに、このテーマを継続的に議論していくことの必要性を指摘し、言論NPOの今後の取り組みに対して期待を寄せました。

 続いて、ドイツ側主催者団体を代表した、フリードリヒ・エーベルト財団東京事務所の初代の代表者であるゲプハルト・ヒールシャー氏も、平和と民主主義をテーマとした対話を行うという取り組み自体を称賛し、「言論NPOとフリードリヒ・エーベルト財団が、今後も日独の対話を継続していくことを期待する」と述べました。

 日本側主催者団体を代表して挨拶に立った、言論NPOの理事を務める田中弥生氏(独立行政法人大学評価・学位授与機構教授)は、自身の恩師であるピーター・ドラッカーの著書『経済人の終わり』を引用しつつ、「ナチスの罪を認識しながらドイツの有識者たちは沈黙していた。なぜ、ドイツはそうなったのか。それは『与えられた民主主義と、革命によって自ら獲得した民主主義』の違いが背景にある」と指摘しました。そして、21世紀の日本でも、当時のドイツと同様の現象が起こり得ると警鐘を鳴らし、民主主義を成熟化していくことの重要性を訴えました。

 最後に、大野氏は、自身の記者としての経験から、「国内問題だと思っていた課題が、実は国境を越えた世界や地域共通の課題である、ということに気づかされることは多い」とした上で、「そのような課題について、真剣に話し合う場をつくり出している言論NPOの果たす役割は大きい」と述べて、今後の取り組みに対して期待を寄せながら、レセプションを締めくくりました

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 民主主義の危機の乗り越えるための流れを作り出すスタートに ~言論NPO設立16周年記念フォーラム報告~
  2. 北朝鮮の核脅威の解決と北東アジアの平和をどう実現するのか ~「日米対話」公開フォーラム 報告~
  3. 北東アジアの平和構築に向けた多国間協議の第一歩が始まった~「日米中韓4カ国対話」公開フォーラム 報告~
  4. 今、民主主義に何が問われているのか~アドバイザリーボード公開ディスカッション報告~
  5. 言論NPO成立16周年記念パーティー報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る