言論NPOとは

言論NPOとは

 言論NPOは、民間主導の中立・独立で、多くの自立した個人が参加し、国境を超えて多くの世界の知識層とも連携し議論を行う、シンクタンクです。2001年の創立以来、日本の様々な分野の第一線で活躍する人たちが横断的につながり、日本の民主主義と将来の課題に立ち向かう「言論の舞台」を提供し続けてきました。そして、世界の主要やシンクタンクや多くの知識層と連携し、世界やアジアの様々な困難に立ち向かう、新しい流れをつくりだしています。

ミッション

言論の力で、
より強い民主主義と課題に挑む日本を

世界では今、自由な経済秩序や多国間主義に基づく国際協力、さらには民主主義自体が、困難に直面しています。
そして、この日本も世界の多くの国と同じく、将来に関して多くの課題があります。
こうした困難の中で、私たちが目指しているのは、アジアの平和や、不安定化する世界の自由秩序の今後や、世界の課題に、日本がリーダーシップを持って取り組むことです。
そのためには、この国の民主主義をより強く機能させ、当事者意識を持って日本が直面する問題の解決策を競う、新しい動きをつくり出さなければなりません。
私たちが、課題に取り組む「言論の舞台」をこの日本で強く機能させたいと考えているのはそのためです。
今の日本に問われているのは、「勇気あるリベラリズム」です。日本や世界の自由と民主主義のために私たちは立ち上がり、発言や行動を行っています。

genron_2020.pngパンフレット(PDF)のダウンロードはこちら

ごあいさつ

200613_kudo.png

 私は2001年に、議論の力でこの国の閉塞した状況を変えようと、この言論NPOを立ち上げました。多くの課題が将来世代に先送りされ、既存メディアによる報道が批判のための議論に終始し、社会全体がこの国が抱えるより本質的で、長期的な課題に向き合っていないことに、危機感を覚えていたからです。
 立ち上げ以来、思いを共有する多くの方々にご参加いただきながら、言論NPOはまさにこの国とアジア、そして世界の抱える課題に真正面からぶつかってきました。
 その中で痛感したのは、世界や日本は歴史的な変化や困難に直面している、ということです。この不安定な状況は曖昧にすることは許されず、新しい仕組みに向けた努力が不可欠だ、ということです。
 私の決意は、自由や民主主義、さらには国際協調、平和はどんなことがあっても守り、むしろ発展させなくてはならない、ということです。私の言う自由とはルールや責任に基づく自由であり、私たちは自己決定できる社会こそ守るべきです。その強い思いから、私たちの取り組みは世界や、アジア、そして日本の将来に向かっています。

ごあいさつ全文はこちら


活動内容




民主主義を強くする




世界の課題に挑む




日本の課題を考える




北東アジアに平和をつくる




言論NPOの参加者

理事

アドバイザリーボード

グローバルパートナー

言論NPOの歴史
年次報告