言論スタジオ

記事一覧

日本は国際秩序の行方が不透明化する中でも、多国間主義や民主主義を世界で主導する努力を続けるべき
―言論NPOは「東京会議2020」に向け、国際秩序の議論を開始

2019年11月25日(水)
出演者:古城佳子(東京大学大学院総合文化研究科教授)
納家政嗣(上智大学国際関係研究所特任教授)
下斗米伸夫(神奈川大学特別招聘教授)
司会者:工藤泰志(言論NPO代表)

日本の民主主義診断第5弾
個人の自己決定に基づく民主社会を守るため、 デジタル社会のルールづくりを議論する局面

2019年11月14日(木)
出演者:山本龍彦(慶應義塾大学法務研究科教授)
水谷瑛嗣郎(関西大学社会学部准教授)
藤代裕之(法政大学社会学部准教授)
司会者:工藤泰志(言論NPO代表)

日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面

2019年10月16日(水)
出演者:内山融(東京大学大学院総合文化研究科教授)
中北浩爾(一橋大学大学院社会学研究科教授)
吉田徹(北海道大学大学院法学研究科教授)
司会者:工藤泰志(言論NPO代表)

初めての方へ

「言論スタジオ」とは

言論NPOでは日本が直面する様々な課題について、有権者に判断材料を提供したり、様々な情報を共有する目的で、週に1回「言論スタジオ」と題したインターネット中継による議論を行っています。
その時々の重要テーマに関する有識者を複数名お招きし、アンケートの結果を踏まえながら、課題の本質に切り込む議論を行います。動画に加え、議論の内容はテキストでも公開されメールにより約7,000人の有識者に直接届けられています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る