世界の課題に挑む

東京を舞台に、世界の課題解決のための広範な議論を開始する

 世界が大きく変容する中、言論NPOは、自由や民主主義、国際秩序の将来、また様々なグローバルイシューについて考えるため、価値を共有するG7各国、そしてインド、ブラジルなどを加えた10カ国の世界的シンクタンクのトップを東京に集め、日本を舞台に議論を発信する「東京会議」を2017年3月に設立しました。本会議には、外交問題評議会やチャタムハウスをはじめ、欧米・アジアの10カ国より世界を代表するシンクタンクの代表者が参加しています。このG10ともいうべき代表的なシンクタンクのトップが参加しているのは、自由な世界秩序が揺らぐ中、シンクタンクが結束して、取り組む局面にあると多くの団体が判断したからです。
 同時に、私どもは、2016年にワールド・アジェンダ・スタジオ(WAS)を立ち上げ、世界的な課題について日本国内に議論の舞台をつくり、その解決に向けて日本発の解決方法を提示してきました。地球規模課題の解決や規範に基づく新しい世界秩序やグローバル・ガバナンスの再構築に挑みながら、市民社会で幅広い支持と理解を促進することを目指しています。

ただ今、言論中

ワールド・アジェンダ・スタジオ
「G7は今後も結束し、自由秩序の推進役となれるのか」

 今回のG7の議長国を務めたカナダから、駐日カナダ臨時代理大使のNadia Burger氏が、来年のG7議長国であるフランスからは、大使のLaurent Pic氏が、日本からは今回のG7でサブシェルパを務めた林禎二・外務省経済局参事官、財務省から岡村健司・国際局次長が参加し、今、G7に求められる役割は何なのか、ルールに基づいた国際秩序や多国間主義に基づく国際協力を推進していくために、どのような行動をとるべきなのかについて議論しました。            ⇒ 記事はこちら

座談会「日本の民主主義は大丈夫か」

 アジア、そして世界の民主主義は現在困難に直面しています。では、日本の民主主義はどうか。言論NPOが本日公表した世論調査結果からは、日本の民主主義もまた揺れ動く様が浮き彫りとなりました。
 では、問題はどこにあるのか、そしてそれはどうすれば立て直すことができるのか。日本の民主主義を見つめ続けてきた3氏が語り合いました。
             ⇒ 記事と動画はこちら


世界で後退する民主主義と日本人の民主主義観
  ~民主主義に関する世論調査結果を公表

 言論NPOは8月2日、2018年5月19日から6月3日にかけて実施した「日本の政治・民主主義に関する世論調査」の結果を公表しました。
 今回の調査結果から、日本の国民の3割以上が、日本の民主主義は機能していない、と考えており、現在の国会の議論の在り方、政党の機能、首相の姿勢を問う声が多くなるなど、多くの人が日本の民主主義や政治の在り方に強い疑問を持っていることが明らかになりました。    ⇒ 詳細はこちら

世界25ヵ国のシンクタンクとの共同発表
「グローバルイシューに対する国際協調進展の通信簿」

g20全体会議.jpg

「世界的な課題10分野に関する国際協力」の評価結果を公表

 5月7日(米国東部時間)、アメリカ・外交問題評議会(CFR)が主催し、世界25カ国の主要なシンクタンクが参加する国際シンクタンクネットワーク「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」は、2018年版のグローバルイシューに対する国際協調進展の通信簿(レポートカード)を発表しました。
 これに合わせて、言論NPOも評価結果を公表しました。言論NPOの2017年の国際協力全般に対する評価は、昨年同様に不十分(poor)となり1点でした。


⇒ CoCが発表した「総合評価」全文   ⇒ 言論NPOによる「総合評価」全文  ⇒ 関連記事一覧  

東京会議

世界10か国のシンクタンクの代表がG7に提案
-「自由、民主主義、多国間主義に基づく世界を目指し力を合わせるべき」

  言論NPOは3月10日、世界10か国の主要シンクタンクの代表を東京に招き、「東京会議2018」の公開セッションを開催しました。
 議論の結果、日本政府と、G7議長国のカナダ政府に提案する「G7首脳会議に向けたメッセージ」を採択。
 自由と民主主義の試練に立ち向かうため、その規範を多くの市民が支える強靭な社会を作り出す。
 世界を代表する言論人たちの強い決意を、国内外の世論に訴えました。 

今年の議論のテーマは「世界の自由と民主主義」「北朝鮮の核開発」

 米大統領が保護主義を進める一方、国際社会への発言力を強める中国では指導者が無制限の任期を得る。自由や民主主義に基づく戦後の国際秩序は、大きなチャレンジに向き合っています。こうした規範を護る立ち位置から、今ある課題にどう対応していくのか、白熱した議論が展開されました。


一方、北東アジアでは、北朝鮮を巡って南北、米朝の首脳会談が決まりました。
小野寺防衛大臣も参加し、「朝鮮半島の非核化」と「戦争の回避」という目標をどう実現するのか、話し合いました。




リベラル秩序と民主主義の先行きに対する不安の高まりが明らかに
                有識者290氏へのアンケートを実施

 「第2回東京会議」に先立ち、言論NPOに参加する有識者を対象にアンケートを実施し、290人の方々にご回答いただきました。
 その結果、多くの有識者はこの1年でリベラルな国際秩序と民主主義の先行きに不安を強めている一方、民主主義の価値を重視し、中でも市民や有権者の役割に強い期待を持っていることが明らかになりました。   ⇒ 有識者アンケート 結果はこちら

世界の課題に挑むの最新記事

2018/08/13 [ G7/G20サミットG7(カナダ) ]

緊急フォーラム「G7は今後も結束し、自由秩序の推進役となれるのか」

2018年8月9日(木) 参加者: 林禎二(外務省経済局参事官、G7日本側サブシ...


2018/08/09 [ G7/G20サミットG7(カナダ) ]

有識者調査 「G7は今後も結束し、自由秩序の推進役となれるのか」

依然、G7を重要視しする人たちが8割を超えた  中国など新興国が台頭した現在、G...


2018/08/09 [ G7/G20サミットG7(カナダ) ]

有識者調査 「G7は今後も結束し、自由秩序の推進役となれるのか」 記述回答結果

 中国など新興国が台頭した現在、G20の役割が重要視されるようになってきていま...


過去の記事一覧

カテゴリー別に記事を読む

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 北朝鮮問題の解決を日米の両国民はどう考えているのか~言論NPOと米・メリーランド大学の第2回日米共同世論調査 ~
  2. 「日米共同世論調査をどう読み解くか」~渡辺靖・慶應義塾大学SFC教授に聞きました~
  3. 1時間後に迫った米朝会談の行方~日米共同世論調査から読み解く~
  4. 【緊急企画】フォーラム「米朝会談の結果をどう読み解くか」をインターネット中継します
  5. 言論スタジオ「米中貿易戦争と自由貿易体制の行方」

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO