「第15回東京-北京フォーラム」「第15回日中共同世論調査記者会見」(北京開催)ご取材お申し込みフォーム

非営利シンクタンク言論NPO(東京都中央区、代表:工藤泰志)は、中国国際出版集団
(総裁:杜占元)と共同で「第15回東京-北京フォーラム」を、10月26日(土)、27日(日)
の2日間の日程で、北京にて開催いたします。 また、これに先立つ10月24日(木)には北京
にて記者会見を実施し、「第15回日中共同世論調査」の結果を発表いたします。

報道関係者の皆様には、24日(木)の共同世論調査の記者会見、および26日(土)~27日(日)
の同フォーラム終了後の記者会見にご出席いただくと同時に、同フォーラムの全体会議および
全ての分科会にもご取材のためのお席を用意いたします。ぜひご出席いただきますようお願い
いたします。
つきましては、下記フォームより【10月18日(金)】までにお申込みいただければ幸いに存じます。

「第15回日中共同世論調査」発表記者会見 開催概要
=========================================================
◆開催日:2019年10月24日(木)14:00~15:00
◆会 場:RENAISSANCE BEIJING CAPITAL HOTEL  3階 富力1・2ホール
  https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/bjsbc-renaissance-beijing-capital-hotel/
◆登壇者 工藤泰志(言論NPO代表)、高岸明(中国国際出版集団副総裁) 他調整中

「第15回東京-北京フォーラム」開催概要
=========================================================
今回のフォーラムは「世界の繁栄とアジアの平和で日中が背負うべき責任」
をメインテーマとして、26日午前には「全体会議」、午後には5つの「分科会」
を開催し、27日にフォーラムの総括となる「全体会議」を行います。

◆開催日:2019年10月26日(土)〜10月27日(日)
◆会 場:RENAISSANCE BEIJING CAPITAL HOTEL  3階
     https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/bjsbc-renaissance-beijing-capital-hotel/
◆スケジュール※一部時間は変更になる可能性がございますので予めご了承ください。
10月26日(土)   9:00-12:00  全体会議
         14:00-17:30  5つの分科会 (「政治・外交」「経済」「メディア」「安全保障」「特別」)
10月27日(日)   9:00-11:30  全体会議
          11:45-12:15  記者会見

◆参加費:報道関係者の方は無料でお席をご用意いたします
     (一般参加の方の場合、参加費1万円をいただいております)
    【お振込先】
      三井住友銀行 赤坂支店 普通預金 7978550 口座名義 ゲンロンエヌピーオー
     ※日本からご取材いただく場合、航空券及びご宿泊先につきましては、各自お手配並びにご負担くださいますようお願い申し上げます。

◆各分科会テーマ
政治・外交分科会
  :アジア太平洋地域の平和と繁栄に向けた日中戦略協力
経済分科会
  :世界における開放的で自由な貿易体制の強化と多国間協力の発展に向けた日中協力
メディア分科会
  :理性的な相互認識の促進に向けた日中メディアの今日における役割と課題
安全保障分科会
  :北東アジアの安全と平和秩序を構築する日中の責任
特別分科会
  :ハイテクイノベーション及びデジタル経済の未来に向けた日中の協力  

「第15回 東京-北京フォーラム」「第15回日中共同世論調査記者会見」(北京開催)ご取材お申込フォーム

(例:言論 太郎)

(例: ゲンロン タロウ)

(半角英数文字)

(例: ○△×株式会社)

(例: ○△×部 部長)

(例: 03-662-8772)

(例: 03-662-8773)

(例:〒104-0043)

(例:東京都中央区湊1-1-12 HSB鐵砲洲4階)

10月24日(木) 日中共同世論調査記者会見(北京開催)必須

(例:1)

(例:1)

10月26~27日「第15回東京―北京フォーラム」(北京開催) 

参加費必須

10月26日(土)9:00-12:00全体会議必須

10月26日(土)14:00-17:30 分科会必須

10月27日(日)9:00-11:30 全体会議必須

10月27日(日)11:45-12:15 記者会見必須

(例:1)

(例:1)

領収書の発行(参加費を支払われる方のみ)

これはA-Form評価版です