言論外交の挑戦

「日韓未来対話」の意味とは ~第2回日韓未来対話 日韓パネリスト直撃インタビュー~

このエントリーをはてなブックマークに追加

「"日韓未来対話"の意味」
聞き手:工藤泰志(「第2回日韓未来対話」日本側主催者)


[韓国側パネリスト]  申 珏秀 (シン・ガクス)氏
(韓国国立外交院 国際法センター所長、前駐日本国大韓民国大使)



「韓日関係には国民レベルでの考え方が非常に重要」

工藤:「第2回日韓未来対話」は成功しましたか。

申: 今回の対話は、非常に良かったと思います。私は色々な議論に参加していますが、議論の仕方、また雰囲気も調子よく運営されていました。非常に集中した議論が出来たと思います。この調子で第3回対話の開催に向けて、一つのプラットフォームとして成功させてほしいです。
 韓日未来対話の目的は、やはり民間レベルでの目線で韓日関係を考えるという試みですから、そういう面では非常に活発な議論でしたし、そこに韓国の一般の方々が参加し、その中で熱意を持って韓日関係を議論でき、非常に成功したと思います。

工藤:この対話の特長である「世論調査をベースに国民目線で議論すること」が生かされました。

申: そうです。政府レベルで韓日関係を見る傾向がありますが、もともと国民レベルでの考え方が非常に重要なのです。なぜなら、民意がメディアを通じて実際の政策に反映されてこそ、民主主義国家といえます。そういう意味でこういう対話が大事だと思います。

工藤:意識をもって有権者側に立たないと、自分の考えを持たないまま政府と同じ見解を持ってしまいがちです。

申: (外交の)対応は政府が行うものだから、そういう傾向はあります。

工藤:市民や有権者がしっかり当事者意識を持たないと民主主義は強くならないということですね。

申: そうです。ですから政府と民間はお互いにいい方向に働きかけながら、いい方向に向かっていくことが大事だと思います。特に今は政府間関係が芳しくないですから、こういう対話がより重要だと思います。


1 2 3 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 1件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / 小川道雄2014年8月30日 14:27

小生、ある意味で松本健一さんの「追っかけ」です。そこから言論NPOを知り、日韓、日中世論調査に協力しました。まさしく松本さんがおっしゃるファクターを組み合わせ、東アジアの平和、友好関係を創り出し、継続・深化させていくことは世界の大問題挑戦です。成るか、混迷するか、結果はわからないが、東アジア交友の古層、歴史をかけての挑戦です。そして西欧文明、列強とは違う世界を創り出せる、われら東アジア人民にはその力があることを信じます。
今日、朝日新聞で工藤さんのこと、経歴を知りました。本心から、東京-北京フォーラムの成功を祈りますし、10月には万難を排して参加したいと思っております。

関係者の皆さん、頑張ってください。

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 公開フォーラム「深刻化するイラン情勢をどう見るか」
  2. 公開フォーラム「日本で初めて開催されたG20サミットの成果とは」
  3. 国民の6割は政党や国会などを信頼していないと回答~民主主義に関する世論調査結果を公表~
  4. 【座談会】日本の民主主義を考える~「日本の民主主義に関する世論調査結果」を踏まえながら~
  5. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 社会保障政策 ―

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る