メディア掲載

1月15日(日)25時20分(深夜1時20分)から、代表・工藤のドキュメンタリー番組が放送されます (TBS「報道の魂」にて)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【放送日時】1月15日(日)25時20分(深夜1時20分) から30分
【テーマ】 「言論のちから 民主主義のかたち ~ヒトラーを生まないために~」
【以下、番組ホームページより】 http://www.tbs.co.jp/houtama/

米大統領選挙で何が起きたのか?トランプ氏勝利という衝撃の結果に「民主主義の危機」を本気で憂慮する日本人がいる。
「言論NPO」代表の工藤泰志氏だ。
「"強い民主主義"をつくるためには"市民が強く"ならなければいけない」
工藤氏の持論だ。
この信念のもと、彼は15年前に「言論NPO」という非営利団体を立ち上げ、活動してきた。
民間レベルの言論外交、国政選挙時のマニフェスト評価や歴代政権の実績評価、世界20か国のシンクタンクとの交流...。
「民主主義のプラットホームを作りたい。そのための言論空間を提供したい」
加藤紘一、小林陽太郎といった政財界人に背中を押され、突っ走ってきた15年だった。
しかしここにきて、世界の民主主義が揺れている。
ポピュリズムの台頭、知識層の無力化...。トランプ氏の勝利は、まさに工藤氏が憂慮した民主主義の危機の表れだった。

「このままでは、いつかヒトラーがうまれる」
そう警告する工藤氏に密着し、民主主義の今後について考える。

ディレクター:秋山浩之(TBSテレビ)

▼番組ホームページ
 http://www.tbs.co.jp/houtama/

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 民主主義という問題に真剣に向かい合うきっかけに ~トランプタワー前からの報告~
  2. 不安定化する北東アジアでの民間外交の重要性 ~代表の工藤が笹川平和財団米国で講演~
  3. リベラルな国際秩序と民主主義を守るため日本が主導的役割を~米新政府関係者、有識者との協議~
  4. 専門家23名は安倍政権の4年をどう見たのか ー6分野の評価コメントを公開します
  5. 有識者208人が見た安倍政権4年の評価-~「首相としての資質」は5点満点で2.9点、「主要政策課題39項目の実績」は5点満点で平均2.59点~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る