言論外交の挑戦

テーマ[論考]のこれまでの記事

2013/03/10米中新体制と日本の外交の進路

2013/03/09安倍政権が目指すのは強い経済復活と現実的な外交政策

2013/03/09東アジアの安定と繁栄のために / 河合 正弘(アジア開発銀行研究所 所長)

2013/02/25日本は本当に右傾化しているのか 「リアリズム外交が試される第2次安倍政権」 / 松本健一氏(麗澤大学経済学部教授、元内閣府参与)

2013/02/09日本がめざす外交政策とは

2013/01/01言論NPO代表の工藤泰志が編集長を務める海外発信ウェブ誌「Discuss Japan」が創刊されました

2012/11/14尖閣問題について我々はどう対応すべきか

2012/10/04言論スタジオ「領土紛争の解決と日中関係の今後」報告

2012/10/01言論スタジオ「領土紛争の解決と日中関係の今後」

2004/06/10【論文】報告「大国意識なき大国」日本の実力再評価 ―その強さ・弱さの再評価―

2004/06/10【論文】横山禎徳氏 日本の「強さ・弱さ」検討のための方法論

2004/06/10【論文】福川伸次氏 日本の国力・ジャパナビリティの評価

2004/06/10【論文】寺島実郎氏 アジアの目線から日本の戦略構想の再設計を

2004/06/10【発言】白石隆氏 米「帝国」の狙いと世界の「アメリカ化」

2004/06/10【発言】ステファン・レオン氏 日本はアジア重視にパラダイムシフトを

2004/06/10【発言】周基仁氏 20年後の中国経済はパワフルに

2003/12/16 【論文】一過性ではない継続的な対話のチャンネルが必要か

2003/12/11【座談会】日中間の議論のネットワーク構築に向けて 「日中シンポジウムのアジェンダは何か」

2003/11/07【座談会】日本外交の総合戦略をどう構築するのか ―日米中三角形の中での戦略思考―

2003/11/07【座談会】北朝鮮問題が突きつけた日本のアジェンダ

2003/04/30【論文】適応か停滞か ―日本のジレンマ―

2003/04/30【座談会】イラクの戦争が日本に問いかけたものは何か

2003/04/30【アンケート】「アジア問題に関するアンケート」結果報告

2003/04/30【論文】「アジア問題に関するアンケート」分析 アジアの安全保障を再構築する

2003/04/30【論文】なぜアジア戦略の創新が必要なのか

2001/10/10【対談】今回のテロ事件に私たちはどう向かい合うか

2001/01/01【論文】テロ事件で米国が日本に期待しているもの

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 北朝鮮問題の解決を日米の両国民はどう考えているのか~言論NPOと米・メリーランド大学の第2回日米共同世論調査 ~
  2. 「日米共同世論調査をどう読み解くか」~渡辺靖・慶應義塾大学SFC教授に聞きました~
  3. 1時間後に迫った米朝会談の行方~日米共同世論調査から読み解く~
  4. 【緊急企画】フォーラム「米朝会談の結果をどう読み解くか」をインターネット中継します
  5. 言論スタジオ「米中貿易戦争と自由貿易体制の行方」

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る