世界の課題に挑む

コロナ禍で内向きになる世界にあえて問う
国際協調は幻想なのか?

2020年9月18日

新型コロナのパンデミックの経験では、国境を越える感染症という危機に対して国際協調の欠如が見られた。一部の学者の中では「国際協調は幻想」との意見も出ている。感染症のみならず、気候変動、国内外紛争、核不拡散、貿易・経済システム、テロ、貧困など多様なグローバル課題に国際社会は直面する中、若手を含む国内の専門家12氏は、今、世界で問われる国際協調の意味を今、どう考えているのか。

各国の対応

新型コロナ対応の半年を総括する~5カ国の専門家インタビューから見えるもの~
危機管理対応で重要なのは、政府への信頼<

2020年7月21日
世界経済のリスク

「コロナ以前」にはもう戻れない中、新たな発想が求められる

2020年7月16日
その他の記事を見る

カテゴリー

東京会議

地球規模課題の評価

新型コロナウイルス

米中対立・国際秩序

世論調査・有識者調査

G7/G20サミット

国際経済・貿易

グローバルヘルス

安全保障/核問題

気候変動/開発

難民/紛争

サイバー・AI・新技術

CoC/WAC