メディア掲載

【共同通信】都内で日韓未来対話 市民交流の拡大を

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/06/22 共同通信

190622_kyodo.png


<以下、全文>

都内で日韓未来対話 市民交流の拡大を

 日韓の研究者や元外交官らが懸案や解決法を話し合うフォーラム「日韓未来対話」(「言論NPO」など主催)が22日、東京都内で開かれた。政治・外交関係の一層の悪化を防ぐ「管理」を強めながら、市民の交流を拡大することが重要だとの指摘が多く出た。

 慶応大の西野純也(にしの・じゅんや)教授は日韓関係を形作る要素として1990年代以降、市民社会が占める領域が拡大し、両国民が相手側の文化を享受できるようになった一方、「政治決着」ができない状況が生まれたと指摘した。

 その上で、関係が悪化した現在のような局面では「両国の政治リーダーは日韓関係を破綻させないとの強い意志を、正確に発信する必要がある」と注文した。

 申〓(王ヘンに玉)秀(シン・ガクス)・元駐日韓国大使は、北朝鮮が完全な核廃棄を実行しない状態で米国との妥協が成立する事態が生じれば日韓両国が最大の「被害」を受けると警告、こうした状況に備えた日韓間の戦略的対話が必要だと強調した。

 元徴用工問題を巡り出席した自民党国会議員と韓国与党国会議員が応酬する場面もあった。

 日韓未来対話は2013年に始まり7回目。今年は両国関係悪化を背景に企業の資金支援が振るわず、個人寄付を募り開催が実現した。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る