メールマガジン

「野田政権の100日評価と日本政治の行方」アンケート結果を公表します

このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 言論NPO メールマガジン
■■■■ 2012年1月30日
■■■■ 発行:認定NPO法人言論NPO〈http://www.genron-npo.net/〉

【Topics】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~過半数が「総選挙を実施すべき」と考え、
           その8割が今国会会期中や会期後の解散を求める~

「野田政権の100日評価と日本政治の行方」アンケート結果を公表しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、言論NPOは、「野田政権の100日評価と日本政治の行方」に関する
有識者アンケート結果をウェブサイトにて公表しました。

昨年末よりアンケート回答にご協力いただきました皆さま、本当にありがとう
ございました。

今回のアンケートには434名の皆様にご回答いただき、野田政権や民主党政
権、あるいは既存政党や日本政治そのものに対する考え方などについて、大変
示唆に富むアンケート結果となっております。

野田政権に対する100日時点での評価は、歴代政権と比較するとやや高いものの、
多くの回答者が民主党中心の政権運営そのものに対する説明責任を問い始め、
また、既存政党への失望から、政策を軸とした政界再編に強い期待を持っている
ことが明らかになっています。

ぜひご一読いただき、ご意見、ご感想をいただければと思います。


▼「野田政権の100日評価と日本政治の行方」アンケート結果はこちら
http://www.genron-npo.net/politics/genre/generaltheory/100-39.html

▼記述式回答はこちら
http://www.genron-npo.net/politics/genre/generaltheory/100-508.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■  全回答者の4割が、今国会の会期中や会期後の
                    解散総選挙を求める   ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪「首相の資質」に関わる評価は5点満点中2.4点と、前政権の1.8点からは大きく改善≫

まず、野田政権の100日時点での支持率は33.9%と、これまでの6政権の100日
時点と比べて相対的に高い水準となりましたが、不支持率は41.7%と支持率を
上回っています。また、この100日時点で36.0%が「期待以下」と評価、「そも
そも期待しなかった」の36.4%を合わせると7割を超える人が厳しく見ていま
す。一方で、「期待通り」あるいは「期待以上」は合わせて25.2%となっており、
これまでの政権と比較するとやや全戦している状況になっています。

しかしながら、100日後のこれからの政権運営については、「期待できる」は
17.6%に過ぎず、49.5%と半数近い人が今後に「期待できない」と回答して
います。

また、「首相の資質」に関わる8項目を5点満点で見たときの平均は2.4点で、
政権交代時に期待を集めた鳩山政権との並ぶ最高点となり、大きく落ち込んだ
菅首相の1.8点から大きく改善しています。ただ、いずれにしても5点満点の
半分以下の評価にとどまっており、特に「国民に対する説明能力」や「体制
づくり」に対する評価がそれぞれ1.8点、1.7点と低く、それが全体の評価を
押し下げる結果となっています。


≪全回答者の4割が、今国会の会期中や会期後の解散総選挙を求める≫

民主党マニフェストが崩壊し、首相が二代続けて党内の代表選で選ばれている
という現状において、現政権に対しては、7割以上が「正統性はない」と回答
し、半数を超える52.1%が「なるべく早く総選挙を実施し、自らが実施すべき
政策課題に関して国民の声を問うべき」と回答しています。また、その回答者
のうち8割、すなわち全回答者の4割が、現在開催中の国会の会期中や会期後
の解散総選挙を求めています。ただし、解散後の日本の政治については4割が
政界再編を予測し、3割が不安定な政治が継続すると考えており、多くの人々
が日本政治に大きな変化を求めながら、その展望が描けていない状況が明らか
になりました。

さらに、現在の日本の既存政党については、61.8%もの回答者が「期待してい
ない」と回答し、この傾向は政権交代後の鳩山政権、菅政権で回を重ねるごと
に上昇しており、民主党の政権が継続する過程で、既存政党への期待が大きく
失われてきたことが明らかになっています。


≪7割近い回答者が、「現在の日本の代表制民主主義は機能していない」と判断≫

こうした現在の日本の政治を「国家危機の段階」や「既存政党の限界が明らか
になり、政策を軸に政界再編に向かう過渡期」と判断する人々がそれぞれ4割
近くになっており、一方で、こうした政治の混迷を打開する主体として「若い
政治家」や「有権者」に期待する声が大きくなっています。

今回は、政治の混迷が続く中で、その原点である「代表制民主主義」に対する
考え方を問う設問も設置しています。代表制民主主義は、有権者が代表を選挙
で選び、選ばれた代表が日本の課題に取り組むことで機能しますが、これにつ
いては7割近い人々が機能していないと回答し、その理由として、「選ばれた
政治家に課題解決能力がない」「政党が組織としての体をなしていない」「選
挙制度の問題」と指摘。これを機能させるために、「有権者の自覚」を求める
回答者は6割を超えており、さらに「政界再編」「選挙制度の改革」が必要と
の認識が続いています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<アンケート結果に対するご意見、ご感想を募集しています!>

言論NPOでは、今回のアンケート結果に対する皆さんのご意見、ご感想を募
集しています。言論NPO事務局(info@genron-npo.net)や言論NPOの
Facebookページ、お問い合わせページより、ぜひご投稿ください。お送りいた
だいたご意見は、Facebookページに掲載させていただく他、言論NPOのウェ
ブサイトやメールマガジン等で公表させていただく場合がございます。多くの
皆さんのご投稿をお待ちしております!

▼言論NPOのFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/GenronNPO

▼言論NPOのお問い合わせページはこちらから
http://www.genron-npo.net/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<アンケートのご郵送を希望する方に>

アンケート結果はウェブサイトでご覧いただけますが、ご郵送をご希望の方は、
下記よりお名前やご住所をご記入ください。ご指定のご住所に資料を送付させ
ていただきます。

▼ご郵送を希望する方はこちらから
http://www.genron-npo.net/contact.html
※「お問い合せ種別」に「資料請求」、「お問い合わせ内容」には「野田政権
100日評価アンケート送付希望」とご入力ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者 (認定)特定非営利活動法人 言論NPO 代表 工藤泰志
URL http://www.genron-npo.net
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-20-7 電話: 03-3548-0511
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る