民主主義を強くする

第4回アジア言論人会議 [ アジアの民主主義国との議論 ]について

政治リーダーが参加し、本音の議論を展開
~第4回アジア言論人会議「アジアや日本はどのような民主主義を目指すのか」~

 2018年11月22日、日本、インドネシア、フィリピン、マレーシアから次世代の政治リーダーや識者が参加し、4回目となるアジア言論人会議が開催されました。
 議論では、自国の民主主義の現状や課題、そうした課題に、自国の政治家がどのように相対し、改革していこうとしているのか、普段聞けない、各国政治家の本音が垣間見える、議論となりました。
⇒ 非公開会議報告
⇒ 「アジアの民主主義は信頼を取り戻せるのか」報告
⇒ 「アジアの民主主義が目指すべき姿とは」報告

民主主義を立て直すには何をなすべきか ~3人の識者にインタビュー~

 11月21日・22日のフォーラムに先駆けて、3人の識者に民主主義に関するインタビューを実施。
 3人に共通していたのは、民主主義の信頼が低下している一方で、その回復は可能だと考えていること、そのためには民主主義を機能させるために弛まぬ改革の実行、民主主義のメリットを打ち出していくこと、民主主義を引っ張っていくリーダーをアジアが担うべきだ、との意見でした。

2.jpg  民主主義は勝ち残れるのか
 マイケル・アブラモヴィッチ(フリーダムハウス代表)  ⇒ インタビューはこちら
2.jpg アメリカ・ファーストの民主主義を考える
 ラリー・ダイアモンド(スタンフォード大学教授)   ⇒ インタビューはこちら
2.jpg 自由、民主主義、多国間主義を守るため、アジアのリーダーシップは不可欠
 ハッサン・ウィラユダ(インドネシア元外相)     ⇒ インタビューはこちら

テーマ[第4回アジア言論人会議 ]のこれまでの記事

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 「第7回日韓共同世論調査」結果公表 ~日韓両国民は現在の日韓関係をどう見たか~
  2. 【座談会】「第7回日韓共同世論調査」の結果をどう読み解くか
  3. 【主要各紙】「第7回日韓共同世論調査結果」関連記事
  4. 「第7回日韓共同世論調査」記者会見 報告
  5. 「グローバルイシューに対する国際協調進展」言論NPOの評価を公表

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る