言論外交の挑戦

「第14回 東京-北京フォーラム」第1回幹事会 報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9278.jpg

 1月30日、都内の言論NPO事務所において、「第14回東京―北京フォーラム」に向けた第1回幹事会が開催されました。

 今回の会議には、「東京-北京フォーラム」実行委員長の明石康氏(国際文化会館理事長)、副実行委員長の木下雅之氏(三井物産顧問)、宮本雄二氏(宮本アジア研究所代表)、山口廣秀氏(日興リサーチセンター株式会社理事長)の各氏が出席しました。

IMG_9276.jpg 会議ではまず、司会を務めた言論NPO代表の工藤泰志より12月15日~17日に開催された「第13回フォーラム」に関する報告が行われました。

 その中で工藤は、本フォーラム及び、それに先駆けて公表された「第13回日中共同世論調査」が、国内外の多くのメディアによって報道され、世論や論壇に大きなインパクトを及ぼしたことや、「北京コンセンサス」を発表し、本フォーラムが日中がアジアや世界の課題に協力するための対話プラットフォームとしての本領を発揮できたことなど、様々な成果を報告しました。

 一方で工藤は、中国側についてはその運営・実行体制やパネリストの選定などで、日本側についても支援企業に対するケアや新体制となった外務省との連携、さらには資金調達などにおいて課題があったことを振り返りました。

 そうした諸課題を踏まえた上で、参加者間で意見交換が行われ、今年東京で開催される予定の「第14回フォーラム」に向けた第一歩が踏み出されました。

 フォーラムの進捗状況については、言論NPOのウェブサイトで随時お知らせしていきますので、ぜひご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 「第14回日中共同世論調査」結果を公表しました
  2. 【座談会】「第14回日中共同世論調査をどう読み解くか」~4人の専門家と議論しながら、調査結果の背景に迫ります~
  3. 【論考】第14回日中共同世論調査の読み解き方/工藤泰志(言論NPO代表)
  4. 各分科会の内容、パネリストが決定!日中両国から徐麟国務院新聞弁公室新主任や中国の最先端のIT,ネット企業等約90氏が来日
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る