メールマガジン

「菅政権100日評価」緊急アンケートにぜひご協力ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 言論NPO メールマガジン
■■■■ 号外 (2010年12月8日発行)
■■■■「菅政権100日評価」緊急アンケートにぜひご協力ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 〈〈 http://www.genron-npo.net/ 〉〉

日頃より言論NPOのメールマガジンをご購読いただき、ありがとうございます。
今回は皆様に緊急のアンケートにお答えいただきたくメールをお送りさせてい
ただきました。

さて、7月に行われた参院選後に民主党代表に再選された菅総理大臣は、9月
17日に第二次菅内閣(菅改造内閣)を発足させました。第二次菅内閣は来る12
月25日に発足から100日を迎えます。どの政権も発足から100日が経てば、有権
者の厳しい監視にさらされなければなりません。そのような立場から、
マニフェスト評価作業の一環として、100日時点での政権の評価に関するアンケ
ートを行っていますが、安倍政権以来、年末のこの時期にアンケートを行う事
が年中行事となってしまいました。日本の課題に向かい合い、解決の方法を競
い合うような政治を実現するためにも、有権者が、政治の嘘を見抜く力を養い、
本物かどうかを見極める目を養う必要があると考ええています。

そのような立場で、言論NPOはこの100日評価アンケートから、政府の政策や
政党のマニフェストの評価作業を開始したいと考えております。

師走の慌ただしい中のお願いになり大変恐縮ですが、ぜひ、私たちの試みにご
理解をいただき、評価作業にお力をお貸しいただければ幸いです。

**********************************************************************
◆◇回答方法について◇◆
1.このメールで【そのまま返信する】
 →回答欄に選択肢の番号等をご入力のうえ、そのまま返信してください。
  返信先は【survey@genron-npo.net】です。
2.言論NPOのウェブ上のファイルをダウンロードして回答する
(1)以下のページにアクセスしていただき、用紙(Word形式)をダウンロー
   ドしてください。
   http://www.genron-npo.net/politics/kan_100days_m.doc
(2)
 A.入力済みの用紙をメールに添付するか、文章をコピーし、メール本文に
   貼り付けてお送りください。送付先は【survey@genron-npo.net】です。
 B.回答用紙(4枚)を印刷してご記入のうえ、言論NPO事務局まで
   ファックスでお送りください。ファックスの送付先は【03-3548-0512】です。
3.ウェブサイトで回答する
   下記へアクセス後、全ての設問にご回答ください。
   http://www.genron-npo.net/politics/type/questionnaire/100-33.html 

※メールや書類を重複してお送りしている場合がありますので、ご了承ください。
 メールあるいはファックス、いずれかの方法でご回答をお願いいたします。
**********************************************************************

本アンケートの分析結果は、【12月24日に公表予定の「菅政権の100日評価」】
に反映させていただくと同時に、皆様からいただいたご意見は、新年から1月
中旬ごろまでに言論NPOのウェブサイト上で公開いたします。

アンケートの回答期限は【12月17日(金)】となっております。
何卒ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
※本アンケートに関するお問い合わせは、言論NPO事務局の宮浦・山下
(TEL:03-3548-0511)までお願いいたします。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆「菅政権100日評価 」アンケート◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<回答上の注意>
回答は、各設問で指定された通りに選択し、カッコ内に数字をご記入ください。
なお、「どちらともいえない」「いずれともいえない」とは、「知識・情報は
あるが決めかねている」ことを指し、「わからない」とは、「知識・情報がな
く、判断できない」ことを指します。
----------------------------------------------------------------------
●問1.あなたは、現在の菅政権を支持しますか。
 次の中から【1つだけ】選んでください。

1 支持する 
2 支持しない
3 どちらともいえない
4 わからない
→【1つだけ】回答:( )

●問2.菅改造内閣は12月25日で発足100日を迎えます。現在までの菅政権は、
あなたが発足時に抱いていた期待に比べどうでしたか。
 次の中から【1つだけ】選んでください。

