世界の課題に挑む

アメリカ(2017年)[ カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC) ]について

世界のシンクタンクは5つのグローバル課題をどう見ているのか
                ~CoC年次総会報告~

 5月7日から3日間、アメリカ・外交問題評議会(CFR)が主催し、世界主要25カ国26団体のシンクタンクが参加するシンクタンクの国際ネットワーク「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」の第6回年次総会がワシントンD.C.で開催され、日本を代表して言論NPO代表の工藤泰志と、大和総研経済環境調査部長で言論NPO客員研究員も務める内野逸勢氏が出席しました。今年の年次総会では、「グローバルな貿易体制」、「EUの今後」、「北朝鮮の核・ミサイル」、「サイバー空間」、そして「中東安定化」という5つのグローバルイシューが議題として取り上げられ、世界のトップシンクタンクの代表者らによって活発な議論が交わされました。
      CoC年次総会報告
      言論NPOによるCoCレポートカード総論  


世界的な課題10分野に関する言論NPOの「進展度評価結果」を公表

現在、CoCのレポートカードと並び、言論NPOが世界の課題10分野をどう評価しているかを公表 しました。総合的な評価は1点で、不十分との判断です。2016年は特にリベラルな秩序や 多国間主義が大きく揺れ始めた年であると位置づけています。17年のグローバル課題で最 も関心を持っているのは「国際貿易の拡大」です。トランプ大統領の通商政策次第では、 リベラルな国際経済体制を壊しかねないと危惧を表明しています。詳細は各論をご参照く ださい。

   ⇒ CoCが発表した「総合評価」全文を読む    ⇒ 言論NPOによる「総合評価」全文を読む  


⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

テーマ[アメリカ(2017年)]のこれまでの記事

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 「第14回日中共同世論調査」結果を公表しました
  2. 【座談会】「第14回日中共同世論調査をどう読み解くか」~4人の専門家と議論しながら、調査結果の背景に迫ります~
  3. 【論考】第14回日中共同世論調査の読み解き方/工藤泰志(言論NPO代表)
  4. 各分科会の内容、パネリストが決定!日中両国から徐麟国務院新聞弁公室新主任や中国の最先端のIT,ネット企業等約90氏が来日
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る