【3】会員・組織運営担当メンバーシップオフィサー(契約職員)募集

【3】会員・組織運営担当メンバーシップオフィサー(契約職員)

仕事の内容

 言論NPOが進める民間外交や国際協力では、現在、3つの事業に重点的に取り組んでいます。

  • 北東アジアに持続的な平和をつくるための対話
  • グローバル課題の解決のための世界のシンクタンク会議(東京会議)
  • 民主主義の強化

【北東アジアの平和】
 言論NPOは日米同盟と軍事的な増強を続ける中国との間で対立が存在し、構造的に不安定な北東アジアそのものに、持続的な平和秩序を構築するための世界で初めての作業を始めています。これらは当団体が長年継続してきた中国との対話「東京北京フォーラム」や「日韓未来対話」、さらにはさらに様々な課題を議論する「日米対話」などの二国間対話と連動させて行っているもので、数多くの外部の有識者がこの作業に協力しているほか、大部分の対話を公開で行い、各国の世論調査などを活用して国民の声を反映させながら、取り組みを進めています。

【グローバル課題の解決】
 言論NPOが参加する世界を代表するシンクタンクと連携して、2017年3月に立ち上げたのが、「東京会議」で、この日本を舞台に世界の課題を世界10カ国の世界有数のシンクタンク代表と話し合い、それを東京から世界に提案する初めての動きです。米中間の対立が激化し、世界の自由秩序や民主主義が試練を迎える中で、言論NPOが世界の10のトップシンクタンクに呼び掛け、実現しました。ルールの基づいた自由秩序や多国間主義、さらには民主主義を守る立ち位置から、世界が直面する課題や国際秩序の不安定化、グローバルガバナンスの問題の解決に取り組み、G-7首脳会談に向けた提案を行っています。

【民主主義を強くする】
 言論NPOは議論の力で民主主義を強くすることをミッションに誕生しました。しかし現在、世界ではグローバライゼーションに伴う貧富や経済格差が拡大し、国内政策との調整が遅れ、ナショナリズムや国民の不安に迎合するポピュリズムの傾向が強まっています。そのため、アメリカやヨーロッパの有識者やジャーナリストとの民主主義に対する調査や対話を行うほか、インドネシア・フィリピン・マレーシア・インドなど、アジアの民主主義国からアジアの次世代の政治リーダーと連携し、アジアの民主主義の未来を議論する「アジア民主主義フォーラム」を運営しています。


 現在、言論NPOは、日本や世界の課題に取り組むための組織強化に取り組んでおり、私たちのミッションに共感する意欲的な人材を求めています。

 今回募集するのは、その言論NPOの会員組織の運営や、その拡大を戦略的に行っていただくための会員・組織運営担当メンバーシップオフィサーです。

 業務内容としては、会員組織の活性化に向けて、会員向けの各種業務やフォーラムの運営、および会員拡大のための取り組みや、キャンペーン展開を担当いただきます。

職種

会員・組織運営担当

仕事の内容

言論NPOの会員組織の運営やその拡大、さらには組織業務を戦略的に行っていただきます。

応募条件等

必要な業務経験・能力

必要な経験等

必要とされる資質

待遇

応募方法

・①履歴書(e-mailアドレスも記入のこと)、②職務経歴書、③志望理由書(A4用紙2枚程度)を、言論NPO事務局宛にe-mailにて送付してください。書類選考のうえ、2次選考(面接)を行ないます。それぞれの選考の結果は本人に通知します。 

e-mail送付先: recruit@genron-npo.net
*郵送での受付は行っておりませんのでご注意ください。
*志望理由書(A4用紙2枚程度)は必須応募書類です。

オフィス所在地:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-7-6 LAUNCH日本橋人形町ビル5階  <オフィス案内はこちら>

※応募書類は返却せず、採用者の情報は適切に保存、不採用者の情報は個人情報に配慮した形で破棄いたしますのでご了承ください。