1 期待以上
2 期待通り
3 期待以下
4 そもそも期待していなかった
5 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●問2SQ.その理由をお聞かせください。【全員必須回答】
 (理由:                              )

●問3.あなたが菅政権に期待した役割は何ですか。次の中から【3つまで】選
んでください。

1 「政治とカネ」の問題に取り組み、クリーンな政治を実現すること
2 「政治主導の政治」を実現すること
3 財政再建への道筋を明確にすること
4 鳩山政権時代の民主党マニフェストを徹底的に見直すこと
5 持続可能な社会保障制度を確立すること
6 行政のムダを徹底的に削減すること
7 中央の権限と財源を地方に移譲し、地域主権を実現すること
8 急激な円高に迅速に対応すること
9 中長期的な成長戦略をたて、「強い経済」を実現すること
10 鳩山政権時代に冷え込んだ日米関係を立て直すこと
11 普天間の米軍基地移設問題に決着をつけること
12 中国との関係を強化し、アジア重視の外交を行うこと
13 雇用拡大に取り組むこと
14 特に期待したものはない
15 その他(具体的に:             ) 
→【3つまで】回答:( )( )( )

●問4.菅政権の100日間をご覧になって、菅政権の今後の政策運営にあなたは
期待できますか。
 次の中から【1つだけ】選んでください。

1 期待できる
2 期待できない
3 どちらともいえない
4 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●問4SQ.その理由をお聞かせください。【全員必須回答】
 (理由:                              )

●問5.菅政権のこれまでの100日間で、評価できるものは何だと思いますか。
 次の中から【1つだけ】選んでください。

1 内政問題
2 外政問題
3 内政、外政のいずれも評価できる
4 内政、外政のいずれも評価できない
5 わからない
6 その他(具体的に:)
→【1つだけ】回答:( )

●問6.菅政権の100日間をご覧になって、首相の実績や資質に関して以下の項
目をあなたはどう評価しますか。
 次に挙げる(ア)~(ク)の各項目について、以下のうちいずれかの数字を
【1つだけ】選んで回答してください。

1 よい
2 ややよい
3 ふつう
4 ややよくない
5 よくない
6 わからない

【1~6の番号をご記入ください】
(ア)首相の人柄                   ( )
(イ)首相の政策決定における指導力や政治手腕     ( )
(ウ)首相としての見識、能力や資質          ( )
(エ)政権として実現すべき、基本的な理念や目標    ( )
(オ)既に打ち出されている政策の方向性        ( )
(カ)これまでの政策面での実績            ( )
(キ)鳩山政権を支えるチームや体制づくり       ( )
(ク)国民に対するアピール度、説明能力        ( )

●問7.菅政権のこれまでの対応や打ち出している政策について、あなたはどう
思いますか。
 次に挙げる(ア)~(ホ)のそれぞれについて、以下のうちいずれかの数字を
【1つだけ】選んで回答してください。

