言論外交の挑戦

「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」の年次総会(於:ニューヨーク)報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」の年次総会(於:ニューヨーク)報告


 5月12日から2日間、アメリカ・外交問題評議会(CFR)が主催し、世界23カ国のシンクタンクが参加する国際シンクタンク会議「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」の年次総会がニューヨークで開催され、日本を代表して言論NPO代表の工藤が参加しました。

 今回の会議では、人道的介入、インターネット・ガバナンス、金融ガバナンス、グローバル・ヘルス、気候変動などが議題として取り上げられ、世界23カ国のトップシンクタンクの代表者らがこれらのグローバル・イシューについて真剣かつ活発な議論が行われました。

工藤泰志 2日間にわたる今回の会議を振り返った工藤は、グローバルイシューについて各国のシンクタンクが向かい合い、課題解決に向けて様々な取り組みを積極的に行っていることについて、「言論NPOの活動にとっても強い励みになった」と述べ、言論NPOの活動の方向性に自信を深めると同時に、国内外の課題解決に向け、今後も活動に取り組んでいく決意を語りました。

 工藤はCoC閉幕後もニューヨークにとどまり、在米のシンクタンク、財団などアメリカの有識者と意見交換を行う予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 【座談会】「トランプ政権と北朝鮮問題」もはや核開発阻止は無理、米国が目標を変えたとき何が起こる?
  2. 【言論スタジオ】自由貿易体制の行方(上)やはりトランプ氏は自由貿易体制の脅威
  3. 【言論スタジオ】自由貿易体制の行方(下)日本がリーダーシップを発揮する好機
  4. 【言論スタジオ】イタリアG7の評価とは(上)逆説!トランプ登場で活性化した問題意識
  5. 【言論スタジオ】イタリアG7の評価とは(下)市民目線で課題を把握し始めた

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る