言論外交の挑戦

【パネリストインタビュー】「第4回日韓未来対話」を振り返って

このエントリーをはてなブックマークに追加

「継続は力なり」を実感できる対話の舞台


山本和彦
(森ビル株式会社特別顧問)

 この日韓未来対話に、私は最初から参加させていただいて、今回が4回目になります。「継続は力なり」とよく言われますが、まさにそれを感じております。日韓関係について、最初の頃はすごくギクシャクした議論もされましたが、今では、お互いの共通の基盤に立って、なんとか良くしようじゃないか、という形で話が進んでいるような気がして、本当に良かったなと思います。

 隣同士の国なので、お互いによく対話をして、理解して、交流を深めていくということが欠かせないのだけは間違いないし、我々も実際に韓国との接点は多い。私も会社に韓国のスタッフの方がいらっしゃいますけれども、ここで議論されるような歴史問題とか、政治的な話で嫌な感じを持ったことは一度もありません。民間同士はそういう気持ちは非常に少ないのではないかと思っていますので、こういう形でどんどん交流を進めていけば、お互いの理解が深まっていくのは間違いないと思います。

 今後の言論NPOの活動に期待しております。

⇒ 藤崎一郎(上智大学国際関係研究所 代表、前駐米国大使)
⇒ 中谷元(衆議院議員、前防衛大臣)
⇒ 青木照護(日本青年会議所副会頭、株式会社ノーリツイス代表取締役社長)
⇒ 山本和彦(森ビル株式会社特別顧問)
⇒ 德地秀士(政策研究大学院大学政策研究院シニア・フェロー、元防衛審議官)
⇒ 池畑修平(NHKソウル支局長)
⇒ 金泰榮(韓国戦争記念財団理事長、第42 代国防長官)

1 2 3 4 5 6 7 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. アジアも民主主義のあり方が問われる局面に直面している~日本、インドネシア、インド、韓国等5カ国のアジアの民主主義に関する世論調査結果を公表~
  2. 民主主義は信頼を取り戻せるか ―ハッサン・ウィラユダ元外相(インドネシア)は語る
  3. 不完全なものだからこそ、民主主義を強くするための不断の努力が必要 ~「第3回アジア言論人会議」第1セッション報告~
  4. 民主主義を機能させるため、絶え間なく点検を行う仕組みづくりを ~「第3回アジア言論人会議」第2セッション報告~
  5. 「第13回 東京-北京フォーラム」の開催に向けて着々と準備が進む

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る