メディア掲載

【毎日新聞】 『ひと』 張平さん「日本のNPOと議論提携した中国日報電子版社長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005/1/23 毎日新聞

日中間の感情的対立はネットメディアで打開

p050124_mainichi.jpg

 「中日間の感情対立がなぜ起きているのかを両国の有識者が本音で議論するプラットフォーム(舞台)にしたい」

小泉純一郎首相の靖国神社参拝、東シナ海での中国の資源開発……。機微に触れる問題を日中の学者ら有識者が討論し相互理解を深める。底にネットメディアを利用した新たなアプローチができないか。そんな問題意識を、インターネットを通じ政策評価・提言している非営利組織「言論NPO」(工藤泰志代表)と共有。討論の場を設け詳細を双方のホームページで公開する?議論提携?で合意した。中国の主要メディアと日本の政策NPOという異色の組み合わせだ。

ネット版(英語と中国語)開設10年で国内外から1日550万ページ分のアクセスを誇るまでに成長させた。英国留学を経験し、中国で若手エリート留学帰国者を目指す「海亀派」。「日本は中国人の気持ちを逆なでしていると思うが、中国にどんな文句があるのかも知りたい。現状では相互理解が欠如している」。問題の根っこをこう考える。

中国で影響力が強いネットメディアの活用には利点もあるという。「最高指導者や政策立案者も民意を理解する場として重視しています」。当局の規制もかかるのでは?」との疑念には「反対は一切なかったですよ」と笑ってけむに巻いた。

キックオフは7月の北京でのシンポジウム、次は同時世論調査。「隣同士が敵同士にならないよう10年は続けたい」。息の長いチャレンジだ。


--------------------------------------------------------------------------------

○張平(ちょう・へい)
上海外国語大学卒。中国の英字新聞・中国日報外信部、上海支局などを経て95年に同社子会社チャイナデイリー・ドットコム・シーエヌ社長。40歳。
 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 参議院選挙を前に日本の政治・民主主義に関する世論調査結果を公表しました
  2. 【工藤ブログ】今回の参議院選挙で、私たちは何を政治に問わなければならないのか
  3. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 社会保障政策 ― 
  4. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 経済政策 ―
  5. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 財政政策 ―

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る