1 適切である
2 うまく対応できていないが、今後期待できる
3 うまく対応できておらず、今後も期待できない
4 わからない

【1~4の番号をご記入ください】
(ア)政策決定における首相のリーダーシップや統率力     ( )
(イ)閣僚など政権の人事                  ( )
(ウ)閣僚委員会や政務三役などを活用した政治主導の手法   ( )
(エ)政策実行のための与党内、政府内、政府与党間の調整   ( )
(オ)マニフェストを実現するための財源の捻出        ( )
(カ)2011年度当初予算の編成作業  ※現時点での判断を   ( )
(キ)2011年度予算の特別枠への配分に向けた政策コンテスト  ( )
(ク)行政刷新会議による無駄削減の動き(事業仕分け)    ( )
(ケ)医療費の増大や医師不足など医療問題への対応      ( )
(コ)後期高齢者医療制度の廃止に向けた取り組み       ( )
(サ)年金制度改革の準備                  ( )
(シ)「子ども手当」や幼保一元化などの子育て支援策     ( )
(ス)雇用対策                       ( )
(セ)急速な円高・デフレへの対応              ( )
(ソ)経済の成長戦略等「強い経済」をつくるための取り組み  ( )
(タ)財政再建に対する取り組み               ( )
(チ)高速道路の無料化に対する取り組み           ( )
(ツ)農業・食料政策                    ( )
(テ)地球温暖化対策などの環境問題への対応         ( )
(ト)公務員の削減と公務員制度改革など           ( )
(ナ)企業団体献金の問題                  ( )
(ニ)政治とカネの問題                   ( )
(ヌ)TPP参加への検討                  ( )
(ネ)在日米軍の普天間基地移転問題             ( )
(ノ)露大統領の国後島訪問への対応             ( )
(ハ)尖閣諸島沖の漁船衝突事件への対応           ( )
(ヒ)消費税問題への対応                  ( )
(フ)様々な地域の国とのEPA・FTA交渉の推進      ( )
(ヘ)地域主権改革                     ( )
(ホ)法人税率の引き下げなど税制への対応          ( )

●問8.あなたは、菅首相が現在、国民への説明を求められている最も大きな課
題とは何だと思いますか。
 次の中から【3つまで】選んでください。

1 菅政権として任期中に何を実現するのか、政策面での約束
2 鳩山政権時のマニフェストをどう修正したのか、または今後どう修正するのか
3 財政再建に対する道筋(2015年のプライマリー赤字半減を実現するための道筋
  とそれ以後の道筋)
4 日本の今後の経済成長に向けた中長期的な戦略
5 消費税の増税問題
6 少子高齢化の中で社会保障制度をどう持続的なものにするのか
7 民主党が目指すべき社会と改革の目標、そのための中長期の道筋
8 政治とカネの問題、政治や党内を徹底的にクリーンにするための方法
9 国民生活の何を政治が責任を持って守るか、セーフティネットの中身
10 高齢者と若者世代の受益と負担の世代間格差の問題
11 米軍基地移設について、どのように日米間で協議を進めていくのかという道筋
12 TPPへの参加に向けた農業政策をどう進めるのか、その方法
13 わからない
14 その他(具体的に:        )
→【3つまで】回答:( )( )( )

●問9.あなたは、菅政権はなるべく早く総選挙を実施し、自ら実施すべき政策課題
に関して国民の信を問うべきと考えますか。あなたの考えに最も近いものを、以下
から【1つだけ】選んで下さい。

1 行うべきだ  →SQへ
2 行う必要はない
3 どちらともいえない
4 わからない

 ●問9SQ.(問9で「1 行うべきだ」と回答した方)
  そのように考えた理由を、次の中から【2つまで】選んでください。

 1 支持率がここまで低下しているので、民意を問う必要があると思うから
 2 菅政権はどのような課題の実現を国民に約束しているのか、理解できないから
 3 民主党にはもはや政権を担うだけの能力がないと思うから
 4 政治が迷走を続けており、現状を変えるには総選挙を行うしかないと思うから
 5 特に理由はない
 6 その他(具体的に:        )
 →【2つまで】回答:( )( )

●問10.あなたは、菅政権はいつまで続くと思いますか。
次の中から【1つだけ】選んでください。

1 2013年の衆議院議員の任期満了まではもたない
2 2013年の衆議院の任期満了まで
3 衆議院の任期満了後も続く
4 わからない
→【1つだけ】回答:( )

●問11.あなたは民主党のマニフェスト(鳩山政権時のマニフェストと菅政権のマニ
フェスト)は国民に対する約束として機能していると思いますか。
次の中から【1つだけ】選んでください。

1 形式的にも実質的にも約束として機能している
2 形式的には約束として残っているが、実質的に修正されている
3 多くが修正されており、何が約束か判断できない状態である
4 すでに約束として破たんしているが、説明されていないだけ
5 わからない
→【1つだけ】回答:( )

