メディア掲載

【東奥日報】 閉塞感を打ち破る―未来に向けての変化を

このエントリーをはてなブックマークに追加

政治は選挙で公約した公的年金の見記録の照合すら完了できず、新しい年金の仕組みづくりも提起できていない。 要は将来世代につけを飛ばしているだけである。こうした対応を政治が続ける限り、日本のイ将来を描くことは全くできない。それが私のいう閉塞感である。
だが、全く展望はないと言えばそうではない。

2007/12/16 東奥日報 朝刊 2面 総合面

20071216_media.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 「グローバルイシューに対する国際協調進展」言論NPOの評価を公表
  2. CoCグローバルイシューについての国際協力:レポートカード2018-2019
  3. フランスでのG7首脳会議に向けたメッセージ
  4. 「第7回日韓未来対話」開催のため緊急ご寄付のお願い
  5. 我々の価値観は何か、ということを考える時期に来ている~「東京会議2019」公開フォーラム第1セッション報告~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る