民主主義を強くする

ドイツ[ 先進民主主義国との議論 ]について

民主主義を守るため日独協力の重要性で有識者と意見が一致  ~ドイツ訪問報告~


 言論NPO代表の工藤泰志は、4月25日~28日の日程でドイツを訪問しました。今回の訪問では、日本青年会議所が言論NPOとの協力で開催する「日独未来対話」へパネリストとして出席したほか、いまヨーロッパで大きく揺れ動いている民主主義や政党政治の在り方、ポピュリズムの台頭などの問題やEUそのものの未来、そして自由や民主主義を規範とした国際秩序の行方について、ドイツのシンクタンクや有識者と活発な意見交換を行いました。特に注目されたのは、今後、民主主義を守るためには、日本とドイツが協力していくことが重要だという点で、認識が一致したことです。

テーマ[ドイツ]のこれまでの記事

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る