●問12.政権交代後の一年余りの民主党中心の政権を見て、あなたは民主党の政権に
期待していますか。 次の中から【1つだけ】選んでください。

1 非常に期待できる
2 どちらかといえば期待できる
3 どちらともいえない
4 どちらかといえば期待できない
5 全く期待できない
6 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●問12SQ.その理由をお聞かせください。【全員必須回答】
 (理由:                              )

●問13.あなたは日本の政治の現状をどのように判断していますか。あなたの考えに
近いものを、次の中から【2つまで】選んでください。

1 自民党政権時代の古い政治を壊し、新しい国や政府、社会のあり方をまだ模索している時期
2 日本の改革のビジョンや課題解決の競争によって、本当の二大政党制をつくりだす時期
3 二大政党制自体への懐疑から、新しい政治に向けて再考が始まる時期
4 既存政党の限界が明らかになり、政策を軸に政界再編に向かう過渡期
5 未来の選択肢が政党から提起されないまま、サービス合戦や官僚たたきに明け暮れ、
  ポピュリズムが一層強まる時期
6 政府の統治(ガバナンス)が崩れ、政治が財政破綻や社会保障などで課題解決でき
  ないまま混迷を深める国家危機の段階
7 既存の政党間のダメ比べで政権交代が繰り返され、出口が見えない日本の政治的な
  混迷や空白の始まり
8 政治や政党の改革が有権者側から提起される、政治改革の局面
9 わからない
10 その他(具体的に:        )
→【2つまで】回答:( )( )

●問14.あなたは、野党となった現在の自民党のこれからに期待できますか。
次の中から【1つだけ】選んでください。

1 非常に期待できる
2 どちらかといえば期待できる
3 どちらともいえない
4 どちらかといえば期待できない
5 全く期待できない
6 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●問14SQ.その理由をお聞かせください。【全員必須回答】
 (理由:                              )

●問15.あなたは、現在の日本の既存政党に期待していますか。
次の中から【1つだけ】選んで下さい。

1 期待している
2 期待していない  →SQへ
3 どちらともいえない
4 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●問15SQ.(問15で「2 期待していない」と回答した方)
 そのように考えた理由を、次の中から【2つまで】選んでください。

 1 既存の政党は異なる意見が党内に混在するなど、政策を軸としては結成されてお
   らず、組織として体をなしていないから
 2 既存の政党は新しい日本に向けた構想力が乏しく、課題解決能力が不足しているから
 3 既存の政治のリーダー自体に新味がなく、期待を感じないから
 4 どの党も二世議員が多く、政党で新しい可能性を感じないから
 5 どの党も権力をとることだけが自己目的になっており、選挙対策のために行動し
   ているようにしか見えず、日本の将来に向けた課題解決に挑もうとしていないから
 6 どの党も高齢者などの利益を重視し、若い将来世代のために取り組む意識がないから
 7 わからない
 8 その他(具体的に:)
 →【2つまで】回答:( )( )
 
●問16 あなたは日本の政治に、政界再編が起こることを期待していますか。
次の中から【1つだけ】選んでください。

1 期待している  →SQへ
2 期待していない
3 どちらともいえない
4 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●16SQ.(問16で「1 期待している」と回答した方)
 もし、政界再編が起こるとしたら、どのような政策を軸として政界再編が行われるべ
 きだと思いますか。次の中から【2つまで】選んでください。

 1 財政再建への道筋
 2 消費税の増税問題
 3 年金制度などの社会保障費制度に関する考え方
 4 高齢者重視か、将来世代重視か
 5 市民社会への考え方
 6 集団的自衛権に対する考え方
 7 日中関係や日米関係など外交問題
 8 米軍基地問題
 9 大きな政府か小さな政府か
 10 環境問題への取り組み
 11 地方分権改革に対する考え方
 12 構造改革に対する考え方
 13 教育改革
 14 その他(具体的に:)
 →【2つまで】回答:( )( )

