世界の課題に挑む

新型コロナ対応の半年を総括する~5カ国の専門家インタビューから見えるもの~
危機管理対応で重要なのは、政府への信頼

2020年7月21日

新型コロナウイルスが中国・武漢を中心に猛威を振るい始めてから約半年が経つ。この半年間、各国政府は感染を封じ込めるために、様々な手段を講じてきた。言論NPOは、対策に比較的成功したと評価れている韓国やドイツをはじめ、シガポール、アメリカ、そして日本の5ヵ国の専門家らに各国政府の危機管理対応についてどのように見るかインタビューを実施。初動対応、平時からの備え、政府のガバナンス、経済対策など様々な角度から政府の対応を分析した。見えた教訓とは何か。

世界経済のリスク

「コロナ以前」にはもう戻れない中、新たな発想が求められる

2020年7月16日
世界経済のリスク

「国際協調は必要だ」との認識で一致 ~座談会「コロナ後の国際秩序をどう見ればいいのか」

2020年7月13日
その他の記事を見る

カテゴリー

東京会議

地球規模課題の評価

新型コロナウイルス

米中対立・国際秩序

世論調査・有識者調査

G7/G20サミット

国際経済・貿易

グローバルヘルス

安全保障/核問題

気候変動/開発

難民/紛争

サイバー・AI・新技術

CoC/WAC