メディア掲載

【毎日新聞】 実行過程あいまい

このエントリーをはてなブックマークに追加

2003/12/25 毎日新聞

p031225_mainichi.jpg

04年度予算政府案を自民党のマニフェスト(政権公約)に照らすと、年金改革は抜本改革されず完全な公約違反。三位一体改革は1兆円削減は評価するが、地方の自主性を確立する道筋が見えない。道路公団改革は民主化の実質断念であり道路を造るスキームに戻った。

マニフェスト自体があいまいだった。少子高齢化が進み、右上がりの成長を前提にした制度が続けられない現状をどう認識し、克服するかビジョンが示されなかった。この結果、説明が不十分なまま国民負担を強める誌不安になった。

マニフェストの実行過程が確立していない点も問題だ。自民、公明の政策合意が抽象的で。経済財政諮問会議は形がい化している。結局、与党調整にゆだねる旧来型の政策決定が繰り返された。

国民は今回、マニフェストにないことが無責任に決められることを学習した。次の選挙では、政党は統合性あるビジョンと実行過程を示すべきだ。有権者も厳しく点検し、あいまいな党には投票すべきでない。

工藤泰志・言論NPO代表の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る