●問17.あなたは今の日本の政治の混迷を打開する主体として誰に期待しますか。
次に挙げる(ア)~(キ)のそれぞれについて、「1 期待する」「2 どちらともい
えない」「2 期待しない」「4 わからない」の【いずれか1つ】を選んでください。

1 期待する
2 どちらともいえない
3 期待しない
4 わからない

(ア)政治家       ( )
(イ)メディア      ( )
(ウ)NPO、NGO   ( )
(エ)有権者       ( )
(オ)経営者       ( )
(カ)学者        ( )
(キ)知事など地方の首長 ( )


●問18.政権公約(マニフェスト)に関して、その内容自体が不十分なこと、また国民
に対する十分な説明もないままに大幅に修正されるなど、マニフェストが国民に対する
約束として機能しておらず、マニフェストをつくること自体に懐疑的な見解も出始めて
います。あなたは、日本の政治にマニフェストは必要だと思いますか。
次の中から【1つだけ】選んでください。

1 必要である
2 必要ではない
3 どちらともいえない 
4 わからない
→【1つだけ】回答:( )

 ●問18SQ.その理由をお聞かせください。【全員必須回答】
 (理由:                              )

●問19.マニフェストを軸として国民との約束に基づいた政治を作り出すために、必要
なことは何だと思いますか。次の中から【2つまで】選んでください。

1 各政党がマニフェストの作成を党の柱として位置付け、十分な時間を使うこと
2 政権を取った後、党のマニフェストを「政府の約束」として位置付け、その際に修
  正を行う場合には国民に向けて説明するなど、その実行に責任を持つこと
3 政府として、毎年「政府の約束」の実績を自己評価して公表すること
4 マニフェストを政策リストとしてではなく、目標や財源、達成時期など検証可能な
  約束として定式化(フォーマット化)すること
5 政策を軸に政党が組織化され機能するような、政党自身の改革や再編
6 党首討論など政党間の政策競争が国会で恒常化されること
7 民間の中立的な評価機関
8 わからない
9 その他(具体的に:)
→【2つまで】回答:( )( )

●問20.現在の日本の政治が取り組むべき最優先の課題は何だと思いますか。
次の中から【3つまで】選んでください。

1 財政再建
2 日本の中長期的な経済成長戦略
3 所得格差、地方格差など歪みの是正
4 年金、医療、介護など少子高齢化に伴う制度の抜本的な見直し
5 消費税などの財源問題の決着
6 地方分権改革
7 雇用対策
8 米軍基地問題の決着
9 医師不足など医療問題への対策
10 行政改革や公務員制度改革
11 規制緩和
12 市民社会の制度設計
13 地球環境問題への対応
14 少子化対策
15 強い農業への転換
16 政治とカネの問題への対応
17 北朝鮮問題(核・ミサイル・拉致)への対応
18 日中関係の修復
19 教育改革
20 わからない
21 その他(具体的に:)
→【3つまで】回答:( )( )( )

設問は以上です。ご協力をいただき、誠にありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------
【最後にあなた自身のことについて、お答えください】
(1)性別 1 男性  2 女性  →回答:( )
(2)年齢 →(  )歳
 
(3)職業
1 公務員
2 サラリーマン
3 企業経営者
4 企業幹部
5 マスコミ関係者
6 学者・研究者
7 NPO・団体関係者
8 政治家
9 大学生(大学名:      )
10 自営業
11 自由業
12 その他(        )
→回答:(  )

(4)このアンケートや言論NPOについてのご意見・ご感想・ご要望などがございましたら、以下にご記入ください。
(                                )


----------------------------------------------------------------------
ご協力ありがとうございました。
アンケートの回答期限は【12月17日(金)】となっております。
このアンケート結果は12月24日に言論NPOのホームページなどで公表する予定ですが、
送付をご希望の場合は、info@genron-npo.netまでご連絡ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る